本居宣長〈下〉 (新潮文庫)

  • 172人登録
  • 3.59評価
    • (7)
    • (10)
    • (24)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 小林秀雄
  • 新潮社 (1992年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101007076

本居宣長〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 良かった。補記I、IIもよい。

  •   小林秀雄の「本居宣長」、やっと上下巻を読み終える。とは云っても、新潮文庫のこの下巻のうち、付録としてついていた「補記Ⅰ」、「補記Ⅱ」はパスした上でのことだが・・・・。なんせ少し古文体を読むのに疲れてしまったというのが理由。情けないね。
      さて、この「本居宣長」、小林秀雄が11年半をかけて書いた、まさに畢生の大作と云っていいのだろう。若い時分に宣長の「古事記伝」を読んだ感動をずっと暖め、30年後にこうした成果で結実したということのよう。古事記や万葉集はもちろんのこと、契沖、賀茂真淵、荻生徂徠、中江藤樹、上田秋成ら古学者の古典、書き物にはほとんど眼を通した上での執筆というから、その膨大な裾野の上にこの本ができているということには感嘆以外のなにものでもない。彼らの書からの引用が多々引かれているわけだが、いわば本書における登場人物のような役割を演じており、それらの人物を通じて宣長の人物像、思想が浮かび上がっているというところだろうか。
      「よろづの事を、心にあぢはへて、そのよろづの事の心を、わが心にわきまへしる、是事の心をしる也、物の心をしる也 -わきまへしりて、其しなにしたがひて、感ずる所が、物のあはれ也」(紫文要領)と。そしてその極め付けが、かの「源氏物語」だという。宣長、これを評して曰く「やまと、もろこし、いにしへ、今、ゆくさきにも、たぐふべきふみはあらじとぞおぼゆる」のだと。宣長は、源氏物語にせよ古事記にせよ、「さかしら(今の世に一般的な定見や理屈)」で観たり読んだりするのではなく、その古代の時代に生きた人々と同じ眼の高さで、自然そのままに、その書いてあるところを読む、これが大事なのだということを強く主張する。だからこそ世の学者からは異端視されてしまうのだが、孤高とも云うべき姿勢を決して崩すことはなかったのだという。このあたりの小林秀雄の書きっぷりは、静かに淡々と続くのだが、その言葉の連なりの中には宣長への熱い気持ちが息づいているとも云える。著者の晩年をかけた熱い思いが滲み出た作品と云っていいのだろう。それにしても古典をこうして読みこなし書をものにできる情熱が素晴らしい。
      ほとんど偶然なのだが、ずっと以前に予約していた現代語訳の「古事記」が借りれることになり、明日から頁を開くことになるのが、不思議な縁とでも云えようか。リンボウ先生の「謹訳源氏物語」もそうだが、現代語訳版というところが、小林秀雄とは月とスッポンであることを証明してしまったことにはなるのだが・・・・・。

  • 宣長は,江戸時代の代表的な人文主義者である.現代人である著者の目を通した宣長は日本学にとっての一つのメルクマークたり得るだろう.(2010:小林茂之先生推薦)

  • 15年ほど前に読んだこれを、急に思い出しました。

    当時の評価で★4つ以上。

    また読んでみよう。

  • 大学入る前に読まされて読んだ しゅごい

全7件中 1 - 7件を表示

本居宣長〈下〉 (新潮文庫)の作品紹介

「もののあはれ」の説は、単に「源氏」研究の学説に留まるものではなかった。宣長において、それは、実人生の情を論じる際にも一貫していた。ひたすら宣長の肉声に耳を傾けながら、その徹底した学問と人生の態度を味わい、いかに生くべきかを究めた本書は、同時に現代最高の知性、小林秀雄の思索の到達点でもあった。本篇刊行後に上梓された「本居宣長補記」を併録する待望の文庫版。

本居宣長〈下〉 (新潮文庫)はこんな本です

本居宣長〈下〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする