文豪ナビ 夏目漱石 (新潮文庫)

  • 348人登録
  • 3.38評価
    • (14)
    • (30)
    • (66)
    • (7)
    • (3)
  • 39レビュー
制作 : 新潮文庫 
  • 新潮社 (2004年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101010007

文豪ナビ 夏目漱石 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夏目漱石の書いた有名どころのあらすじが10分くらいでわかる。素晴らしい。

    学生のときに1年かけて「三四郎」を読んだので、最後には三四郎は彼女の本質を見極めて終わったよなーとこの解説をちょっと不満に思いつつ、ストレイシープとか懐かしすぎだわー!
    とにかく、しをんさんの「こころ」の解説がツボ。
    車内で絶対ニヤニヤしてた。
    「おまえはもうとっくに、俺に惚れてるだろ」って!
    たしかになんでそんなに先生に執着すんだとは感じましたけど。
    そして「おいおい、死ぬ前にずいぶん書いたな」って私も思ってたので、モヤモヤをすぱっと代弁してみせてくれます。
    「こころ」っていうと「ようござんす、さしあげましょう」ってお嬢さんをくれるおかみさんが印象的で、お嬢さんの魅力がよくわからなかったし。
    「こころ」はもう一度「そういう目」で読んでみなくては。

    齋藤孝さんや北村薫さんの解説もよくて、いろんな視点で夏目漱石を楽しめる。
    けど、評伝でやたらと森鴎外と対比するのはちょっと興ざめ。森鴎外が好きじゃないからなんだけどさー。
    小説だけでなく夏目漱石という人物についても考えさせられた。

  • 文豪・夏目漱石を訪ねる前にこれを読んでおけば、肩肘張らずに漱石センセと付き合えそう。作品解説も生い立ちも、とても分かりやすかった。なかでも三浦しをんさんの「百年経ってもそばにいる」という漱石談は、例の調子でやっぱり面白かった。

  • 漱石再読プロジェクトの1冊目。
    学生時代ただひたすら活字を追ったに過ぎなかった漱石を真剣に向き合ってみることにした。

    いきなり猫からとりかかるのではなく、漱石作品群を貫くテーマや系統的繋がり、時代背景など基本的な下地を整えるために読んだ。
    斉藤先生の音読して読むはなかなかいい手法だと気づく。三浦しおんさんはこころって、男性同士の恋愛話じゃんと喝破。こころという作品に抱いていたモヤモヤがすっきりと晴れた気分になった。
    また冒頭の作品群を読むおすすめコースの案内はとても良い指針で、私もこれを大いに参考にさせてもらう。

    白い布を染めるように直接作品に親しむのも良いが、誰かが責任を持って書いたブックガイドはより深く理解が進むための地図であるから大いに利用することも勧めたい。

  • 資料ID:C0026184
    配架場所:2F文庫書架

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    漱石の作品は、かなりヘンテコリンで面白い。『こころ』は男同士の恋愛を軸に展開する話とも読めるし、『文鳥・夢十夜』では文鳥を眺めて美しい女の影を夢想しながら、実生活では奥さんの尻に敷かれがちな漱石の姿が見えてきます。それは普通の人間の、百年経っても色褪せない日々の姿です。

    【キーワード】
    文庫・夏目漱石・文豪


    +++1

  • 100年読まれていることが、凄いなと単純に思ったのと三浦しをんのエッセイが面白かったから買ってみた。
    今と明治時代では考え方が全く違うと思うけど夏目漱石は、聡明で孤独な人だったのかなぁと勝手に感じている。だからあの文章なんだろう、、、
    間違いなく文豪中の文豪です!
    こころが一番好き!!

  • てっとり早く漱石の概要が解る。三角関係のお話が多いのか、少し痛々しい話もあるが、さすがキングオブ文豪。作品のバリエーションが豊富で、どれも面白そうだった。明暗の続きが知りたかった。201310

  • 夏目漱石を読むにあたっての導入本として読むのであれば一読の価値あり。作家の作品の全体的な特徴を端的に示してくれているので、漱石作品を読むにあたってのハードルが少し下がる。

  • こころ、もっかい読まねば。。

  • エッセイ『私、漱石のファンです』
    ・三浦しをん「百年経ってもそばにいる-夏目漱石のおもしろさ-」

全39件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

文豪ナビ 夏目漱石 (新潮文庫)に関連するまとめ

文豪ナビ 夏目漱石 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文豪ナビ 夏目漱石 (新潮文庫)の作品紹介

漱石の作品は、かなりヘンテコリンで面白い。『こころ』は男同士の恋愛を軸に展開する話とも読めるし、『文鳥・夢十夜』では文鳥を眺めて美しい女の影を夢想しながら、実生活では奥さんの尻に敷かれがちな漱石の姿が見えてきます。それは普通の人間の、百年経っても色褪せない日々の姿です。

ツイートする