三四郎 (新潮文庫)

  • 4735人登録
  • 3.52評価
    • (275)
    • (504)
    • (917)
    • (75)
    • (20)
  • 452レビュー
著者 : 夏目漱石
  • 新潮社 (1948年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101010045

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
夏目 漱石
フランツ・カフカ
夏目 漱石
宮部 みゆき
夏目 漱石
遠藤 周作
梶井 基次郎
夏目 漱石
有効な右矢印 無効な右矢印

三四郎 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • めっちゃおもしろい、、
    なんか、こんなに昔の話だけど、
    おしゃれやなぁって思った
    文明開化って感じ
    めっちゃいい
    与次郎が憎めなくてツボ
    森見登美彦の小説に出てくる、
    人を面白おかしく批判するけど
    憎めないやつみたいな、、
    いいねえ
    文章も好き

  • 思わせぶりな態度で三四郎を悩ませ、結局は年上の金持ちと結婚してしまう美禰子が、教会に通っているというところが印象的。「西洋文明の圧迫に苦しむ明治日本」や「恋愛の中にある罪」といった漱石作品を貫くテーマが、教会に通う美禰子に象徴されているような気がする。

  • 夏目漱石を読んで、3作品目。
    相変わらず、言い回しが私には美しく感じました。
    特に広田先生が、夢を語る場面の言葉が好きです。『あなたは詩だと云った。』
    広田先生の雰囲気も、たまらなく好きです。

    一方、奔放な明るさで、法螺すらも愉しくて、
    何だかもうしょうがないなぁって思えてしまう、
    与次郎のキャラクターも魅力的です。

    なぜ与次郎は、広田先生に傾倒しているのだろう。
    まるで正反対だから惹かれるのかも知れないが、
    広田先生が積極的世に出ていく人であれば、
    彼にとっての情熱のようなものになり得ないのではないか、とか。

    割りと世話焼きな与次郎君。
    彼の熱は、自分の裡になく、常に外向きな気がします。
    だからこそ、色々な物事に奔走するのでしょうか。
    私はそんな与次郎が一番愛しく思えちゃいましたが。

    主人公の三四郎は、
    客観的な存在であったように思います。
    中庸に居るような。
    広田先生に近付けば、ある種の静寂さを纏うような。
    与次郎と交われば、ふわりと軽快になるような。
    まだ染められていない、薄い生地みたいな人でした。

  • 淡味に感じるのは時代のせいか

  • 良い。
    さすが、夏目漱石。
    男の女性に対する感情表現が素晴らしい。

  • 相手の女性の思いが想像できず、自分を愚弄したかも知れないと思い詰めてしまう三四郎。教会から出てくる美禰子に別れを告げるシーン。何か青春時代の悩みが凝縮されているようで切ない。

  • 文豪が書いているけれど、
    中身は普通の恋愛小説です。
    いつの時代にも恋愛小説があるんだな。
    人って不思議なものです。
    根っこは変わらないんだろうな。

  • 今年は漱石生誕150年なので、漱石の本が書店で平積みされている。私もなんとなく名作と呼ばれる作品を読んでみたい気分になり、買うに至った。
    前期三部作の中では『それから』だけは読んだことがあったので、まずは三四郎を読んでみる。作品を覆う雰囲気は『坊っちゃん』のそれと近い。三四郎のあふれる若さと、それ故荒削りな生き方。
    夏目漱石は近代日本に「青年」を創り出した作家だと思っているが、三四郎の姿はまさしくそれに見える。

  • 結末を知らずに読み進めたので、三四郎の恋の行方を関心を持ち続けながら興味を切らすことなく読み終えたが、もし知った上で読むと詰まらないと考えたかも。恋愛って多少の図々しさは必要だけど、若い時分にはそう振る舞えない、それに気がつく時分にはそのような悩みに身を置けない年齢になっているというほろ苦さ。それが冒頭の上京での急展開なエピソードに凝縮されていると思わなくもない。昔の移動機関はゆっくりしていたので物語が生まれる余地が大いにありそうですね。
    まぁそれにしても読み味はというと表現が難しくイライラすることしばしば。

  • 簡単に言ってしまえば、上京してきた大学生の青春物語であろうか。
    話の内容には特に触れず思った事をつらつらと書いていきますが、んー、なんだか非常にもやもやとしたというか、イライラしたと言いますか、
    動かないんですよね(笑)。

    「好きならもっとがつがつアタックしろや!」となるわけです。
    そういう自分もそんなにがつがついける方ではないけど、そう思ってしまったほどだ。
    美禰子さんの心理はまったくわからないけど、解説にあった「無意識の偽善」とはよく言ったもんだなと。
    多分この恋が叶っていたとしても、まったく叶わないであろう相手と言いますか。
    自分もなんかこういう叶わないような女性に恋をして、手の平の上でころころと転がされたいタイプなのかもしれない、もしかしたら。
    んー、青春ですな。

  • 三四郎が魅了される美禰子という女性の心理が、私自身も女性だがなかなか理解できなかった。地方から出てきたばかりで実直な青年の三四郎にとっては、もっと理解しがたいものであっただろう。だが、その答えは「ストレイ・シープ(迷羊)」で要約されるのか。与次郎や広田先生、野々宮さんなどの登場人物も魅力的だった。私も進学で上京したての頃、新たな出会いや発見にどきどきした時のことを思い出した。美禰子の心中を知りたいと、深く思った1冊であった。

  • 東京大学の三四郎池、文京区向丘の猫の家、団子坂を順に訪れた後に読むという、三四郎の足跡を感じながらの思い出深い贅沢な味わい方をしてみました。
    話の流れから当然のように想像する展開には悉く発展せず、結局のところ何も起こらない不思議な作品です。
    美禰子を称して「無意識の偽善者」とはよく言ったもの。この時代にしてこのような女性を描くとは、夏目漱石氏のイメージが変わりました。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    熊本の高等学校を卒業して、東京の大学に入学した小川三四郎は、見る物聞く物の総てが目新しい世界の中で、自由気儘な都会の女性里見美禰子に出会い、彼女に強く惹かれてゆく……。青春の一時期において誰もが経験する、学問、友情、恋愛への不安や戸惑いを、三四郎の恋愛から失恋に至る過程の中に描いて『それから』『門』に続く三部作の序曲をなす作品である。

    【キーワード】
    文庫・名作・恋愛

    +++2

  • ほろ苦い。

    嘆くこともできない、自分の情けなさ。

  • 多くの人が、特に主人公と同性であればなお、この作品に親しみをもつことになると思います。発表から100年以上も経っているのに、むかしの自分の日記を読んでいるような感覚にもなります。愛する小説のひとつにぜひとも挙げたい名作です。

    出来事や風景が丹念に表現される一方で、だれかのとった行動や発言の真意が明かされないままであることが多いようです。読み手としては当然に、あれ? どういうことだろう? と思いになりますが、日常生活でも相手の発言の意図を全部くみとれるなんてことはほとんどありません。この人には嫌われたくないな、と思う目上の相手や、意中の異性などを前にしては、よく思われたい、もっと知りたい、という気持ちがかえってその実現を妨げるように、知ろうとするほどに近づくことができない人と人との関係、なんてものは決して珍しくありません。

    そんなもどかしさにのめり込みながら迎える結末は、現代を生きる私にとってショッキングでありました。
    こんなことに耐えなければいけないなんて、私は夏目漱石さんの時代で生きていかれたでしょうか。甚だ心配です。

  • 最初の汽車に乗っている場面から、物語はたんたんと始まります。
    三四郎があこがれて、恋心を抱いても、相手には伝わっているのか、いないのか。
    翻弄されていく恋心が、周りの状況などとともに描かれていきます。
    ストレイシープの言葉が、印象的に使われています。

  • 『サイコパスという概念のなかった世界で』

    とても短いお話なのに約1ヶ月読了にかかってしまった。このお話は、私にとって一種のSF小説のようだった。当時はまだサイコパスという概念は日本には存在していなかっただろうけれど、近い未来その性質を持った人間が増殖していくだろうことを物語の中で夏目漱石は暗示している。

    もちろんお話的は文字通り大学恋愛小説なのかも知れないが、未来を照らしていた夏目漱石の吐息を感じることができる作品だと私は思った。

  • 何気無い日常と恋愛を描いた作品。とくに起承転結があるわけではなく、ハラハラドキドキもない。また〜り読める。

  • 大きな事件や変化があるわけじゃなく淡々としてるけど、その淡々とした中に面白さがある。
    時代こそ明治だけど、学生たちの生活は現代とほとんど変わらない。恋をするのも、恋が叶わないのもいつの時代だって同じ。
    与次郎はなんとなく、よく言う意識高い系の学生に見えてしまった(笑)

  • 2回目の読了。
    大学のキャンパスで三四郎が見た美禰子が美しく、田舎から出てきた青年が嬉しい都会の女性に恋い焦がれていく様が淡々と書かれているなと思いました。自分の恋の気持ちを伝えられないまま、誰かに取られちゃうわけですよね。
    あ、でも、恋する人が誰かに取られちゃうかもしれないって予感した時の、あの独特の嫌な気持ちが小説中ではあまり書かれていなかった気がします。

  • 恋に友人に振り回されて、素敵な東京大学生生活!

    なんだか森見を思い出した。当然、イメージ映像は久米田康治である。腐れ大学生と、突拍子もない友人と、世間から遥か高みにいる師匠と、雲をつかむようなマドンナ。京大じゃなくて東大なのに。森見が読める人なら、読めると思う、時代が違うけど、まあ、大学生ってこんな感じだよね。

    それまでの田舎と都会の違い。人も違えば、スピードも価値観も違う。大学での人付き合いは、いきなり世界が開けたように感じる。授業も違う、交友関係も違う。自分が小さくなったような、大きくなったような、ふらふらした気持ちになる。漱石の中でも特にすんなりと読めた。

  • 朝日新聞のおかげで漱石を読む気になってます。が、なかなか手が出ず・・・こころに引き続きやっと第二弾です。

    こころは学生時代に読んだことがあって強烈な印象があったのだけれど、この三四郎は読んだことがなくて、あらすじしか知りませんでした。

    田舎から出てきた三四郎が広田先生と出会い、その言葉に驚き、ちょっと広い世界に足を踏み入れていく、という青春小説です。
    出だしがよかった!上京する汽車の中や宿泊先での出来事も。。
    でも三四郎くん、最後まであまり成長しませんでしたね。
    与二郎くんが光ってる分だけ尚更それが目立つ・・・

    そして、美禰子さんが、やり手すぎる。意図してないのに。
    大人っぽくて掴みどころのないクールビューティーな感じがステキでした☆

    そこそこ面白かったけど、こころと比べると軽いお話で、なんとなく物足りなかった、かなあ。。

  • 読み返すたびに三四郎や与次郎への愛が増すので、三十路を過ぎた今では美彌子に対して「うちの可愛い三四郎ちゃんを誑かさないでちょうだい!」みたいな気持ちになる。
    でも美彌子だってまだ二十二とかなんだから、そんな風に振舞いたくなる年頃なのよねぇ、とかも思って、もはや完全に下世話な近所のおばちゃん気分で読んでしまう。
    読みやすさでは群を抜くと思うので、夏目漱石の小説の中で読み返す回数の多い作品。

  • 夏目漱石の代表作の一つ。

    読んでいる途中で間が空いてしまい、
    再読が必要な作品

  • 吾輩は猫であるを読んでも思ったが、漱石ってひょんなとこから人生の真理を持ってくる気がする。三四郎にもそんな場面があった。

全452件中 1 - 25件を表示

三四郎 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

三四郎 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

三四郎 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三四郎 (新潮文庫)の作品紹介

熊本の高等学校を卒業して、東京の大学に入学した小川三四郎は、見る物聞く物の総てが目新しい世界の中で、自由気侭な都会の女性里見美禰子に出会い、彼女に強く惹かれてゆく…。青春の一時期において誰もが経験する、学問、友情、恋愛への不安や戸惑いを、三四郎の恋愛から失恋に至る過程の中に描いて「それから」「門」に続く三部作の序曲をなす作品である。

三四郎 (新潮文庫)のKindle版

三四郎 (新潮文庫)の単行本

三四郎 (新潮文庫)の-

ツイートする