門 (新潮文庫)

  • 2376人登録
  • 3.50評価
    • (133)
    • (236)
    • (473)
    • (41)
    • (7)
  • 206レビュー
著者 : 夏目漱石
  • 新潮社 (1986年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101010069

門 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すげぇぇぇぇ。夏目漱石ってすげぇぇ! と、思った一冊。
    私は漱石のいい読者ではなく、「漱石で一番好きな本は?」と聞かれたなら、「うーん、『夢十夜』かなぁ?」ぐらいしか答えられないような人間であった。
    この本を手に取ったのも、『三四郎』『それから』は読んでいるのに、そう言えば『門』は読んでいなかったなぁ、というおかしな貧乏性がきっかけだった。

    それがいやはや、どうしたことだろう。読めば読むほど、え、漱石ってこんなに凄い作家だったんだ、やばい、私全然漱石の本を読めていなかったんだ、と過去の自分の読書を疑いたくなったのである。
    なんという生きることのナイーブさ、そして日常というものの怠惰さ。脆くて柔くて甘えているのに、図太くてそっけなくて突き放している。
    自分自身ですらままならないのに、自分一人では生きていけない。社会では生きていけないと思っているのに、社会がないと生きていけない。

    つまりこれ、膨大にして矮小な、圧倒的にして視野狭窄な、矛盾。普段は何気なく過ごしている、あるいは見ないふりをしている「矛盾」というものを、漱石は実に丁寧に、それこそ悲しくなるくらいリアルに描いている。
    その手腕のなんというブレのなさ、確実さ。凄すぎる。常人じゃない。何しろ、物語にどんな事件らしい事件も起こらないのである。むしろ、主人公が体験した一番の山場(切迫シーン)は、もう遠い過去へと過ぎ去っているのだ。
    それなのに、漱石はその淡々と過ぎ去るだけの、あまりに怠惰で茫漠とした日常を、あくまで堅実に着々と書く。そこには妥協も安定もない。ぐらぐらとして脆弱で、哀しいセンチメンタルな気持ちを、一切の同情を切り捨てて書く。

    これじゃ、漱石が神経症に悩まされたのも当然だ。こんなに微に入り細を穿って人間を描写する目と頭と腕があるんだもの。そして、そんなものを書く自分にどんな甘えも許していないんだもの。辛いに決まっている。
    少なくとも、この本を読んで私は漱石のことをそう思ったのだった。

  • 三部作でこれだけ読んでなかった。
    「彼は門を通る人ではなかった。又門を通らないでも済む人でもなかった。要するに、彼は門の下に立ち竦んで、日の暮れるのを待つべき不幸な人であった。」
    怖ろしいなぁ。
    「それから」もえらく現代的だなあと感心したけど「門」はまさにここ数年の日本という感じ。
    格差やみじめさに耐えられなくなって思い悩み、過去の自分の負債が首を擡げ、どうしようもなくなったら仏門をたたく。
    最近仏教系の本多いでしょう。
    これからの日本は仏教的なイベントがはやるでしょうねというとある人の言葉を思い出した。
    明確なノルマやゴールがない。自己実現や生きがいという度量衡が崩れて向う最終地点のようなね。

  • 夏目漱石を読むときには、当時の明治の時代背景を重ね合わせながら、
    その時代に生きる人々の思いを知ろうとする。

    「門」についていえば、京大出の官僚で、ある意味では社会の成功者であるはずの主人公の宗助が、混沌とした社会の荒波に敢えて波風立てず、妻の御米と寄り添いながら生きていく。その時代とは?
    ただし、彼の精神は不安定であり、決して満足しない。宗教(座禅)への傾倒も試みるも、その精神を満たすことにはならない。

    御米(妻)は親友の安井の前妻であり、その裏切りに悩みながらも、その安井は冒険者として新しい生き方を探し求めており(それもまた新時代の生き方)、宗助は、その生き方も気になる。混沌とした時代に冒険する側とそれを傍観する側のコントラス。
    また、大家の坂井は旧幕時代から続く裕福な家庭で、ある意味では旧体制のノスタルジーを醸し出す。

    叔父や実弟との関係は血縁関係が希薄になる世相を示し、子供ができない御米との関係もそれを暗示する。

    最後は、御米と二人の世界に閉じこむことになるのだが、御米に全ての心を開くわけでなく、どこかで個人主義的な生き方となり、明治の時代に生きることの難しさを伝えようとしているのだろうか。

    ストーリーとしては淡々と進むのだが、夏目漱石の表現力が、ストーリーをうまく脚色しており、その技量の素晴らしさに感嘆させられる。

  • 漱石の小説の中では一番好きかもしれません。夫婦の距離感がなんか好き。

  • 『三四郎』『それから』『門』に登場する三四郎、代助、宗助は、かなり多くの点で、自身と一致する部分があります。

    もっと若い時期に薦められて読んでいたら、あるいは人生が変わっていたかも知れません。
    代助・宗助のような過ちは冒さないよう、その香りのする道を迂回して通ることもできたでしょう。

    しかし、もしそうしてしまっていたら、この三作品を今のような気持ちで味わうことはできなかったのでしょう。

    私は宗助と御米の苦しみを理解することができます。また、ふたりの生活のある種の善さを感じることもできます。

    人生と読書体験は、どちらが先ということなく、相互に影響しあうようだな、と深く感じ入るに至った一冊でした。

  • 柄谷行人さんが解説の中で使っていた「互いに通じ合うことの出来ない微妙な溝」って表現になるほどと思わされた。それが宗助から漂う孤独感だったり世の中や自分を一歩引いたように見つめてる第三者的な姿勢につながるのかなと。

    『三四郎』『それから』を読んだら、より深く味わえるんだろう。読まねば。

  • 3部作の中では「門」が一番好きです。
    陰鬱としてますが、文章がとにかく美しい。
    中盤、夫婦の関係を描いたシーンに震えました。
    あの表現力…思わず何回か読み返してしまいました。

  • 1911年の小説。
    夏目漱石と言えば、日本文学を代表する文豪であり、明治と共に生きた知識人として近代的国民国家「日本」が形成されていくことにまつわる苦難をあまりの理知故に捉えそれを主題とした作家であり、兎にも角にも偉人である。という一般常識にわたしは囚われすぎていたのかもしれない。「それから」を読んだとき、ああこれはわたしかもしれない、という圧倒的共感及び恐怖心を覚え、そしてわたしの内面を的確に捉えた端正な日本語、新聞に連載していただけあって目が離せなくなるような話の筋の面白さに感嘆し、ずいぶん遠いところにいる気がしていた漱石が一気に「日本文学史の重要人物」から「わたしの好きな作家」になりました。で、意気込んで「門」に読み進め、やはりようやくわたしは漱石を自分に引き寄せて読むようになったのだと確信。今更だけどこんにちは漱石。

    「三四郎」はすこし前のわたし、「それから」は今のわたし、では「門」は未来のわたしなのかなあ。「それから」を彩る狂気はここでは感じられず、狂わぬまま苦しまねば成らない人間の苦しみが描かれていたという意味で、「門」はさらに近いのかもしれない。やっぱりものすごく面白くて、日本語が素晴らしくて、主人公はわたしだった。わたしだって悟りという魅力的な言葉に惹かれてずっと宗教を希求してきたし、それでもどこにも辿り着けず諦観を感じてきたし、門の前で立ち尽くす宗助はほんとうにわたしだとおもった。小説全体を通して流れる静かな諦観と、倦怠と、だからこそ逆説的に成り立つ透明な幸福が、とてもすきです。おはなしのことを言うと、弟は昔の主人公で、坂井はありえたかもしれない主人公のひとつの未来であり、もはや戻らない時間に阻まれどうしようもなく隔たった過去と未来がその眼前にあり続ける宗助、分身のようで結局のところ他人である御米、こういったものすべてがおそらく一生立ち尽くすであろう宗助の悲哀を物語るようで、なんかもう漱石は天才だし、どうしようもなくかなしい。「それから」を読んだ後は追いつめられたような気持ちであったけれども、「門」はただ嘆息。たちつくす。

  • 日常が淡々と積み重ねられていく。特に大きなこともなく、それでいて突然参禅するなんてことも起きて。
    だからといってその後何か起きるかというとまったくなにも起きないのだから、よくわからんものである。

  • 世間とは深い関わりを持たずに身を寄せ合って生きてきた、宗助と御米(およね)。つましく節倹した生活を送るなか、学生という身の宗助の弟・小六が二人のもとに越してくる。

    物語の前半部分は、この小六の学費をいかにして捻出するかという生活的な問題に、宗助達2人があれこれ思い悩むことに終始しています。


    そして物語が進み、宗助と御米の過去が明らかになると、読者はこの作品が『それから』や『こころ』のように三角関係を描いたものであったと分かるのです。

    三角関係を克服したうえに成り立つ夫婦であることの罪悪感が、宗助と御米の生活に影を落とし、世間から隠れなければならない独特の暗さと疎外感を生み出しています。

    宗助夫妻の後ろ暗い過去に触れたところで、宗助の友人であり御米のかつての男である安井という人物が、2人の身近に現れることになるのですが…。


    題名『門』とは、安井の登場に怖じ気づいた宗助が、家を離れ身を寄せた禅寺の『門』を表すのでしょう。
    この作品は言ってしまえば、自分が恋人を奪った男に会いたくないが為に、禅寺へ駆け込む…というだけの話なのです。

    漱石が描く三角関係は必ずしも、幸せな結末を生むものではありません。

    ある日、鶯が鳴いたのを『ようやく春になった』と喜ぶ御米に対して、『しかし、またすぐに冬がくる』と言ってみせた宗助。

    『こころ』の中では先生が妻に隠れて自殺したように、本作では物語の最後まで、夫婦である宗助と御米の間には避けられない隔たりがあることを示しているのです。

全206件中 1 - 10件を表示

夏目漱石の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
ドストエフスキー
安部 公房
夏目 漱石
有効な右矢印 無効な右矢印

門 (新潮文庫)に関連するまとめ

門 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

門 (新潮文庫)のKindle版

門 (新潮文庫)のAudible版

門 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする