鎌倉のおばさん (新潮文庫)

  • 21人登録
  • 2.85評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (2)
  • 7レビュー
著者 : 村松友視
  • 新潮社 (2000年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101011158

鎌倉のおばさん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • P305
    97年 泉鏡花 文学賞 受賞作品

  • ここまで気合い入れて放蕩三昧な人もいるんだなあ…という感慨。

  • 鎌倉のおばさん、とは、著者の祖父、村松梢風の妾である“絹江”

    この、絹江の死の報を受け、筆者は叔父とともに、彼女が梢風の死後守ってきた、鎌倉の家を訪れる。
    そこは到底人の住めるような家ではなく…

    これ、本当に実話なんでしょうか、昭和の文士の火宅ぶり、物凄い。
    放蕩三昧、女に生きた梢風。
    しかし、それを芸の肥やしと心得ていたか、遊興資金を工面してスーツのポケットに忍ばせておく絹江。
    梢風の派手な文士ぶりは、絹江が演出していたのであろうか?
    本妻の“そう”は、絹江が表に立つようになって、いつしか影の存在になる。

    いかにも昭和、興味深い。


    これ、宮尾登美子だったら、“そう”がヒロインの小説になったのかな?などと思いました、なんとなく。

  • 不思議な感じのタイトルだと思って読んでみた本。村松友視の祖父は作家の村松梢風だが、梢風という人は大変な艶福家だったらしい。その梢風の、愛人ではあるが、鎌倉の家に住んで実質的には妻として振る舞っていた絹枝が、「鎌倉のおばさん」である。

    絹江は虚言癖があるかなり変わった人だったのだが、彼女の死をきっかけに、梢風の生き様や、友視の生い立ち、そして絹枝の存在意義などを追っていったのが本書。小説というより、ルーツ探しの本に近い味わいを持つ。

    梢風という人は、小説家としては大したことがなかったようなのであるが、晩年にいたって、急に開眼したかのように、優れた作品を次々と書いていった。そこに絹枝の果たした役割や、梢風の本妻であり、友視の祖母でありながら、戸籍上は友視の母でもあった「そう」とのコントラストなどが、うまく描かれている。案外おもしろかった。

  • 現代版「少女地獄」。偽物の人格も、贋物の肖像も、消えてゆく記憶も、ただ美しい。

  • 2009/3/14購入

全7件中 1 - 7件を表示

村松友視の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

鎌倉のおばさん (新潮文庫)はこんな本です

鎌倉のおばさん (新潮文庫)の単行本

ツイートする