にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)

  • 1044人登録
  • 3.55評価
    • (71)
    • (77)
    • (198)
    • (15)
    • (2)
  • 103レビュー
著者 : 樋口一葉
  • 新潮社 (2003年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101016016

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 思っていた以上に、人間のレパートリーが多くて驚きました。貧しさに苦しむ庶民の短編しかないのかと勝手に思っていました。それぞれの短編で、もっと色々な種類の複雑な惑いが見事に人間関係の中に投影されていて、文語体なのも気にならないほどでした。

  • 週間新潮「黒い報告書」シリーズの原点はこれか「にごりえ」、新派が上演しそうな「十三夜」は調べてみると「大つもごり」とともに新派の演目にちゃんと載っている!、そしてこれぞ珠玉の名作「たけくらべ」、一葉の肖像がわが国紙幣に採られたのもむべなるかな、参りました。

  • 貧にまみれた切々とした話だが、不思議に読後に寒々としたものはない。人情が書かれているからだろうか。句読点が少なく、カギかっこもないので読みにくいが、次第に慣れる。音読するとわかりやすい。今はあまり使われないわかりにくい言葉には注解ついているのでありがたい。

  • 一葉 われから: 母の美尾が娘のお町を置いて出て行ったことで半ばヤケの仕事人間になり稼ぎまくった父親の遺産のおかげで娘のお町もいい暮らしができる…と思ったら大間違いなんだぜという、話中の女中、もしくは筆者の僻み根性がありありと感じられて気持ち悪いし怖い…。
    住み込みの書生さんに多少優しくしたことが仇になるとは…はかなさとか虚しさとかが一切なくただ足を引っ張られるだけというかなり強烈な話。

  • 文語体の文章が美しく、声に出して読んでみたくなる。一葉の描く明治の女性は、決して幸福ではなく、むしろ眼前に開ける未来は暗いのだが、格調高い文章のせいか、女性の姿がほの明るく感じられる。
    (2015.10)

  • 独特の文体➕江戸言葉と奮闘しながら読みましたが、結果、樋口一葉の大ファンに。鉛筆で句読点と鍵カッコをつけながら、分からない単語は辞書でひいて、何だか外国語の本を読むような作業。意外と楽しかった。各話とも日本らしい、余韻を残す終わり方が良かった。

  • 「にごりえ」
    「うつせみ」

  • 斉藤孝『読書力』にあったオススメの書。必ず読もうと思う。

  • 前半の「にごりえ」「十三夜」「たけくらべ」「大つごもり」を読む.手元にあるのは40年前の文庫で字が小さく,新字旧かな.なかなか読みにくい.結局,旧字旧かなの青空文庫で.「十三夜」は総ルビのファイルがあって,これが一番読みやすい.

    さて,中身.決して読みやすいとはいけないけれど,読むのはそう大変でもない.音読するとわかるように文章のリズムがとても良い.読めない漢字も音読してみると,読みがわかったりする.どの作品もそこはかとなく,物悲しい情感が漂い現代の小説にはない趣.遊女であろうと,奥様であろうと,奔放な娘であろうと,そして下女であろうと,心の動きが精妙に捕らえられていて,とてもいい.「大つごもり」の最後には少しの清涼感もある.

    読んでよかった.

  • 数十年ぶりに再読しました。
    この年になって読み返すと、改めて良さが分かります。
    何とも言えない、もの悲しさ、哀愁が漂います。
    24歳で書いたものとは思えません。
    良いなぁ。

全103件中 1 - 10件を表示

樋口一葉の作品

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)に関連するまとめ

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)の作品紹介

落ちぶれた愛人の源七とも自由に逢えず、自暴自棄の日を送る銘酒屋のお力を通して、社会の底辺で悶える女を描いた『にごりえ』。今を盛りの遊女を姉に持つ14歳の美登利と、ゆくゆくは僧侶になる定めの信如との思春期の淡く密かな恋を描いた『たけくらべ』。他に『十三夜』『大つごもり』等、明治文壇を彩る天才女流作家一葉の、人生への哀歓と美しい夢を織り込んだ短編全8編を収録する。

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)のKindle版

にごりえ・たけくらべ (新潮文庫)の単行本

ツイートする