赤猫異聞 (新潮文庫)

  • 291人登録
  • 3.71評価
    • (15)
    • (55)
    • (30)
    • (5)
    • (2)
  • 36レビュー
著者 : 浅田次郎
  • 新潮社 (2014年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101019277

赤猫異聞 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 浅田節全開。
    長編が多い浅田さんですが、ほどほどの厚みの一冊できれいにまとまっていて完成度が高いなと思いました。

    明治元年、火の手の迫る牢屋敷から解き放ちとなった罪人たち。
    中でも重罪人とされている三人は、全員戻れば無罪放免、一人でも戻らなければ戻った者も死罪、一人も戻らなければ役人が代わりに腹を切る。

    関係者への取材という形は浅田作品ではお馴染みの手法で、スッと物語に入れます。
    ちょっと地味だけど、ラストはエンタメとしての驚きも用意されている。
    二時間の映画にちょうど良さそう。

    「法は民の父母なり」

  •  おお、これはアタリでした……! ストーリー云々の前に、牢屋敷のシステムや解き放ちのことなど、大層詳しく解説されていて、まずそこに感心するやら感動するやら。
     登場人物各々の視点で語られる解き放ちの顛末が、ゆったりとしていながら深みがあって良かったです。
     序盤ではさほど重要視されていない丸山小兵衛が、語りが進むにつれて存在感を増していくので、最後の語り手が彼なのだろうと見当をつけていましたが……ううむ、こう来たか。
     誰もの生き様も、それぞれに見事です。

  • 29年11月15日読了。
    御一新直後、政府機能が未だ不確かなとき行われた解き放ち。重罪人3人もこの時 解き放たれた。3人の命は一連托生。3人のうち1人でも戻らなければ戻った者も死罪。3人とも戻れば全員無罪放免。
    三人三様の胸の内。そして、鍵役同心丸山小兵衛の思い。炎と煙の中で何があったのか。
    最後は、涙、涙でした。

  • 年を取ったら、涙もろくなった。
    この本も、「正義」とは、、
    本当の武士の姿を悲しくもあり、このような立場に立たされた者だけの潔さが、垣間見たような気がした。

    母方の親戚に、宇垣纏中将が居て、母親はとても可愛がられたそうであるが、やはり、戦いの末、海軍で命を落とした若い兵士を看取るために、空へ旅立ち、海の藻屑になってしまったと聞く。

    この本は、200年もの続く江戸幕府から明治へとの変わる混沌とした時代が、背景になっている。
    武士が、どのように変わらないといけなかったのか?
    又、訳アリの重罪人も、どうして罪を犯したわけでもないのに、そのような咎を受けないといけなかったのか?

    赤猫、、、それは放火犯の事で、ここでは、伝馬町牢屋敷における火事の解き放ちを表している。

    解き放ちに付き、重罪人と言われつつも、罪を犯したわけでもない3人
    無宿者の繁松、羽田者とせがれ、岩佐七之丞、夜鷹の元締めお仙、が、解き放たれるのだが、3人の家一人でも戻らないと、死罪。3人戻れば、無罪。
    そして、丸山小兵衛が、責任を取ると、、、腹を切ると述べる。

    そして、その後無罪放免になった3人が、成功して、現在を生きて過ごしている事が、ホットしながら読み進んだ。
    皆「生きていてよかった」と、感じる幸せを描いていたのだが、、、、

    和尚、杉浦正名の証言により、、、最初の「記」で、「後世司法ノ参考ト為ス」迄にてと、、、

    「鬼になりたくなかった、不浄であろうと、義の道をたがえぬ武士でありたかった」
    江戸と明治へとの流れ狂う濁流を何が何でも、生きていてほしいと思うのは、今の時代の人間なのだろうか?と、自問している私が居た。

  • 推理小説みたい

  • 浅田節炸裂の一冊。時代の終わりと始まりの狭間における不条理の中「生きる」と言うことを鮮やかに描いた作品。骨太且つ読みやすい、ストーリー以外にも毎度ながら緻密に描かれた下級武士や町人の暮らしぶりや苦悩には舌を巻く。

  • 一気読みしました。
    巧みな手法、構成、展開、そして内容・結末に引き込まれました。

  • 最期が畳み掛けるように切なすぎます。

  • 御一新の混乱期の江戸の話。展開は読めたけど、最後があの人の視点で語られるとは思ってなかったので、やられたーと思った。

  • 明治元年の暮に起こった火事による類焼を逃れて小伝馬町牢屋敷から解き放たれた囚人たち。博奕打ちの繁松、旗本次男坊の岩瀬七之丞、夜鷹元締めの大年増白魚のお仙の3名はそれぞれに意趣返しを果たそうとするが…。エンターテインメント小説として楽しめた。

全36件中 1 - 10件を表示

浅田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅田 次郎
有効な右矢印 無効な右矢印

赤猫異聞 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

赤猫異聞 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

赤猫異聞 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤猫異聞 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

赤猫異聞 (新潮文庫)の作品紹介

時は、明治元年暮。火の手の迫る伝馬町牢屋敷から解き放ちとなった訳ありの重罪人たち――博打打ちの信州無宿繁松、旗本の倅岩瀬七之丞、夜鷹の元締め白魚のお仙。牢屋同心の「三人のうち一人でも戻らなければ戻った者も死罪、三人とも戻れば全員が無罪」の言葉を胸に、自由の身となった三人の向う先には……。幕末から明治へ、激動の時代をいかに生きるかを描いた、傑作時代長編。

赤猫異聞 (新潮文庫)の単行本

赤猫異聞 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする