青年 (新潮文庫)

  • 464人登録
  • 3.31評価
    • (16)
    • (38)
    • (88)
    • (15)
    • (3)
  • 42レビュー
著者 : 森鴎外
  • 新潮社 (1948年12月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101020020

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

青年 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 時は明治。田舎の裕福な家庭に育ったぼんぼんの小泉純一は、上京し小説家を志していた。東京では同郷の小説家や、美術学校に通うかつての同級生の瀬戸、文学を愛好する医学生の大村などとの交わりで次第に東京にも慣れ始めていたが、ある日、劇場で出会った美貌の若き「未亡人」坂井夫人に誘われるまま彼女の豪邸を訪問し、そこで「男」になるのであった・・・。
    この物語自体、特にどうという進展がなく、ひたすら主人公が出歩き交流してその時々に考えた様子を描いているだけなのですが、何ともいえなく味わい深い雰囲気を持った作品でした。主人公が訪れる小説家の部屋や、文学会の様子、同郷会の宴会、街々の風景など「明治」という空気を感じさせる「場」の雰囲気がとても良く、そして、そこに登場する遊び慣れた瀬戸や、西洋文学に造詣が深い大村、それに愛なく純一を虜にする坂井夫人といった様々な人物要素の対立軸で、田舎から出てきたぼんぼんの精神を涵養させていく様子はある意味「律儀」な展開の面白さであり、その鴎外特有の和洋をとりまぜた硬質な文体と相まって、なかなかコクのある香りを発散させていました。時折挿入される西洋文学や哲学の評論や引用なども、この雰囲気を盛り上げるのに一役も二役も買っています。
    最後は「精神」の修練と愛なき「性欲」の対立項という「青年」ならではの葛藤と展開になり、その衝動と知性に揺れる描写はなかなか面白いものでありましたが、それが「青年」の「文学」に昇華された様もみてみたかった。
    それにしても、借家の知人の令嬢で微妙に迫ってくる「お雪」といい、宴会後にこっそりと名刺を渡してきた16才の美しい芸者「おちゃら」といい、箱根旅館の女中の中でも一番美しい「お絹」の微妙な干渉といい、そして誘惑され速攻落とされた美貌の「坂井夫人」といい、「精神」を磨き「文学」を志す!なんていってられないほど羨ましい境遇ですね。(笑)

  • 美青年、小泉純一が可愛すぎる。
    小説家への溌剌とした思いとプライドから上京して上手く生活が回っていたのに。

    坂井夫人の妖艶さに当てられて、彷徨。
    そうだよね、恋って怖いもんだよね。
    未亡人なんぞに負けるものか、と意気込むのだけど、ぐるぐると負のスパイラル。
    近付きたい、でも、近付いてはいけない、でもでも、なんだ思わせぶりなその仕草はー!
    といったところです。

    読むべき所は様々あるのだけれど。
    純一の初々しい恋の駆け引き具合にきゅんときてしまう。男をも魅了してしまう笑顔ってどんなもんだー!

  • 文豪、森鴎外の作品『青年』。
    実家の私の本棚から取り出しました。
    中学生のころに買って読んだ本です。
    一度読んだ本を、今の私がもう一度読んだらいったい何を想うか。


    主人公の名前が「小泉純一」。
    なんとなく、今は政界を引退した元総理大臣のことを思い起こさせます。
    私が本を読むときはあまり主人公のイメージを固めないのですが、
    この作品に関しては、元総理大臣の息子(芸能人のほう)のイメージが定着してしまいました。
    しかも、純一は地方のお金持ちの家の人。
    勉強ばかりしてきた育ちのいい、しかも外見がとてもよいお坊ちゃま。
    親の援助で東京に出てきて、「本を書きます」といいながらも
    なかなか手をつけることをしない。
    医師を目指す友人と議論をたたかせたり、
    人脈を広げ見聞を広げようと、いろいろな会合に顔を出すが、
    たいした収穫も無い。
    あげく、偶然であった魅力たっぷりの未亡人にもてあそばれ、
    傷心の坊ちゃまは未亡人のもとから逃げ帰る。
    自分を傷つけた未亡人へのあてつけで、ようやく
    本の執筆を決意する。
    「今書いたら書けるかもしれない」

    なんなんだ、この男、「小泉純一」。
    これが「青年」なのか?
    こんなんでいいのか?小泉幸太郎!!

    解説を読むと、文学的な裏づけがしっかりしていて、
    また当時の世の中への風刺がちりばめられている作品
    とのことです。

    すみません、私が不勉強でした。


    結論:私、中学生のころにはこの作品読んでいないと思います。

  • 1910-11年発表。西欧語と和装用語が満載の教養小説だが、美男子がもてまくりつつ自分の性欲に悩むという面倒臭い話でもある。当時の高等遊民の風俗や、イプセン、メーテルリンク、ヴァイニンガーあたりの知的インパクトが推し量られる点が興味深い。
    「人形食い」という言い回しが出て来て、他でも見かけたような気もするが、面白いなあと思った。少し前なら面食い、今ならイケメン好きと呼ぶところだが、今も昔も特に女性の性向として特化されるのはどういうわけか。もっとも、本作ではあくまで、男性から見た女性の異常性欲という扱いなのに対して、イケメンはむしろ女性同士の隠語のような気がするので、それはそれで、時代の流れと言うべきか。
    それにしても、本作はブクログではISBN検索でしか引っかからないし、iPadでは「性欲」は助詞付きで変換できないし(あ、「助詞」もだ)、何とも暮らし辛い世であることよ。

  • 森鴎外2冊目はこの『青年』であり、これを選んだ理由はただ目に入ったからです^^ どれが有名な作品かもわかりませんよっと\(^o^)/ でも、そういう境遇で読んだものの、なかなか興味深いものでした。もちろん、時代や環境がまったく違うものの、私は主人公に共感するところが多々ありました。よくこのような青年の心を書くことができると、つくづく感心させられます。あ、私はまだ青年の心を持っていますよーヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

  • 章立て、人物造形の勉強にも。坂も沢山

  • 美しく若い青年純一の精神を描く1冊。
    心のうちを丹念に言葉にし、哲学的な観点からも自己を見つめていくが、まだまだ青く未熟な内面が揺れ動く。思想や考えは大人びているようで、生きることそのものについてはウブなあどけない少年のようでいる。

    またしばらく経ったら再読したい。

  • 青年の主人公の小泉純一。教養はあるが恋愛には今一歩踏み込めない。モヤモヤを綺麗にまとめている。しかし、ドイツ語やフランス語も所々散りばめられている。

  • 中学生の頃には難しく、大人になっても難しかった。
    しかしまぁ、昔から、お姉さんはうまい誘い方をされる・・・

  • 青年というからには、若さとか情熱とか燃え上がるような恋とかいうものを想定しがちだが、そこはやっぱり鴎外翁。理性的でストイックな主人公に仕上がってます。
    ただ、純一(主人公)の青年らしい拙さは、「(芸術のために)恋に憧れているけれど、恋を始めるきっかけが解らないよね」というところかな。
    あるきっかけで知り合った美人の後家さんに弄ばれ?て、この恋?に飛び込んで良いのかどうか、途惑っている。
    しかも、恋愛の手本をヨーロッパ小説に求めているところなんて、いかにも初々しい理想の高さがうかがえる。
    その美貌から、作中何度か恋愛フラグが立っているのに、同性(大村さん)までもが、この美貌とかわゆい笑顔にめろめろになって、「もしかして俺、ホモかも」とか思っちゃうのに、
    恋愛に対してイマイチ上手く立ち回れない(理想やら理性やら未熟さから掣肘されて)、
    そんな不器用な、『青年』の物語でした。

    ただこの純一という青年、あと5年も東京で暮らせば、さぞや立派なプレイボーイになることでしょう(笑)
    そのころまでに、立派な文芸作品を書き上げられているかどうかは・・・わかりませんがww

  • 解説に「この小説は叮嚀(ていねい)に、時間をかけてゆっくりと読まれることを要求している」と書いてる。まさにそのとおりである。
    この小説の主人公の青年のように、男女関係における感情を、科学的、文学的、哲学的に見つめて分析するのは、私たち常人にとっては「おかしなこと」としかいいようがない。
    私は森鴎外の小説であれば「雁」のほうが好みだ。

  • 初森鴎外。ルー大柴の元ネタか(失礼)
    純朴な青年が大人の階段を登り始める話。
    中勘助みたいな文章そのものの美しさはあまり感じないけれど、
    心理描写の生々しさが良い。
    哲学について少し知識を増やしてからまた読み直したい。
    この時代の「文系」な方々の知識の豊富さに辟易します。

  • 森鴎外ってクソ頭良いんだろうなって思わせる作品。よく「あーなんて言えばいんだろう」ってなる脳みそのモヤモヤした物を綺麗に言葉で表現している。さすがです。

  • 久しぶりに読んだ。上京した青年の出会いと別れ、と物語構成は教養小説なのに(要するに漱石の『三四郎』的)、主人公が妙に教養をもっている分だけ、教養小説度合は薄め。

  • ピカピカに弾力漲る青年・純一の自意識がむず痒くも懐かしく心地よい。身の回りのいろいろに振り回され創作意欲を掻き立てられていた頃の気持ちにしばし立ち返った。(しかし意味もなくフランス語の単語を乱用するのは如何なものか。こういう衒いがまだ特権的に許容されていた時代だったんだろうけれど…)

  • やっと読了。高橋義孝氏の解説のしょっぱなに「この小説は叮嚀に、時間をかけてゆっくりと読まれることを要求している。」とあるけど、おいらの力じゃゆっくりにしか読めません。英語、フランス語、ドイツ語と、至る所にアルファベットが出てきて、常に本文と注解とを行ったり来たり。作家や思想家の名前も数十人出てきて、登場人物たちに文学や思想について議論させているけれど、基礎知識が足りない。

    主人公は美男子で女性にもてる(主人公の妄想癖もあるような…)、でもその一方で精神の自律や自由を大事にしたい。そして人(自分)はどう生きるべきか、みたいなことをぐるぐる考えるのはタイトルのとおり「青年」期によくあることのような気がした。読むのに苦戦しながらも、途中からは「程度の差こそあれ自分も主人公も似たようなものか」と思えたから親近感が湧いた。

    作中に登場した『蒲団』(田山花袋)、解説に出てきた『三四郎』(夏目漱石)もまた読みたい。

  • 煩悶青年のお話。
    純一は恵まれた家庭に生まれ
    就職する必要がない。
    奥さんとのロマンスも
    うやむやに終わり。
    ううん
    「三四郎」のカタルシスはない

  • (1966.03.31読了)(1966.03.31購入)
    *解説目録より*
    叡智と教養ある一青年が、真実の生活を永遠の希求として、自己の状態についに満足が得られなかった魂を描いている。若く美しい未亡人や芸者との接触も写され、自らの行動の批判や内省には、新旧いずれにも頼れる権威のない時代の姿が描かれて、今日の世相と一脈通じるものがある。

    ☆森鴎外さんの本(既読)
    「雁」森鴎外著、新潮文庫、1948.12.05

  • なかなか面白かった。道徳についての思い悩みなど自分と重なるところ多し。
    先生は「能動的な受動」「歩く耳」と言っていた。小説家になりたくて上京したものの、積極的に話したり書いたりするわけでもなく創作意欲があるとはとても思えない、自分の身の置き場にひどく困っているわけでもない、借りた本も読まずに返す。
    適度な世渡り上手と恵まれた境遇ゆえに、切羽詰まることなく、結末でも書けるかどうかは分からないまま切られてしまう。
    今の自分にぴったりな作品だった。

  • 解説にある通り、夏目漱石「三四郎」に対する森鴎外の作品といっていいと思う。自分としては「三四郎」よりもこの「青年」の主人公の方が自分の感覚に近いような気がして、場面、場面の心情に同意できる。20代の初めってこんな感覚だったなぁ…と懐かしくなったりもした。間違いなく良い作品。

  • 時間をかけてよむこと

  • 思想の話やあたしの知らない人物、外国語がでてきて読みにくかった。あきらかに知識不足。それだけの知識を持った森鴎外はさすがというかなんというか。

  • 難しく、まだ良く解らないので時間を置いて再読したい一冊。背伸びしても響かんものだなぁ…と実感。あ、でもほかの方のレビューを見てたら、三四郎を先に読んでみたいなと思いました。

全42件中 1 - 25件を表示

青年 (新潮文庫)に関連するまとめ

青年 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

青年 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青年 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

青年 (新潮文庫)の文庫

青年 (新潮文庫)の文庫

青年 (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする