白痴 (新潮文庫)

  • 2300人登録
  • 3.59評価
    • (196)
    • (218)
    • (507)
    • (30)
    • (8)
  • 251レビュー
著者 : 坂口安吾
  • 新潮社 (1949年1月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101024011

白痴 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『私はそのころ耳を澄ますようにして生きていた』
    極度に物を所有したがらなく、1か月の給与を1日で無理にでも使い切ろうとする語り手は、複数の女たちの間で爛れるような生活を送る。
     /いずこへ

    『その家には人間と豚と犬と鶏と家鴨が住んでいたが、まったく、住む建物も各々の食べ物もほとんど変わっていやしない』
    井沢の住む町は安アパートが立ち並び、淫売や山師や軍人崩れが住んでいた。
    井沢の隣人は気違いで、気違いの母はヒステリイで妻は白痴だ。その白痴の妻が井沢のアパートに転がり込んできた…。
     /白痴

    『母親の執念は凄まじいものだと夏川は思った』
    郷土の実家との関係を断ち切ろうとする夏川だが、その母はどうやったか夏川のアパートを突き止める。
    アパートに帰るか帰らないか…そしてその生活を顧みる。
     /母の上京

    『二人が知り合ったのは銀座の碁席で、こんなところで碁の趣味以上の友情が始まることは稀なものだが、生方庄吉はあたり構わぬ傍若無人の率直さで落合太平に近づいてきた』
    一人の女を巡る男たち。
    脱がなかった外套とその向こうの青空。
     /外套と青空

    『私はいつも神様の国へ行こうとしながら地獄の門を潜ってしまう人間だ。ともかく私は初めから地獄の門を目指して出かける時でも神様の国へ行こうということを忘れたことのない甘ったるい人間だった』
    元女郎と暮らす男。私は一人の女では満足できない。私は不幸や苦しみを探す。私は肉欲の小ささが悲しい、私は海をだきしめていたい。
     /私は海をだきしめていたい

    『カマキリ親爺は私の事を奥さんと呼んだり姐さんと呼んだりした。デブ親爺は奥さんと呼んだ。だからデブが好きであった』
    私は昔女郎だった。今はある男と暮らしている。戦争中だけの関係。
    日本が戦争に負けて、男が全員殺されてもきっと女は生きる。
    でも可愛い男のために私は可愛い女でいようと思う。
    私は夜間爆撃に浮かぶB29の編成、そして被害の大きさに満足を感じている。
    男たちは日本中が自分より不幸になればいいと思っている。
    だから戦争が終わった時には戸惑いを感じたのだ。
    『私たちが動くと、私たちの影が動く、どうして、みんな陳腐なのだろう、この影のように!私はなぜだかひどく影が憎くなって胸が張り裂けるようだった』
     /戦争と一人の女

    『匂いってなんだろう?
    私は近頃人の話を聞いても、言葉を鼻で嗅ぐようになった』
    私の母は空襲で死んだ。
    私は私を迎えに来た男のオメカケになっている。
    私は避難所の人ごみで死ぬのなら、夜這いを掛けてきた青鬼に媚びて贅沢してそしていつか野垂れ死ぬだろう。
    すべてがなんて退屈だろう、しかし、なんて、懐かしいのだろう。
     /青鬼の褌を洗う女

  • どの短編も、冒頭の文章がすばらしい。ここで引き込まれない日本人はいないんじゃないか?というくらい魅力的な書き出しで始まる。本書の最初の短編「いずこへ」の冒頭はこんな感じ。

     私はそのころ耳を澄ますようにして生きていた。もっともそれは注意を集中しているという意味ではないので、あべこべに、考える気力というものがなくなったので、耳を澄ましていたのであった。(「いずこへ」冒頭)

    その冒頭と呼応するような一文が、本書の最後に所収されている「青鬼の褌を洗う女」の冒頭である。

     匂いって何だろう?
     私は近頃人の話をきいていても、言葉を鼻で嗅ぐようになった。ああ、そんな匂いかと思う。それだけなのだ。つまり頭でききとめて考えるということがなくなったのだから、匂いというのは、頭がカラッポだということなんだろう。(「青鬼の褌を洗う女」冒頭)

    考える代わりに、耳を澄まし、匂いを嗅ぐ。この短編集の登場人物たちは、頭ではなく身体的にものを考える傾向にある。戦中戦後の退廃的な空気の中で、倫理や道徳といった確固たる基準が薄まり、人々に残されたのはカラダ一つであった。人生をオモチャにし、身体をオモチャにする。そんなニヒリストたちが物語を彩る。

    現代的な雰囲気がある、後半の「私は海をだきしめていたい」「戦争と一人の女」「青鬼の褌を洗う女」の3編がわりと好き。

  • これまで読んだどんな小説よりも、エロティックで背徳的。戦時下、常に死と隣り合わせの日常で、享楽を貪る男と女を描いた7編を収録。

    その中からいくつかの感想。
    「白痴」
    空襲の最中、男と女が押入れで息を殺しておびえている状況が現実感を伴って空恐ろしい。がなりたてるラジオ、警戒警報のサイレン、高射砲の音、B29の通り過ぎる音。照空灯の真ん中にぽっかり浮かぶ機影、真っ赤に色ずく夜空……
    畳み掛ける恐怖のイメージに鳥肌が立つ。戦争という言葉は、あまりに大きすぎて概念として捉えることしか難しいけれど、この物語はリアルに教えてくれる。

    「戦争と一人の女」、「青鬼の褌を洗う女」
    戦時下の日常において、自分の体をおもちゃにして遊ぶ女たちを描いた作品だ。
    ただ、己の肉欲のために肉欲の塊と化した女の匂い立つようなエロス。
    背徳的、官能的で、エロ小説以上にエロい。快楽のアリ地獄に落ちていきそうだ。苦しくて切なくて胸がふさがれそうな物語だ。

    肉欲でつながった相手の喪失感は、時に心でつながっていた相手の時よりもダメージが大きいのは、それは一点の曇りもない純粋さがそうさせるのだろうか。人間の理智なんて肉欲の前では簡単にひざまずいてしまうのだろう。

  • 『いずこへ』
    どうしようもなくなった主人公が、ある小説の一節を思い出し、図書館へ行く。そこで手当たり次第に本の目録をめくるのだが。

    「俺の心はどこにあるのだろう? どこか、このへんに、俺の心が、かくされていないか?」

    これを読んだとき、まさに「これだ!」と感じた。本を読むという事は、なんだか、そういうことなのかもしれない。


    『私は海を抱きしめていたい』
    高校の教育実習で知り合った方が、この題名をいたく気に入っていたのがとても印象に残っている。
    曰く「なんて綺麗な言葉だろうと思った」。


    まあ、基本的にダメな男と女なんだけども。

  • 高校時代、すっげぇ好きだった。

    いま、あらためて読んでみた。
    「文人ってオトナになれん人なんやなー」と思いながら、やっぱ好きだった。

  • ★更新中★

    初・坂口安吾。青空文庫で読み進め中。

    ☆白痴
    現在は使われていない単語のため、具体的にどのくらいどういう状態を白痴と呼ぶのかは想像を巡らせるしかない。登場するとある女を明らかな白痴と表現しているけれど、物語を読んでいくと主人公本人も含めて、誰もが戦時下のどうしようもない中で、おかしな感じになっているのが物悲しい。
    私たちが多くの戦争作品で出会う「欲しがりません勝つまでは」のような美しい国民像とはかけ離れた、ひとつの本当の姿を描いた作品なんだと思う。
    途中で出てくるメディア批判にはニヤニヤさせられた。いつの世も意外と変わらないのかな。


    ☆母の上京
    ☆外套と青空
    ☆私は海をだきしめていたい
    ☆戦争と一人の女

    ★青鬼の褌を洗う女
    何だろう、お妾さんの子供がお妾さんとして生きていく様を一人称で淡々と語る、不思議な作品。モデルがいるのかなぁ…すごく身勝手に思えるのにちっとも憎めない、不思議な魅力を醸し出している女性なのだ。男の人の目線でこういう作品を書くの、難しそうだと思うけど、女性作家が書いたら「ちっとも憎めない」女性にはならないと思う。上手く説明できないけど。その感性というか、バランスというか、この主人公の立たせ方が際立っていた。

  • 表題作を含む7つの短編集。
    「私はそのころ耳を澄ますようにして生きていた。」
    「匂いって何だろう?」など、どの話も出だしの文章が特にかっこいい。
    『青鬼の褌を洗う女』が好き。

    希望がなくても生きていかなければならない人間臭さはわかるんだけど、
    現実と理想のギャップにもっとじたばたしている方が私は好みだ。
    お屠蘇気分で読んでいたので、きちんと読み取れなかったかも。
    またいつか読み返してみようと思う。

  • 前回読んだ岩波文庫とは収録されているものが若干違うので(かなりかぶってはいるけど)、こちらも読んでみた。
    やっぱり「白痴」には格別に感動するけど、他も全て良かった。
    「青鬼の褌を洗う女」の主人公が好き。

  • 生への執着、生きがい。戦争もずいぶん昔のこととなってしまった。13.4.29

  • 何度目かの白痴読了。
    相変わらず面白かった。
    自分の存在意義同様に孤独さえも他人との関係の中でしか見出すことできない。
    だけど、白痴の女との間では関係は揺るぎ不安定である。
    そんな中で一瞬ではあるが意思表示された女に伊沢は感動で狂いそうになる。
    そんな希望を垣間見たのは伊沢が本音で女に接したからかもしれない。

全251件中 1 - 10件を表示

坂口安吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
梶井 基次郎
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

白痴 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

白痴 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

白痴 (新潮文庫)の作品紹介

白痴の女と火炎の中をのがれ、「生きるための、明日の希望がないから」女を捨てていくはりあいもなく、ただ今朝も太陽の光がそそぐだろうかと考える。戦後の混乱と頽廃の世相にさまよう人々の心に強く訴えかけた表題作など、自嘲的なアウトローの生活をくりひろげながら、「堕落論」の主張を作品化し、観念的私小説を創造してデカダン派と称される著者の代表作7編を収める。

白痴 (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

白痴 (新潮文庫)のAudible版

白痴 (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする