光抱く友よ (新潮文庫)

  • 191人登録
  • 3.30評価
    • (11)
    • (17)
    • (40)
    • (11)
    • (2)
  • 26レビュー
著者 : 高樹のぶ子
  • 新潮社 (1987年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101024110

光抱く友よ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1983年下半期芥川賞受賞作。小説に描かれている時期はいつ頃だろうか。筆者自身の体験がもとになっているとすれば、1960年代半ばの山口県防府市ということになろうか。今でこそ普通の共学になったようだが、かつて山口県内の公立高校は長らく男女別学(校内に男子棟と女子棟がある)だった。そこでの相馬涼子と松尾勝美との交友とすれ違いとを描くが、それは結局のところ交点を結ばない。涼子は、理解しようとしたはずのクラスメート(いわゆる不良であり、特異な環境にいる)を最後までファーストネームではなく、「松尾」と呼ぶのだから。
     芥川賞としてはややインパクトには欠けるか。この時の候補作では、むしろ干刈あがた「ウホッホ探険隊」の方が良かったかもしれない。高樹のぶ子にはまだ次があり得た。
     

  • (2004.08.24読了)(2003.03.08購入)
    この本には、芥川賞受賞作の「光抱く友よ」を含めて3つの短編(「光抱く友よ」「揺れる髪」「春まだ浅く」)が収められている。表紙の藤井勉さんの絵から幼い子供の物語と勝手に思っていたのだが、「光抱く友よ」は、「ア・ルース・ボーイ」と同じ17歳の高校生の話だった。

    ●光抱く友よ
    相馬涼子、平凡な女子高生?担任の英語教師三島良介に他の女子高生と同様憧れを抱いている。学校は、男子校舎と女子校舎別れている。瀬戸内に面しているというのだから著者の故郷山口県の話なのでしょう。
    ある日の放課後、階段の踊り場で、三島が、同級生の松尾勝美を叱責しているのを聞いた。三島の乱暴な口の聞き方を聞いて、三島に対するあこがれの感情は消える。
    松尾は、本来一学年上の生徒なのだが出席日数が足りなくて、一年生を二回やり、二年になって涼子と同じクラスになった。週の半分も学校に来ないし、出てきてもいつの間にかいなくなる。授業中も教師に指名されると物憂げに立ち上がり「わかりません」と答えるだけなので、教師も相手にしなくなる。定期試験の日は登校し、白紙に近い答案用紙で、鉛筆を転がして解答している。松尾に関しては体を売っているとか中学一年の時に堕胎したというような噂まである。
    涼子は、階段でのことを聞きたくて、松尾に声をかけて一緒に帰る。
    三島が松尾の母親宛の手紙を書き、母親からの返事を書いてもらったのだが、あまりにも稚拙なので、信用してくれなかったので、涼子に代筆を頼んできた。
    交友が始まり、誘われて訪ねた松尾の部屋には、天体図が多数貼られていた。隣の部屋には、母親が寝ているという。母親は、酒びたり状態のよう。松尾は、母親と喧嘩しては家出を繰り返してきたという。そのたび男友達、女友達、と泊まり歩いては、戻るという生活だった。米兵のマーチンと知り合ってからは、マーチンのところに行っていたらしい。そのマーチンとも喧嘩してしまったという。天体図はマーチンの影響である。
    母親は、精神病院に入り、松尾は母親の代わりにホルモン焼きの店をやっている。
    みんなから排除されている少女と知り合って、涼子は何を得たのだろうか?
    「損したあ、あんたと出合うて」と言わせているけど。

    著者 高樹 のぶ子
    1946年 山口県生れ
    東京女子大学短期大学部卒業
    1984年 「光抱く友よ」で第90回芥川賞受賞
    1994年 『蔦燃』で島清恋愛文学賞受賞
    1995年 『水脈』で女流文学賞受賞
    1999年 『透光の樹』で谷崎潤一郎賞受賞

  • この作品を読んでいると相馬涼子という高校二年生の普通の女の子が、憧れの担任の三島先生が松尾勝美(涼子より一つ年上だが留年して同じクラス)に対しての暴言ともいう言葉から三島に失望と憤慨を覚え、勝美に近づく。そこで勝美のすさんだ態度、母親千枝と勝美の家庭の状況にとまどいながら、自分も周囲の人間から違ってみられるようになっていく。

  • 全体的に昭和のノスタルジーを感じました。木造校舎のにおいがしそう。
    『光抱く友よ』おとなしめの優等生涼子と出席日数不足で一年遅れの不良少女松尾の女子高生の友情物語。心理描写が細やかで繊細にていねいに書かれていて、でもくどくないところがいいですね。ハッピーエンディングではないけどしんしんと切なさが染みてきて余韻が残ります。『揺れる髪』母と娘がすれ違った後で和解する話。かえるのエピソードはちょっと気持ち悪い。母親がヒステリックに感じるところがあったけど丸く収まったのでほっとしました。でも普通あんなこと言われたら子供は傷つく。この親子この後も大丈夫なのだろうか?『春まだ浅く』心から惹かれ合いつつも結婚するまでは性的な繋がりを持たないことにこだわる短大生と大学生カップル。うーんこんなに深くややこしく悩まなくてもいいのではないか?でもこういう時代だったのかな。容子の気持ち分からなくもないけど、容子の友達の貴子にまであれこれ言われて恒夫は複雑な女心に悩みが深くなってしまったのではないか?お気の毒に、と正直思った。

  • 書かれた年代が随分昔ではあるけれども、毒親の内容・・・。描き方がとても丁寧で、その時代の家の感じなどを想像しながら読み進めました。
    女同士の友情が描かれています。
    感情面は特に描かれていないのですが、切なさがとても伝わってきました。いい作品ですね。

  • 小川洋子さんのラジオで紹介。近々読みたい。

  • センチメンタル小説で終わっていない。いい小説だ。

  • 優等生の涼子と不良少女松尾勝美との出会いと友情を描く、芥川賞受賞作「光抱く友よ」。涼子は松尾の母親を通して自分にはない松尾の強さと優しさを垣間見る。その他短編2作品。

  • 自分とは違う女友達との出会いと別れる。大人になったら流せるかもしれない結末は子供には苦いです。

  • 【美しさと緊張感が漂う女性同士の関係を描く名作】

    大学教授を父に持つ、ごく普通の家庭で育った優等生の相馬涼子。一方、アル中で障害を抱える母親を持つ、不良少女の松尾勝美。二人の女子高生が微妙な距離を保ち、緊張感を持ちながら淡い友情を重ねていく過程を美しい文体で描いた『光抱く友よ』。美しい文体ながらも、学校でも、家庭でも緊張した空気を感じる。

    淡くも儚い友情に終わる2人の関係だが、涼子の心境の変化がひしひしと伝わる。また、松尾と母とのやり取りにも緊張感が漂うが、母親に対する松尾の優しさも垣間見え、女性とは不思議なものだと考えさせられる。高樹のぶ子が芥川賞を受賞した作品ということで読んだが、彼女は思春期の女性を描くのが本当にうまいと感じた。重苦しいように感じたが、不思議とスピーディに読めたのも、彼女の筆力の賜物だろう。

    その他、気の強い娘についていけない母の心理描写を描く『揺れる髪』、セックスなしの関係を交際相手と続ける主人公と真逆の友人の同居生活を描く『春まだ浅く』の2編が収録。女性の処女性についてはわからなくもないが、古いと感じてしまった。『光抱く友よ』については、読者次第かと思うが、芥川賞を取るだけの名作であると思う。

全26件中 1 - 10件を表示

高樹のぶ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

光抱く友よ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

光抱く友よ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

光抱く友よ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

光抱く友よ (新潮文庫)の単行本

光抱く友よ (新潮文庫)のKindle版

光抱く友よ (新潮文庫)のAudible版

ツイートする