文豪ナビ 芥川龍之介 (新潮文庫)

  • 226人登録
  • 3.46評価
    • (12)
    • (17)
    • (53)
    • (2)
    • (0)
  • 24レビュー
制作 : 新潮文庫 
  • 新潮社 (2004年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101025001

文豪ナビ 芥川龍之介 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱり芥川は魅力的な人。ゾクゾクするほどの色気があるもの。彼にも、そして作品にもしばらく抜けられそうにないほど恋してる。

  • 「すごみのある丁寧語。これが芥川の文体の魅力だ。」は文中で芥川文学を解説している齋藤孝氏の論。確かに「地獄変」のように丁寧語で語られる物語は逆にぞくぞくした怖さを引き立たせる。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    「蜘蛛の糸」や「鼻」の話、知っていますか? 黒澤明監督の名画「羅生門」の原作も芥川です。35歳で自殺するまで、彼は短編小説の可能性に挑戦し、大正期の流行作家として活躍、芥川賞の名にもなったほど。毒気のある香りを放つ名文、古今東西の素材を使った技を味わってみませんか。わかりやすい評伝・名作の要約・音読したい名場面・人気作家のエッセイなど、文豪の新しい魅力が発見できる画期的なシリーズ! 文豪ナビ全7冊。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・文豪・エッセイ・解説・芥川龍之介

  • 子供の頃から秀才で、大学生で小説家として脚光を浴び、登り龍の勢いが、転落する。最期は、うつ気味だったのだろうか。2014.8.18

  • てっとり早く芥川の概要が解る。半分くらいは知っている話だが、彼の半生を知った後に読むと、また違った感じ方が出来るかもと思った。201310

  • 高校生の頃に「羅生門」と「蜘蛛の糸」を読んだ。
    主人公の悪へと堕ちる直前の心の迷い、足元に常にヒタヒタと広がっていて、今にも足をすくわれそうに感じられる物語全体に漂う真っ黒い闇。
    そんなものにゾッとして、また妙に身をつまされる思いもして、芥川は恐ろしかった。

    昨年偶然に「侏儒の言葉」を読むことになり、なんだか芥川を深く知りたくなってナビを読むことに。

    …これはすべての作品を読まねば。理由はよくわからない。なぜか惹かれる。「地獄変」、「薮の中」は今すぐにでも読みたい。
    そんな自分がちょっと恐ろしい。

  • 図書館:文学の授業のレポートの参考のため。
    阿刀田高の評文はわかりやすく芥川の文章、または総て小説というものを論じていて面白かった。

  • この本を読むと、代表作が伝えたかったメッセージをざっくりと理解できます。それに、芥川龍之介の本を1冊も持ってなくても、この中に代表作の短い抜出が少しあったので、これだけでも楽しめます。
    阿刀田高さんが書いた、芥川龍之介の良さを解説するところも面白くて、読みたくなるものでした。
    また、斎藤孝さんの執筆した、「声に出して読みたい」名作の部分も面白くて、今日抜粋されたところを音読していました。確かに、芥川龍之介の文章は次の言葉に自然と流れる。美しいかも。
    他に評伝やコラムもあって、芥川龍之介という人物像に迫ることができました。

    もしかすると、現代文学と違って、こういう文豪たちの作品っていうのは著者自身のことをある程度知らないと、味わいがないのかな・・・?
    分からん・・・

    ★★★★☆

  • 12.4.15~ 教育実習で羅生門をやることになったので。梨木香歩がエッセイを寄稿してると知って借りてみた。

  • タイトルが絶品。こういう要約・ナビゲート本はあまり好きではないんだけど、これは読みがいのある良い本だった。ただ、この本を読まずしてこの本に書かれているようなこと(作品の生まれた背景・人生観・全作品を俯瞰しての彼の人生のうねり等々)を読みとれたらきっとものすごーーーーーーく面白かったんだろうな。ただ私にそこをつかみとる文章読解能力があるとはなかなか思えないけど。とりあえずこれからもっと面白く芥川作品が読めそうです。

全24件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

文豪ナビ 芥川龍之介 (新潮文庫)に関連するまとめ

文豪ナビ 芥川龍之介 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文豪ナビ 芥川龍之介 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文豪ナビ 芥川龍之介 (新潮文庫)の作品紹介

「蜘蛛の糸」や「鼻」の話、知っていますか?黒沢明監督の名画「羅生門」の原作も芥川です。35歳で自殺するまで、彼は短編小説の可能性に挑戦し、大正期の流行作家として活躍、芥川賞の名にもなったほど。毒気のある香りを放つ名文、古今東西の素材を使った技を味わってみませんか。

ツイートする