蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

  • 4077人登録
  • 3.74評価
    • (406)
    • (486)
    • (759)
    • (32)
    • (7)
  • 392レビュー
著者 : 芥川龍之介
  • 新潮社 (1968年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101025032

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幼い頃父に何度も「蜘蛛の糸」と「杜子春」の話を聞かされた記憶がある。もちろんその頃は、芥川龍之介の名だと知らずに、ただ面白い話だなーと幼いながらに父の話に聴き入った。それが芥川龍之介の作品であることを知るのは数年後の事である。そしてまた改めてこの作品を読んでみた。そんな話が詰まっている本書は、10編の短編から成っている。

    「蜘蛛の糸」...罪人カンダタが、蜘蛛の糸を使って地獄から抜け出そうと話。
    「犬と笛」...髪長彦が、笛と3匹の犬をお共にお姫様を救おうとする話。
    「蜜柑」...現実に嫌気がさした憂鬱気味の主人公の【私】が、電車でたまたま乗り合わせた娘の行動に感銘を受ける話。
    「魔術」...魔術師マティラム・ミスラに魅入った主人公の【私】が、ミスラから魔術を教わろうとする話。
    「杜子春」...杜子春が仙人と出会い、仙人になるために修行する話。
    「アグニの神」...妙子の父の書生である遠藤が、魔法使いに囚われている妙子を救おうとする話。
    「トロッコ」...トロッコに魅入られた良平少年が、トロッコで遊び、家に帰る話。
    「仙人」...仙人に憧れる権助が、古狐といわれる医者の妻の元で、仙人になるための修行する話。
    「猿蟹合戦」...猿の仇を討った蟹が死刑になる。猿蟹合戦のその後を描いた、猿蟹合戦のパロディー。
    「白」...犬が主人公の話。犬殺しに殺されそうになっている【黒】を見殺しにしてから、体毛が黒くなった【白】が、白の体にもどるため奮闘する話。

    個人的に好きなのは「蜘蛛の糸」「杜子春」「蜜柑」「トロッコ」だ。
    「蜘蛛の糸」は、有名ながら何度読んでも面白い。ラストで自分だけが助かろうとして失敗する姿は、人間の汚い所を見せてくれる。ラストのそんなカンダタを見る御釈迦様の表情もいい。
    「杜子春」は、金よりも大切なもの、親の愛を教えてくれた。地獄で鬼たちに鞭打たれ瀕死にながらも、息子杜子春のことを気にかけるその姿は泣ける。
    「蜜柑」は、匂いと色の表現が非常にうまい作品。文章なのに嗅覚と視覚を刺激してくる。ラストは心があったかくなってほっこりした。
    「トロッコ」...ノスタルジックな作品。これを読んでるうちに自然と自分が、少年時代の自分にタイムスリップし、主人公良平と重ねていた。少年時代の憧れ、恐怖が詰まっている。

    とにかく芥川の作品は分かりやすい。ストレートにメッセージが心に響く。幼い頃の私でも、その話の面白さ(読み聞かせであったが)が分かるほどだ。しかも分かりやすいからといって、決して子供向けであることではない。どの作品にも、人間のエゴイズムや善悪が詰まっていて、読んでいると自分もこんな汚い所あるなー、とつい考えてしまう。
    本書はどの作品も短く、それでいて濃厚で、しかも10編も味わえるのだからお得だ。短編の名手芥川の技を存分に堪能し、自分なりの好きな作品を探してみてほしい。

  • 「魔術」「アグニの神」が特に面白かった 読み手に感情移入させる巧さはさすが文豪

  • 収録話
    蜘蛛の糸、犬と笛、魔術、杜子春、アグニの神、トロッコ、仙人、猿蟹合戦、白

  • H29.10.2 読了。
    ・初芥川作品。蜘蛛の糸、犬と笛、杜子春はお気に入り。羅生門も改めてじっくりと読んでみたい。
    ・現代作品にあまり見られない道徳観がちりばめられた短編小説でした。

  • すごくおもしろかった。「犬と笛」と「白」では犬が活躍するのだけど、筆者が大の犬嫌いだなんて信じられないぐらい犬がチャーミングに描かれていて満足。内に秘めているつもりでいる煮えたぎるような欲望を見透かされた気がした。底抜けに明るいというわけでもないのになんだか読むと救われた。「トロッコ」は中学の時国語の授業で退屈な話だなと思っていたのに、いま読むとすごく良かった。芥川龍之介が題材に取り入れた今昔物語集や宇治拾遺物語を一通り読んだからか、昔読んだときよりもぐっとくる作品が多かった。

  • 芥川さん、、、好きかも。
    とししゅんはいい話。辛くても心をなくしたくはない。
    金より地位より愛だね。

    他にも、なんとも一言では形容しがたいような、とにかく終わり方は納得がいく、素敵だなぁ良いなあって思うような、切なかったり心穏やかになれたりする話が詰まっている。

    特に白と言う犬の話が心に響いた。短いストーリーなのにグッときてしまいました。
    少しファンタジーな非現実を取り込みながら、常に何か言いたいことがある、そんな作家なのかなという印象です。

  • 蜘蛛の糸、犬と笛、蜜柑、魔術、杜子春、アグニの神、トロッコ、仙人、猿蟹合戦、白
    この文庫は年少文学と呼ばれるものを主におさめてあります。

    蜜柑が一番好きでした。
    曇天の冬の日暮。疲労と倦怠に包まれた私を取り巻く憂鬱な空気。乗り合わせた薄汚い、田舎臭い少女。うんざりげんなりした気分に拍車がかかる私。けれど、ある貧しい町はずれの踏切に通りかかった時、少女が車中から見送りの弟達に蜜柑を投げる。その瞬間、少女の手から放たれた蜜柑の鮮やかな色が場面を明るくする。全てを悟った私が朗らかな気持ちになり、少女を見る目が変わる。
    ただそれだけの5ページの作品ですが、少女の健気さと蜜柑の色が鮮明に心に焼き付きました。

    トロッコ。トロッコを押す手伝いをして、遠くまで行き過ぎ、日暮れ間近に1人帰ることになってしまった男の子。必死に走って走って…

    猿蟹合戦。解説では気軽な戯作と書かれていましたが、風刺の効いたパロディが気に入りました。

    恥ずかしながら、今頃気がつきました。芥川龍之介かなり好き。
    簡潔でリズムがある文体、色彩が豊か。
    やっぱり、学校で羅生門みたいな暗いのを最初にやるのが良くないと思います。
    自殺した作家ということと、あの暗そうな顔写真で羅生門。イメージ決まってしまいます。
    昔、他に義務的に何か読んだのかな?読んでいたとしても、覚えていない。

  • 中学生とか読めばいいのに。読みやすいし楽しいの。何回も楽しいよ。お風呂で2、3編ずつ読んだ。

  • 「蜘蛛の糸」、短編の中に、かくも見事に「人間の性(さが)」が描かれていますね!

  • 年少者の為に書かれた小説という事だけれど、大人が何度も読むにたえる素晴らしい小説だと思う。
    10の短編のうち特に好きなのは「蜜柑」、「魔術」。

    「蜜柑」
    鬱々とした気分の老紳士、彼が乗っているのは夕暮れの二等客車である。疲労と倦怠につつまれただ座っていると、けたたましく乗り込んできた小娘がいる。その小娘が垢じみた着物で下品な顔立ちだなどと、老紳士は悪辣に心のうちに批評し、存在を無視してかかる。
    暫くした後、この小娘(13,4歳くらい)は汽車のガラス戸を無理にこじ開けようとするのである。冬で夜は底冷えし、トンネルにもさしかかり、煤が車内に蔓延して息もできない。

    こういった描写のあと、なぜ小娘がこんなにもガラス戸をあけることにこだわったのかが、蜜柑という小道具とともに理解るのだが、理解った瞬間、胸がポーンと弾かれたような気分になり、涙があふれた。
    短い作品の中、日常の中のどんでん返しとでも言うものに”やられた”と思う。

    「魔術師」
    インド人の魔術師のもとに弟子入りしたいと希望する日本人男性、彼に魔術師としても資質はあるのか?

    魔術師になるには、”慾”があってはいけない。”慾”は作り出すものではなく心の中にふっと湧き上がるものである。彼はこの難題をのりこえられるのか?

    インド人の邸宅の簡素で薄暗くてエキゾチックな様子と、目の前の蝋燭の炎のゆらめき。この一遍を読み終えたあと、不意に催眠術からハッと目覚めたような気分になった。

全392件中 1 - 10件を表示

芥川龍之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)に関連するまとめ

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)の単行本

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする