奉教人の死 (新潮文庫)

  • 480人登録
  • 3.47評価
    • (26)
    • (36)
    • (96)
    • (9)
    • (0)
  • 42レビュー
著者 : 芥川龍之介
  • 新潮社 (2001年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101025049

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

奉教人の死 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 芥川龍之介の短編集。大学で読まされたんだけど面白かったので。

  • 江戸時代のキリスト教徒にまつわる寓話が収められた作品集。かなり、伝承からの引用が多く、どこまでが芥川の筆によるオリジナルの文章なのかが分かり辛い。個人的には可もなく不可もない童話集といった趣を感じた。

  • 奉教人の死は、長崎の教会「さんた・るちあ」に、「ろおれんぞ」という美少年がいた。彼は自身の素性を周囲に問われても、故郷は「はらいそ」(天国)、父は「でうす」(天主)と笑って答えるのみだったが、その信仰の固さは教会の長老も舌を巻くほどだった。ところが、彼をめぐって不義密通の噂が立つ。教会に通う傘屋の娘が、ろおれんぞに想いを寄せて色目を使うのみならず、彼と恋文を交わしているというのである。長老衆は苦々しげにろおれんぞを問い詰めるが、彼は涙声で身の潔白を訴えるばかりだった。
    ほどなく、傘屋の娘が妊娠し、父親や長老の前で「腹の子の父親は『ろおれんぞ様』」と宣言する。皆から愛されていたろおれんぞも、姦淫の罪によって破門を宣告され、教会を追い出される。身寄りの無い彼は乞食同然の姿で長崎の町を彷徨うことになったが、その境遇にあっても、他の信者から疎んじられようとも、教会へ足を運んで祈るのだった。一方、傘屋の娘は月満ちて、玉のような女の子を産む。ろおれんぞを憎む傘屋の翁も、さすがに初孫には顔をほころばせるのだった。
    そんなある日、長崎の町が大火に見舞われる。傘屋の翁と娘は炎の中を辛くも逃げ出すが、一息ついたところで赤子を燃え上がる家に置きざりにしたことに気がつき、半狂乱となる。そこにろおれんぞが現れて……。

    煙草と悪魔は、天文18年(1549年)、フランシスコ・ザビエルはキリスト教を広めるべく日本に渡来した。一方、彼に仕えるイルマン(伊留満、宣教師)に化けた悪魔も日本にやってきた。マルコ・ポーロの東方見聞録にあるジパングの記述とは程遠い日本の景色を見物して歩きながら、日本人をどうやって誘惑してやろうかと一人ほくそ笑む悪魔だったが、そもそもキリシタンが居ないことには誰も誘惑しようがない。そこで悪魔は当座の暇つぶしとして、畑と農具を借り、園芸を始めることにした。ザビエルも、彼が西洋の薬用植物か何かを日本で栽培するのだと思って、「それはとてもいいことですね」と賛同した。
    おりしも春たけなわ。遠くの寺の梵鐘の音が聞こえてくる。それがまたのどかで、西洋の教会の甲高い鐘の音に慣れていた悪魔にとって、こののんびりとした梵鐘の音を聞きながら霞でぼんやりとした日の光にあたっていると、不思議と心が緩んできてしまい、悪をする気になれず、かといって善をなす気にもなれない。そんなもやもやとした眠気を払うかのように、大嫌いな労働であるはずの畑仕事に、より一層精を出す悪魔だった。
    耕し終えた畑に、悪魔は耳の中に隠し持っていた何かの種をまく。やがて芽吹いて成長し、夏の終わりに至るや、漏斗のような形をした紫色の花が開いた。しかし、その植物の名を知るものは、誰も居ない。ザビエルが尋ねても、悪魔はただ笑うばかりだった。
    さて、ザビエルが伝道のために南蛮寺を留守にしたある日のこと。畑の手入れをする悪魔に、一人の牛商人が声を掛けてきた。その花の名前を教えて欲しいという。教えられない、と断る悪魔だったが、牛商人は続ける。
    「一つお教え下さいませんか。手前も、近頃はフランシス様の御教化を受けて、この通り御宗旨に帰依しておりますのですから」
    彼の胸には、小さな十字架が光っていた。ようやく「誘惑できる日本人」を発見した悪魔はほくそ笑みながら、言葉巧みに日本人を誘い、ついに「御主の名に誓って」契約を結ばせた。
    「この植物の名をあなたが3日のうちに答えたら、この畑の植物をすべてあなたにあげましょう。当たらなかったら、あなたの体と魂をもらいましょう」
    イルマンの正体が悪魔だと知った牛商人は、激しく後悔した。ザビエルは旅行中で助けを頼むわけにもいかない。このままでは、いずれ自分は地獄の炎に焼かれてしまうだろう。
    3日もの間悩みぬいた彼は、ついにある行動に出る。
    悪魔が眠っている深夜、飼っ... 続きを読む

  • 長崎旅行を前に、長崎切支丹を描いた「奉教人の死」と「おぎん」の短編を読むために手に取りました。芥川の切支丹物を集めた短編集です。芥川がキリスト教に対して思う本音が垣間見えて、どの作品も面白く読みました。文体が古い物は難解ですが、諦めずに読んで良かったです。表題の面白さは格別でしたが、脇の教徒たちの冷酷さ愚かさに「宗教って何だろう」とその意味を熟考したくなります。讃えられることの多い細川ガラシャを、侍女の立場から激しく罵倒し皮肉っている「糸女覚え書」は笑ってしまいました。面白かった。

  • 切支丹物11編。1話目『煙草と悪魔』に悪魔が出てきて話の展開がお伽話のようで読みやすかったです。悪魔は『おぎん』でも登場。日の当たるところには影ができるように神の存在するところには悪魔も必然的に存在するんですよね。『奉教人の死』や『報恩記』では尊い信仰心が描かれているようで、でも人間の儚さ愚かさがラストに心に残ってしまうような趣にさせられます。『おぎん 』『おしの』の対比はかなり面白かったです。『おぎん』では自らの死を目前にして信仰を捨てた家族。『おしの』では子どもの命を救うために神父に会いに来たもののイエスの最期に失望し憤った母親は捨て台詞を放って去っていく。どちらもキリスト教から離れるのですが、後味はかなり違います。全体的に悪魔が蔓延っていて知らず知らずのうちに踊らされているような気持ちにさせられました。

  • 煙草と悪魔、奉教人の死、るしへる、報恩記など
    切支丹物

  • 殉教したキリスト教徒の女、ろおれんぞ。

  • キリスト教ものの短編集。それぞれ面白かったが、マンネリと称されたのにも納得

    収録作品:『煙草と悪魔』『さまよえる猶太人』『奉教人の死』『るしへる』『きりしとほろ上人伝』『黒衣聖母』『神神の微笑』『報恩記』『おぎん』『おしの』『糸女覚え書』

  • 日本に来た全ての教えは作り変えられてしまう。
    キリストを軟弱と非難する武家の女性。
    細川ガラシャを皮肉る。

  • 芥川龍之介の、キリシタンの話をまとめた本。基本的には信心深い方が出てくるのですが、それ故の大きな葛藤や苦難、献身、棄教など、とてもスケールの大きな話が詰まっています。悪魔なども出てきてファンタジックな所も。実際の資料半分創作半分などを、わざと古語体にして実話の様にしたり、資料を混ぜ込んできたり、構成も凄く巧みだなぁと感心するばかり。物語調の物も多いので、日本、正義、誠実さ、など、幅広い事に関する寓話もとても深みがあった

  • 芥川自身は、この奉教人の死がお気に入りだったのではないかと推察しします

  • “おぎん”と“おしの”のキャラクターが良い。

  • (1999.08.27読了)(1998.12.01購入)
    (あ-1-4)
    収録作品
    ・「煙草と悪魔」
    ・「さまよえる猶太人」
    ・「奉教人の死」
    ・「るしへる」
    ・「きりしとほろ上人伝」
    ・「黒衣聖母」
    ・「神神の微笑」
    ・「報恩記」
    ・「おぎん」
    ・「おしの」
    ・「糸女覚え書」
    「南蛮物」もしくは「切支丹物」といわれる作品。(160頁)

  • 切支丹を扱った短編集。
    かといって宗教色が強いわけではなく、あくまで「お話」。
    外来文化等をうまくネタにし、人間の心の弱さを皮肉った構成は流石。
    収録されている中では煙草と悪魔が好きです。
    芥川さんの書く、キリスト教を扱った作品が好きです。

  • 「切支丹もの」短編集

    「煙草と悪魔」
    神と悪魔がワンセットで日本に来る話
    おかげで人生の悩みが増えました

    「さまよえる猶太人」
    イエスの呪いをある種の特権としてむしろ誇らしげに語る男
    しかし彼が最後の審判で天国の門をくぐれるという保証はない

    「奉教人の死」
    人間はおろかでみにくい存在だが
    神の使いはそんな人間のために身を投げ出すという話

    「るしへる」
    神に仕えるのがバカバカしくなってしまった人の話
    ある意味「奉教人の死」と相対する内容

    「神々の微笑」
    ぬかみそのような日本文化

    「報恩記」
    善意の交換がなぜか憎しみを生む

    「おぎん」
    無知は罪か

    「糸女覚え書」
    細川ガラシャについての創作ゴシップ話
    神に祈ってる間に事態がどんどん悪化する

  • 芥川のキリシタン系の小話集。

    もうちょっと宗教についての知識と古典の知識がないとなぁ。

  • キリスト教を主題とした短編数編。キリスト教伝来時の日本人と宣教師の姿、キリスト教の本質、日本人の宗教観がそこに垣間見える。芥川氏独特の悪魔の定義が面白い。悪魔なのに人間味があるというか・・・。
    「悪魔が日本にタバコをもたらした」という説を小説風に仕立てた短編や、悪魔の言い分を書き上げた短編など非常に読み応えがある。明治、大正という時代背景を考えると、芥川氏こそが近代文学の萌芽であると言えるだろう。

  • 奉教人の死。
    小学校のころに朝読があり、そこではじめて読んだかな。
    内容も素晴らしいが、語り手に力量があればここまで小説は昇華される。
    そんな一例。

  • 芥川の「切支丹物」作品集。「煙草と悪魔」「さまよえる猶太人」「るしへる」「神神の微笑」「おぎん」が面白い。実存が信仰を決断しそれを意味あるものたらしめるのだろうか。或いは、信仰そのものが信仰に報いるのだろうか。実存が信仰に意味を与えるのか、信仰の中で実存は意味を与えられるのか。実存/信仰、個人/神。難しい問題だ。

  • 思いがけず面白かった!一編が10~20ページ台の短さな上、文章が現代風で、教科書に載っているような古典的なイメージとは違いました。
    聞き語りや小説、記録調など形を変えて語られる「切支丹物」。
    作者が書く人間の感覚、鋭くも皮肉に、また斜めからも切り込まれるような文章の力に引き込まれました。言葉への注解が多いが、いちいち巻末を見なくても流れで理解できるし、細かいことをあまり気にせずに読んでもいい。
    切支丹や宣教師を扱っているというのに、逆に強く「日本」を浮き彫りにさせるものが多いです。
    目当ての『神神の微笑』も期待以上の面白さだったが、表題作の『奉教人の死』や『煙草と悪魔』『黒衣聖母』『おぎん』『おしの』など、他の作品も意外なほど楽しめた当たり本。

  • 表題作のほか、「報恩記」、「おぎん」がおもしろい。10.9.23

  • 彷徨えるユダヤ人とは何かというと、これはイエスクリストの呪を背負って、最後の審判の来る日を待ちながら、永久に漂浪を続けているユダヤ人のことである。
    やはり十字架の御威光の前には汚らわしい日本の霊の力も勝利を占めることは難しいと見える。

  • 収録:「煙草と悪魔」「さまよえる猶太人」「奉教人の死」「るしへる」「きりしとほろ上人伝」「黒衣聖母」「神神の微笑」「報恩記」「おぎん」「おしの」「糸女覚え書」

全42件中 1 - 25件を表示

奉教人の死 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

奉教人の死 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

奉教人の死 (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする