侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫)

  • 866人登録
  • 3.58評価
    • (63)
    • (72)
    • (168)
    • (9)
    • (3)
  • 97レビュー
著者 : 芥川龍之介
  • 新潮社 (1968年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101025070

侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『侏儒の言葉』

    わたしは良心を持っていない。
    わたしは度たび嘘をついた。
    わたしは勿論失敗だった。

    この頃の芥川は眠りにつく床の中でぼんやりと思い返していたのかもしれない。芥川龍之介として生きてきた日々を・・・まるでフィルターがかかったような霧のなかで、どこへ向かうことも諦めたような彼の背中が浮かび上がってくるようです。

    眠りは死よりも愉快である。

    近づく最期にまだ彼自身気づいてはいなかったのかもしれないと思えました。

    『西方の人』
    聖霊というものが、よく目につきました。マリアが戓夜聖霊に感じてクリストを生み落したことから始まります。
    聖霊は必ずしも「聖なるもの」ではない。現実を超えんとし続ける革新的な浪漫精神をもったもの。
    聖霊の子どもだったクリスト。
    そこに芥川の何かこだわりを感じました。

  • 芥川龍之介。先に読んだ『歯車』の中にあった「僕はナポレオンを見つめたまま。僕自身の作品を考え出した。するとまず記憶に浮かんだのは『侏儒の言葉』の中のアフォリズムだった。(殊に『人生は地獄よりも地獄的である』という言葉だった)‥」この一文をきっかけにチョイス。

    芥川が対象(外なる世界)を内なる世界に取り込むために綴るコトバの数々は、広がりと奥行きを芥川の世界に与え、なにより身近に彼を感じさせてくれるが、同時に芥川の抱える根源的な問題を直視することになる。(咀嚼)消化吸収し同化するかのように計らわられる外界との調和は自己との交渉ともいえる。この作業が辛うじて芥川の正気を保ってた時に行われていたとすれば『侏儒の言葉』から『続西方の人』にいたる4篇はまさに「人生は地獄よりも地獄的である」というアフォリズムを本質とした作品群だったといえる。

  •  侏儒の言葉には覚えておきたい言葉も惹かれるフレーズも多くあった。生前に掲載されたものと遺稿に分かれるが、どちらを読んでも文学者としての目指すところや考え方に触れることができるように思えたし、これを読んだ後にその作者の自殺について考えるとなんとなく頷けてしまうのが正直なところ。
     芥川のイエス論である西方の人は、イエス・キリストにも聖書についても知識が乏しい私にはいまいちぴんとこなかった。聖書からの引用も多いし、説いてるのがイエス・キリストの話なので。かといって、当分は聖書を読む気もないのでこのままで放置に決定。またいつか、聖書を読めた際にでも読み直してみたい。

  • (04.10.2017)

  • 評価が低いのはあくまでもわたしの読解力の無さが因である。
    芥川の生きた時代背景を知らないと理解しがたい。ただ芥川の意外な一面を見せてもらった気はする。ニッと笑わせてくれたりして・・・キリスト様については何せ宗教の事ですからコメントする事は何もございません。あの世は有るのか、無いのかからスタートする話ですから・・・

  • 機知に富んでいて、面白いし、深い。そして、何故か悲しい。ここまで気づいてしまう彼が。

  • 帯に書かれているように、芥川最期の狂気が溢れるような一冊だった。

  • 「侏儒の言葉」
    ここまで人や世界が見てしまうと、そりゃぁ自殺したくもなるわなぁ…という感想。

    「西方の人」
    キリスト教的な前提知識が無きに等しいこともあり、晦渋過ぎて意味が全くわからなかった。

  • 芥川龍之介は作家であり、書家であり、画家であり・・・、哲学者であり・・・、まさに天才でしたね!

  • 1990 読了

全97件中 1 - 10件を表示

芥川龍之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
谷崎 潤一郎
梶井 基次郎
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

侏儒の言葉・西方の人 (新潮文庫)の作品紹介

眠りは死よりも愉快である。少くとも容易には違いあるまい-。鋭敏な頭脳と表現力を無尽に駆使し、世に溢れる偽善や欺瞞を嘲る。死に取り憑かれた鬼才の懐疑的な顔つきと厭世的な精神を鮮烈に伝えるアフォリズム(『侏儒の言葉』)。自らの人生を聖者キリストに重ね、感情を移入して自己の悲しさ、あるいは苦痛を訴える(『西方の人』)。自殺の直前に執筆された芥川文学の総決算。

ツイートする