写楽 閉じた国の幻〈下〉 (新潮文庫)

  • 728人登録
  • 3.65評価
    • (47)
    • (127)
    • (82)
    • (19)
    • (9)
  • 104レビュー
著者 : 島田荘司
  • 新潮社 (2013年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101033136

写楽 閉じた国の幻〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 写楽の正体を追う部分は面白かったし江戸歌舞伎の風景が描写されていて興味深かった。が、小説としてはイマイチ…。
    と思っていたらあとがきで作者自身が、「写楽論だけで分量がいっぱいになっちゃって、登場人物のストーリーいろいろ用意してたのに盛り込めなかったよー無念」って言ってた。え、失敗作宣言?
    でもまあ作者も、写楽の正体に関する自説を論じたかった、それが目的だったみたいなので、まあそれだったらいいんじゃないですかね…。小説だと思って読むと金返せって気分になるが、『写楽の正体』みたいな胡散臭気な新書だったら読み切れなかったかもしれないし…。

  • ある程度以上気に入った本しか本棚に登録しない主義なので、登録自体結構迷いましたが、単純につまらなかった訳でもなく、それなりに気持ちに残っているので登録することに。

    核である「写楽の正体」の推理自体は(学問的にどうなのかはともかく)面白く、蔦屋重三郎をはじめとする江戸篇の登場人物も魅力的でした。
    もともと蔦重が好きなのもありますが、ここだけでも評価に値すると思います。

    ただ、小説としては、自分のことしか考えていない主人公に全く魅力がなく、主人公を助ける女性教授も都合のいいキャラクターでしかないので、現代編で感情移入できる人物が誰もいないのがつらかったし、あからさまに実在の事件を思わせる導入部(遺族や関係者は話題になったことで傷ついたかも)に必然性が感じられないことにも苛立ちました。

    連載がおわったあと、単行本化に当たって、あるいは文庫化に当たって、大幅に書き直す必要があったんじゃないかと思うんですが…。

    蔦重が(もともと)好きなので、彼に免じて★2つ半ってところでしょうか。

  • この本を読んでしまうと、写楽の正体はコレしかあり得ないと思えてしまうのだけど、真実はどうなのだろう。

    ただこの本の面白さは、写楽の正体を解き明かしていく点だけでなかった。

    その過程で描かれる当時の江戸庶民の生活事情(倹約が義務付けられていた)や、将軍に謁見する為、出島からオランダ人がはるばる上京する江戸参府(彼らも厳しい監視体制下にあり自由行動が許されなかった)など、勉強になることが多かった。

    あと、浮世絵が絵師(下絵)、彫師、刷師、三者の分業で行われていたことも。彫り、刷りの過程を熟練の職人が行うことで、下絵のオリジナリティが薄まり、絵師写楽の正体の謎を深めた様だ。

    "写楽現象"に関わった人たち(本書の仮説の様だが)がまたいい。
    浮世絵の版元で蔦屋重三郎という人物も男気があって魅力的だし、若かりし春朗(北斎)の素朴さもいい。
    前半で生涯が描かれる平賀源内の天才ぶりもまた、興味深かった。

    現代編だけでなく、江戸編で生活者の目線で当時を見せてくれるあたりも上手い!と思った。
    現代編では主人公の厳しい現実が迫ってくるので読む方もキツイが、江戸編で救われる。

    でも何といっても、一見無関係に思える回転ドアの悲劇的な事故と、写楽作品、そして混血の女性教授の共通点には、こう来たか!と唸らされた。緻密なプロットがあったのね。

    ただ、あとがきによれば、思い入れが強い分想定以上に頁数が増え、書くはずだった裏ストーリーが一行も書けなかったらしい。

    確かに前半は説明的に長々と同じ内容を繰り返し描かれており読み進めるのが少々辛い。後半はスピード感がありサクサクいけた。
    裏ストーリーがあるなら続編も読みたい。

    あとがきで、以前の浮世絵軽視の風潮や初期の推理(探偵)小説への蔑視を"常識の暴力"と呼ぶ作者。固定観念を嫌い、浮世絵の常識を打ち破った蔦屋に敬意を払う熱い気持ちが伝わってくる。

    "写楽現象"の写楽の正体とは。個人的には今までそんなことを考えてみたことも無かった。
    でも改めて浮世絵を見比べると確かに写楽の(特に初期)は他と大きく違う。面白いなぁ。

    この本を読み終わった今、江戸時代の魅力的な登場人物や、人々の暮らし、歌舞伎や浮世絵、もっと安価に楽しめたはずの落語、色々なものに派生して興味が湧いた。
    しばらく江戸がマイブームになりそう。。

  • 面白かった。写楽、しきうつし楽しみ。江戸の粋を見た気分です。鎖国という閉鎖的な環境に咲いた一輪の江戸っ子の意地。頭が下がる。命をかけてでも何かを遺す。教えられた気がします。

  • 凄い話だった。スケールが大きく興奮した。歴史物でもあり、ミステリーでもあり、謎解きの要素もあり。満足。

  • 歴史検証ものとしても楽しめますが、純粋に写楽とは誰だったのかというフーダニットでもある。久々に、流石島田荘司!と拳を握りました。
    読み出したら止まらない止まらない。一気読み。きっちりとデータを並べ、推理の過程を書き込んでくれるので、読み手のこちらもさまざま思考を重ねながら読むことが出来る。その分、上巻が冗長過ぎた気もするんですがー…著者の思考の過程を読んでいるのだなと思えばそれもまた楽しくもあり。
    回収できていないエピソードがあり、その点がもやもやしますが差し引いても、この面白さ。流石です。

  • 面白かった! 確かに、回収されない伏線や説明されない疑問など、物語としての瑕疵はあるものの、ミステリー界の大御所島田荘司が今こんなに熱のこもった作品を世に出したことに感動。
    もちろん「写楽」の謎に対する解答は鮮やか。島田荘司ならではの答えだと思うし、説得力も抜群。これが正解!と思える内容だった。個人的には、解答に至る前の課題設定のしかたにも、というかそこにこそ瞠目。どんな仕事もそこがキモなんだよなぁ…などと、つい我が身を反省してしまった。

  • 歴代ミステリーとしては最高に楽しい作品で作者の労力に感服しつつ楽しく読ましていただきました。これは実話だと思います。ぜひ次作にてそれを証明してほしいと思います。

  • 写楽は誰なのか?
    というのは、結構いろんなかたが書いてますね。高橋克彦はもともと浮世絵の謎でデビューしてるし、松本清張なんかも書いてる。

    しかし、これはある意味目から鱗のユニークな説。なるほど、そういう解釈ですか。ちなみに当時のドイツ人の美術評論家はこの時代の3大肖像画家にレンブラントとともに写楽をあげているそうです。

    わくわくエキサイティングな説の展開、なかなか良いのですが
    小説としては 明白な瑕疵がありますね、おしいです。

  • 幻の画家写楽の正体が明かされる?下巻。作者の考えは下巻のはじめの方でわかるのだが、作者自身が認めているように、写楽にしろ、片桐教授にしろ謎がたくさん残されたまま終わっており、正直なところ未完。写楽第一期はよいとしても、作者説だと二期以降はどうなるのか。仮に別人が描いたとして、中見でないのはなぜなのか。片桐教授はなぜ佐藤の手助けをするのか。見つかっていた肉筆画と教授の関係は?
    最後まで描ききってほしいけど、難しいのかな。自説を丁寧に説明したいからだろうけど、佐藤の推理→皆で討議→江戸編と、同じような話が繰り返されるのがちょっとしつこいので、そこをコンパクトにして三分冊で最後まで書ききっていれば、本格ミステリ大賞だったのでは。

全104件中 1 - 10件を表示

島田荘司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

写楽 閉じた国の幻〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

写楽 閉じた国の幻〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

写楽 閉じた国の幻〈下〉 (新潮文庫)の作品紹介

謎の浮世絵師・写楽の正体を追う佐藤貞三は、ある仮説にたどり着く。それは「写楽探し」の常識を根底から覆すものだった…。田沼意次の開放政策と喜多川歌麿の激怒。オランダ人の墓石。東洲斎写楽という号の意味。すべての欠片が揃うとき、世界を、歴史を騙した「天才画家」の真実が白日の下に晒される-。推理と論理によって現実を超克した、空前絶後の小説。写楽、証明終了。

写楽 閉じた国の幻〈下〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする