山椒魚 (新潮文庫)

  • 1496人登録
  • 3.41評価
    • (69)
    • (132)
    • (285)
    • (40)
    • (6)
  • 144レビュー
著者 : 井伏鱒二
  • 新潮社 (1948年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101034027

山椒魚 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 物語に余白があって、
    その余白のことを想像してみることが楽しくなったのは
    本当に最近のことです。
    それまでは、はっきりくっきりしないのが
    もどかしくてむずがゆかった。
    私の大好きな山椒魚という小説にも
    読む人で色々な捉え方ができる小説です。

    あの時こうしていれば、こっちの道を選んでいれば。
    穴倉になんか入らなければ。
    人は出来なかったことを嘆いて生きていくけど、
    それだけでは息さえできない。
    カエルがどんな気持ちで
    「今でも別におまえのことはおこってはいないんだ」
    と言ったのか、もっともっと
    この人生で考えて考えて
    答えをだしていきたいと思います。

    「掛持ち」もこの短編集の中で好きな一つです。
    人には同時に一面だけでなく
    二面三面と色々な顔をもつ生き物。
    高校の友達と大学の時に知り合った友達とを
    引きあわせて一緒に遊んだ時に感じた
    居心地の悪い感じを思いだしました。
    「大学ではそんな感じのキャラなんだ?」的な視線を感じて
    あぁ恥ずかしいと思っていたあの時の気持ち。

    私は今までその人の性格がその人の人生や役割をつくっていくと思っていたけど、
    それは逆で人は与えられた役割の中に順応して性格や
    人生が形成されるのかもしれない。
    囚人と刑務官が実験で役割交代をしたら
    その人たちの性格が反転してしまったように。
    性格を人は重視して一番大事な判断材料のように扱うけれど、
    もしかして、本当はそんなに自分たちが思っているほどには
    大した物ではないのかもしれない。
    そう思えると、私には最後に主人公がふっと肩の力がぬけた理由が見えてきた気がします。

  • 「誰も言ってはならぬ。」

    岩屋の棲家に暮して2年。気がつけば身体は岩屋の入口より大きくなり、外へ出ることはかなわなくなっていた山椒魚の悲哀を描く「山椒魚」。「朽助のいる谷間」「岬の風景」「へんろう宿」「掛持ち」「シグレ島叙景」「言葉について」「寒山拾得」「夜ふけと梅の花」「女人来訪」「屋根の上のサワン」「大空の鷲」12編の短編を収録。

    本には興味が無いという同僚ですら「からだが大きくなっちゃって出られなくなる話でしょ?」という井伏鱒二の「山椒魚」。

    この話、よほどインパクトがあるのか、あるいは教科書にのってでもいたのだったか。とりもなおさず日本一有名な山椒魚くんである。

    岩屋から出られなくなっていることに2年も気づかないないうっかり者である上、出られないとわかっていながら、岩屋の入口に何度もヅツキを食らわせて、その度に全身コルク栓と化して、小蝦の失笑を買ったりしている。

    死ぬまでそこからでられないという、これが例えば人間の話ならば、笑ってなどはいられないだろうが、悲劇の主人公を山椒魚にすることでこの話はある種のユーモアを伴ったペーソスを以って読者に迫ってくる。

    何しろ発表された当初のこの作品のタイトルは「幽閉」だったというのだから。タイトルを「山椒魚」とし、言い方を変えれば、これが山椒魚の身の上におきたことになっていることで救われるというか。山椒魚くん、ごめんよ。

    岩屋の中に閉じ込められて一生を終わるつらさは山椒魚にしかわからない。だからこの話にはなんびとも共感したなどと言ってはならない。

    言うことを許されるものがあるとするならば、それは理不尽にも山椒魚によって同じ岩屋に閉じ込められ、格闘の末に同じように一生ここから出られぬと観念し、山椒魚に対して「今でもべつにお前のことをおこってはいないんだ」という境地に至った蛙のみである。

  • 週刊モーニングに掲載されていた漫画「草子ブックガイド」に山椒魚の話が取り上げられていた。山椒魚には3つのバージョン違いがあるのだそうである。山椒魚。昔、教科書に載ってたな。しかし、井伏鱒二については山椒魚しか知らない。
    そういえば、昔、東京都下は中央線近くに住み始めたとき、父が荻窪には井伏鱒二が居たんだよと云っていた。まあ、その程度の知識しかない。

    久しぶりの山椒魚。少年の頃は和解の物語と読んだが、今読むと蛙が死を前にしていることを昔より意識せざるを得ない。

    その他の短編。遅れてきた高等遊民のよう。女性から不良だと云われるし、好色さを見抜かれている。
    変な処の旅先の話が多い。つまり放浪の人なのか。幼さを残している少女が土地柄か、ぶっきらぼうな口をきく。彼女にいやがらせをする少年と主人公の会話が最後のシーン。つげ義春の「もっきりやの少女」とか「紅い花」を想い出す。つげ義春も中央線の人だったかな。

    「屋根の上のサワン」愛情と束縛。山椒魚に通じるような物語。
    「女人来訪」など、嘘だとは言わないが、どこか本当らしくない話。

    人生なんて無用なものかと思えてくる。そんな短編集。

  • おそらく読んだのは国語の教科書以来のはず。山椒魚がこんなに短いとは思わなかった。
    タイトルから遠くにすっと持っていかれる感のある作品も多く、これがこの作者の特徴なのかもしれない。

  • 小学校時に通っていた塾でこの「山椒魚」に出会った。すごく面白くて続きがやたらに気になった記憶がある。なんともいえないおかしさのようなものを感じていたのだと思う。
    後日読んだらなんだここで終わりなのか、と思った記憶も。

  • 確かこの小説に出あったのは、私が中学性の時だった様に記憶している。

    先程、急に岩戸の暗闇で二匹が静かに語らず、息も殺して過ごす夏を思い出し、あの空気感に浸りたく近所の本屋で買って来た…

    全く身動き出来ない不自由な二匹…
    そろそろ最期を迎えるであろう頃
    二匹の心は宇宙大の拡がりを見せる…

    ままならない人生のほんの数分…
    この小説でなんとも言い難い空気感を味わって見ても損はないと思う…。

  • 『シグレ島叙景』『へんろう宿』辺りを読んでる最中、なんだか『不思議の国のアリス』を読んでる時と似た感覚に陥ったんですが、これは作品に漂うユーモアと、主人公とその周囲にある疎通できない壁みたいなのを感じるところから来てるのかな。
    主に初期の作品を集めたモノですが、どれも読みやすく飄々としたユーモアで面白かった。

  • 別の小説のセリフの中に出てきた本だったので読んでみた。うーん、分かるような分からないような、、、

    その別の小説内の解釈が好きで読んでみたんだが、私の理解力が足りないのか、、、そしてその別の小説ってのが思い出せない、、、!

  • 正直よくわからなかった。手に取るのはまだ早かったかな……しかし素直な心で素直に味わうことが出来れば必ず面白い、と評されているようなので、あるいは遅かったのかもしれない。目を見張るほど鮮やかかつ艶やかな描写に目を覚まされることが時折あれど、全体としてはつかみ損ねたかな、という感じ。ただ、動物の描写、あるいは動物が出てくる物語は、比較的読みやすかったし、生き生きとした脈動が感ぜられるように思った。あと数年したらまた読んでみよう……。

  • 辻原登の本の中で、井伏とコルタサル二つの「山椒魚」の読み比べを進めていたので再読。まだ、コルタサルな読んでないが。

    今では、井伏氏の描く日常がピンとこないので作品を理解するのに苦労するものもあったが、この短編集はバラエティもあり、サスペンス風のもの、掛け合い漫才風のもの、動物もの色々あり楽しめました。あまり名作だからと構えて読まないほうがいい。

全144件中 1 - 10件を表示

井伏鱒二の作品

山椒魚 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

山椒魚 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

山椒魚 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

山椒魚 (新潮文庫)の作品紹介

老成と若さの不思議な混淆、これを貫くのは豊かな詩精神。飄々として明るく踉々として暗い。本書は初期の短編より代表作を収める短編集である。岩屋の中に棲んでいるうちに体が大きくなり、外へ出られなくなった山椒魚の狼狽、かなしみのさまをユーモラスに描く処女作『山椒魚』、大空への旅の誘いを抒情的に描いた『屋根の上のサワン』ほか、『朽助のいる谷間』など12編。

山椒魚 (新潮文庫)の単行本

山椒魚 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする