武蔵野 (新潮文庫)

  • 410人登録
  • 3.43評価
    • (19)
    • (20)
    • (60)
    • (6)
    • (3)
  • 31レビュー
著者 : 国木田独歩
  • 新潮社 (1949年5月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101035017

武蔵野 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 毎年「武蔵野」だけを秋に読む。
    文体も描写も大大大好き。

  •  表題作の「武蔵野」目当てに読み始めたが、それがやっぱり一番よかった。
     「武蔵野」より、『武蔵野を散歩する人は、道に迷うことを苦にしてはならない。どの路でも足の向く方向へ行けば、必ずそこに見るべく、聞くべく、感ずべき獲物がある。』の心地よさ。
     小説は自然描写が綺麗だった。
     収録されている短編で好きなのは切なさと虚しさが心に来る「源叔父」、人生とはなんぞやと問いたくなる「まぼろし」、ほんわかしたり突き落としたり「鹿狩り」、微笑ましい「初恋」。
     ほんわかまったりで来てから最後で落としてしんみりさせる形式が多い印象。

  • 銚子生まれ……なのでゆかりの作家には違いないが、小説の題材となった武蔵野をはじめ、銚子を題材とした作品は本書にはない。自然主義ということをひしひしと感じる短編集だった。文語体の作品も七五調のようにテンポよく読み進められた。言文一致の文章は、それよりも自然と感情を現代の読者に理解しやすいものだった。「小春」のようなエッセイとも言える短編も新鮮だ。

  • 武蔵野の情景描写が読み進めていくと出てくる。短編で読み応えはあるが眠くなる。埼玉のあたりや川崎とかも出てきた。

  • 武蔵野のほか十七編がおさめられている。
    「武蔵野」を読み始めでは、なんと退屈な文章なのだろうと感じた。しかし読み進むにつれ、情景描写や自然な話の流れに引き込まれていくようであった。
    大変読みやすい現代口語調の作品もあるが、文語体の作品もあるので読むのに多少骨が折れた。
    他の作品も読んでみたい。

  •  小学生の頃から書名を知っている本だが、この年になって初めて読んだ。
     といってもまだ表題作の「武蔵野」だけだが。
     独歩が「武蔵野」と言っているのは、大部分が
    当事住んでいた 渋谷村の周辺であり、今そこに
    行っても面影は無い。
     だが後半 境(現在の武蔵境)から桜橋を経て、
    玉川上水の堤を歩く場面がある。解説によればこちらは
    今も面影を残すそうなので、今度行ってみよう。

     読み終わった。自分にとって読みやすい話と読みづらい話が混在している。

    武蔵野・・・前半やや読みづらく、後半読みやすい。
    郊外 ・・・・読みづらい。
    わかれ・・・・
    置土産・・・・
    源叔父・・・・読みづらい。話も悲しくて。
    星  ・・・・
    たき火・・・・
    おとずれ・・・
    詩想 ・・・・読みやすい。
    忘れえぬ人々・真ん中。
    まぼろし・・・
    鹿狩り ・・・普通。
    河霧  ・・・
    小春  ・・・
    遺言  ・・・
    初孫  ・・・
    初恋  ・・・読みやすい。一番好き。
    糸くず ・・・読みやすい。でも楽しくない。

  • 再読だが、表題作に書かれている日記の美しさは、いつ読んでも感心する。
    「朝は霧深く、午後は晴る、夜に入りて雲の絶間の月さゆ。」
    言葉も簡潔で語調も良く、一日の天候の変化が目の当たりであり、なお且つ著者自身の心情をも傍らに感じる。
    こんな素晴らしい気象通報なら聞いていて飽きないだろう。

  • 武蔵野を愛した著者、ということがよーく伝わってくる一冊でした。景色はだいぶ変わってしまっているだろう今でも自分としては多摩地域はどこを歩いても、どっちに向かって自転車をこいでも、気持ちのいい景色や風に出会えていつも「どこでもいいから気の向くままに」くらいの感覚で出かけていますが、彼もそんな気持ちだったんじゃないかなと思いました。
    ただ、文章がちょっと古いので自分は読みにくかった。。最後の方は正直飛ばし読みでした。^^;

  • 「山林に自由存す。われ此の句を吟じて血のわくを覚ゆ」

  • 受験で名前だけ覚えた本を読んでみようシリーズ。

    「あひびき」を既に読んでいたので、色々と面白かった。

全31件中 1 - 10件を表示

国木田独歩の作品

武蔵野 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

武蔵野 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

武蔵野 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

武蔵野 (新潮文庫)の文庫

武蔵野 (新潮文庫)のオンデマンド (ペーパーバック)

武蔵野 (新潮文庫)の文庫

ツイートする