マツ☆キヨ: 「ヘンな人」で生きる技術 (新潮文庫)

  • 214人登録
  • 3.61評価
    • (8)
    • (35)
    • (21)
    • (4)
    • (2)
  • 34レビュー
  • 新潮社 (2014年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101035277

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

マツ☆キヨ: 「ヘンな人」で生きる技術 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • マイノリティなマツコ・デラックスさんとこれまたマイノリティな池田清彦先生のマイノリティな会話がとても面白かったですし、ためにもなる本でした!
    ぜひ読んでみてください!★×10ぐらいにしたいぐらいです。

  • 大変面白かった。
    最近、読書に集中できなくて困っていたのだけど、内容が面白い上に読みやすくて、久々に没頭できた。

    私は賢い人が好き。
    自分では到底考えつかないことを教えてくれるから。
    だから読書が好きだし、聞くことが好き。
    賢い人は自分の生きやすい生き方を知っているから、私もそうありたい。
    たとえ賢い人にはなれなくても、自分の生きやすい方法くらいは自分で見つけたいものだと思う。

    p82「やり取りをすることによって自分や相手が変わることが本来のコミュニケーション」
    という言葉は、心に留めておきたい。
    変わりたくない、ということは土台自信過剰が招いた本末転倒な希望に過ぎないのだろう。
    生きるということは、変わり続けることと同義に違いない。

  • 考えることや知ることを疎かにしないようにしなきゃなー。
    考えて生きないとつまらないよね。
    考えなくて済む世の中になっている。

    臭いもの、はある程度は必要。

  • 対談形式なので読みやすいです。
    原発やマイノリティに関する話題が多く、興味深い話が多かったです。二人の言葉は、とてもすんなり私の中に入ってきました。
    読んでいてふと、相手を“理解する”ことより、“思いやる”ことが大事なのかな、と思いました。
    好きなことは、仕事にしない方がいいってゆうのも、納得。

  • 読書録「マツ☆キヨ」4

    著者 マツコ・デラックス、池田清彦
    出版 新潮文庫

    p26より引用
    “マツコ 豊洲のあの場所からいくら汚染物
    質が出ようが、もう、いつでもそこに市場を
    もってこられるようにしてあるんだもの。
    市場もないのに、ゆりかもめの駅はすでに
    「市場前」という名前なのよ。”

    目次から抜粋引用
    “震災で見えた差別のしくみ
     「情報化社会」の少数派として
     誰がマイナーで、誰がメジャー?
     マイノリティの生きる道”

     コラムニストと生物学者による、世間の出
    来事や風潮についての対談集。
     東北の震災後の様子についてから少数派の
    生き方についてまで、独特な二人が率直な
    意見を交わし合っています。

     上記の引用は、いま騒ぎになっている市場
    の移転についての一節。
    単行本は平成二十三年の発行とのことですが、
    汚染物質が出るであろうことは分かっていた
    様子が伺えます。結果を先に積み上げて、後
    戻りしにくいように事を進めるのは、もうや
    めてもいいんじゃないでしょうか。
    先の会見で、色々言っておられましたが、ど
    の様な言葉ももう説得力を発揮させるのは、
    難しいのではないかと思われます。
     TVでもよく見かけるお二人の、楽しそうな
    様子がうかがえて、気持ちが軽くなる一冊で
    す。

    ーーーーー

  • すごいおもしろかった!マツコさんも池田先生も、ホンマでっかで見てておもしろいなあと思ってたので対談形式で2人の会話が読めて楽しかった!それと2人の考え方はとてもためになるというか、読んでて頭の回転が早いんだろうなあと思いました。我慢してまで貯金せずに、今すきなことをやるべき、とか普通じゃないことを嘆かなくても良いとか、全体的にゆるゆるした考えには同意しかなかった…。日本の社会についてだったりテレビ業界だったり集団心理だったりについてそれぞれの考えを話してて、興味深くて楽しい本でした!

  • 東日本大震災や原発事故、情報化社会への疑問…。
    重いテーマを真面目にでも固くならずに語り合ってらして、楽しく読めたし勉強になった。
    マツコさんに池田先生、そして解説の澤口先生もあらためて好きになった。

  • マイノリティこそ選民思想に陥ってないか?という問題提起。でもマイノリティはそうすることでしか自分を守れなかったのかもしれない、という過程を忘れていないだろうか?この二人は強いマイノリティだ。ヘンな人であることに誇りを持っている。羨ましい。

  • 友人が貸してくれました。
    ホンマでっかでお馴染みの池田先生とマツコの対談。解説は澤口先生。

    読みやすいのに内容は濃かったです。
    お二人の地頭の良さと優しさ、いかに自分が考えることをさぼっているか、唸ってしまう。
    差別される側が権利を主張するときに自分も別の誰かを差別したり、マイノリティが「わたしは非凡だ、エッヘン」とマジョリティの上に立った気になったり。
    自分の身を振り返って考え込んでしまいました。

  • 対談形式だったので、とても読みやすい本でした。自分ならではの目的を持ち、そのために考えながら生きていくという言葉が印象的でした。池田先生もマツコさんもマイノリティの立場として、自分を「浮いている感じ」と表現してましたが、とても適切な表現だなと思いました。2人の他の著書も読んでみたくなりました。

  • なんだかすごい売れっ子になっちゃってびっくりのマツコさんと、「環境問題のウソ」以来発言を注目している池田先生の対談。池田先生も結構テレビに出てるとは知らなかったわ。これは面白そうという予想通り、いやそれ以上に読みごたえがあった。

    「マイノリティとして生きること」について、卓見がいろいろ語られる。うなずけることが多い。そうだよね~~と思った箇所のいくつかを抜粋しておくことにしよう。

    池田「とても早い段階で自分というものを固めてしまって、あとはインターネットで情報を引っ張り出してくることしかやらなくなったら、自分が変わらなくなるでしょう」「いまの人は『自分』を変えようとしないんだよ。いまの人って、自分がいて、相手がいて、その間で情報のやり取りをすることだけがコミュニケーションだとおもってるんだな」「やり取りをすることによって自分や相手が変わることが本来のコミュニケーションなんだよ」

    池田「よく『好きなことを仕事にした人は幸せです』とか言う人がいるけど、違うよな」
    マツコ「絶対に違う。『anan』なんかでそういうふうに書いてあるのは大ウソよ」「仕事が楽しいわけがないのよ」「仕事はね、疲れるものなのよ!」「『好きを仕事にする』なんて、あんなクソみたいなスローガンはいったい誰が考えたんだ!? そんなの、ウソ、ウソ」

    池田「マイノリティの人の言ってることって、かなりの確率でマジョリティが言ってることよりもおもしろい場合が多いよね。差別されている人は、差別している人よりもセンシティブだから、おもしろいことが言える。ただ、そこで、ほんとうは自分がメジャーになりたいという思いがあったりすると、メジャーな人に嫉妬する心理が強く働くから、自分もまたマイノリティを差別するというような行動につながっていってしまうんだね」

    マツコ「そもそもね、アタシは、自分のことを『どうせ理解されない』と思ってるんですよ。だから、理解してほしい、あるいは理解されるのが当然だと思っちゃってる人の言動を見ていると、こっぱずかしいものを覚えてしまう」「もう諦めるしかないと思ってる。むしろ、一生『反体制』でいてやる、みたいな感じだね。『石投げるんなら投げてみろよ、この野郎』という喧嘩腰なのよ」

    池田「『自分たちが特別で、他の人は凡庸』というかたちでやった運動というのは、だいたいがうまくいかない。日本共産党が伸びないというのもそこにあるんだよね。自分たちだけが特別で、『いつも正しい』と言ってるでしょう。『自分たちはマイナーだけど、特別だし、正しい』というかまえからは、生産的な話は出てこないね」

    マツコ「『ゲイの気持ちを理解してほしい』とか訴えてる人に、アタシはよく、『じゃあ、あんたはヘテロセクシャルの人の気持ちの何がわかってるの?』と言うの」
    池田「別に他人の気持ちなんかわからなくたって付き合えるし。気持ちがわからなくたって、こうするのがいいのかなと思うことがあったら、それはやればいいというだけの話でしょう」

    いやごもっとも。お二人の話には、自分を大きく、良く見せようとか、取り繕おうとか、そういうさもしいところがまったくなくて清々しかった。それにしても、こういう「異物」も「おもしろいキャラ」として消費していこうとするマスコミって、そら恐ろしいものだなあとあらためて思った。

  • 人間というのは差別しないと生きていけない動物なのかな。

    資料ID:C0035837
    配架場所:本館2F文庫書架

  • マツコさんも池田先生も好き。

  • 池田先生って自由な人でいい感じ。

  • フジテレビの「ほんまでっか」に出演しているマツコ・デラックスと池田先生の対談本。脳科学の澤口先生があとがき。

    「コミュニケーションってのは自分が変わっていくことなんだ」というのが印象深かった。
    他人が将来変わってくれることは完全に諦めて、自分側でなんとか対処する、無理なら希望すら持たないようにしていたが、少しは相手が変わってくれることを期待していく方が健全なのかなと、少し考えを改めた。
    人は変わらないと諦めることが大人だと思っていたけれど、そう決めつけるのも視野が狭かったようだ。
    変わる可能性もあると思うことにしよう。

    全体としては色々と納得したり共感できる話もあれば、それは違うんじゃないかという話もあったが、サラサラと読みやすかった。
    地球温暖化は結局CO2のせいではないの?今日もニュースで異常気象とCO2削減についての国際会議をやっていたけれど、なんなんだ。
    よく分からん!

  • 澤口先生の解説がまた素晴らしい。

    ふたりとも、ものすごく優しい。
    変な人が好きなのは、そういう部分への尊敬だ。

  • 3.5位。
    頭良い人達は、同じものをみていても(見ているはずでも)そこから感じ取る力、考える力、そしてそれを話す能力がすごいなぁ。
    マツコさんは、話す相手に対してすごく丁寧ですよね。「毒舌キャラなのに媚びてる」なんて言われてしまうけど、世のものごとに対して毒舌であることと、人に対して辛辣に対するっていうのは、違うなぁ。
    最後の方で、周りの人に受け入れられるような言動をするみたいなところがあって、そこがココロに残った。

  • 書かれた時期的に3.11の話題が多く、少し時間がたった今、改めて考える良い機会になった。
    池田清彦さんは存じ上げなかったし、書かれた内容でまるで知らない事もあって何をどこまで信じるのか考えさせられた。
    対談形式の本はあまり好きではないのだが、これは話が入りやすくて良かった。

  • 【本の内容】
    茶の間で引っ張りだこの人気タレント・マツコと、学会の主流になぜかなれない無欲な生物学者キヨヒコ。
    互いをマイノリティ(少数派)と認め合うふたりが急接近!
    東日本大震災後に現れた差別や、誰をも思考停止にさせる過剰な情報化社会の居心地悪さなどを徹底的に話し合った。
    世の中の「常識」「ふつう」になじめないあなたに、「ヘンな」ふたりがヒントを授ける生き方指南。

    [ 目次 ]
    第1章 震災で見えた差別のしくみ(被災地で酒盛りを;大っ嫌いなやつのことを罵って元気になる ほか)
    第2章 「情報化社会」の少数派として(「情報化社会」が怖い;コミュニケーションとは何か ほか)
    第3章 誰がマイナーで、誰がメジャー?(テレビの言説をつくるもの;新聞はもっと主張を前面に出せ ほか)
    最終章 マイノリティの生きる道(自覚の芽生え;「好きなように解釈してください」 ほか)

    [ POP ]
    人気タレントと生物学者の著者は、名を知られ、意見を発信しているのに、マイノリティー(少数派)。

    むしろ、特定されない「普通」の人々が主流派になっていく社会とは、どのような構造なのか?

    出会って意気投合した2人が、震災後の状況と差別、情報などについて語り合う。

    世の中の深層をとらえつつ、生き方を探る1冊。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 池田先生は憎めないなあ。

  • 変わり者と自称されていますが、言っていることの”まっとうさ”はすごかったです。本当に、このお二人は頭がよい。

    ”池田 外部記憶装置としてのパソコンや、インターネットから得られる情報というのは、それら自体がどれもすでに古い情報なんだ。そこには、新しい情報なんてちっともない。すでに誰かが得た情報でしかないのだから”

    ”池田 やりとりをすることによって、自分や相手が変わることが本来のコミュニケーションなんだよ。そうではなかったら、自分が変わることもないし、変わらなければ、人間的に成長することもない。”

    ”池田 「好きなことを仕事にしちゃうと、仕事以外に好きなことがなくなっちゃうから大変なんだ」 マツコ 「ほんとにそうよ。仕事が楽しいわけがないのよ。「仕事が楽しい」なんていっている人はね、ちゃんと仕事をしていない!仕事はね、 疲れるものなのよ!」”

  • マツコ・デラックスという人に興味があったので、読んでみた。

  • マツコさんは同じ対談でも本よりテレビのが良い気がする.なんでかはわからないけど.あと澤口先生の書いたものをもうちょっと読んでみたいなあ(池田先生のは読んだ).

  • P54
    日本の近代化というのは、社会を働かなければ食えない社会にしたこと。
    それは、裏を返すと自給自足ができないシステムであって
    極端に言えばお金で買う以外に食べ物を手に入れる方法がほとんどなくなったということだよね。

    P197
    「自分たちはオピニオンリーダーであり、正論を述べている(更には、自分たちの意見がマジョリティになるべきである)」といったメンタリティーが行間に表れていて、
    その実、内容は陳腐で浅薄、という傾向が強いのが社説である。

  • 池田清彦さんと、マツコ・デラックスさんの対談。
    軽いミーハー精神で読んだけど、意外と内容も深い。
    最後らへんのマイノリティの生き方については、自分語りになってしまっているのを少し感じて読みづらかったけど、ほかはおもしろかった。
    「過不足ない」がわからない、というところはすごく共感。なんでも、多いほうがいい、良いものがいい、と多くのひとたちが考えてしまっていると思う。
    また、マツコさんがこんなにも謙虚な方だとは、知らなかった。さらっと読めるので、また読みたい本。

全34件中 1 - 25件を表示

マツ☆キヨ: 「ヘンな人」で生きる技術 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マツ☆キヨ: 「ヘンな人」で生きる技術 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マツ☆キヨ: 「ヘンな人」で生きる技術 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

マツ☆キヨ: 「ヘンな人」で生きる技術 (新潮文庫)の作品紹介

茶の間で引っ張りだこの人気タレント・マツコと、学会の主流になぜかなれない無欲な生物学者キヨヒコ。互いをマイノリティ(少数派)と認め合うふたりが急接近。東日本大震災後に現れた差別や、誰をも思考停止にさせる過剰な情報化社会の居心地悪さなどを徹底的に話し合った。世の中の「常識」「ふつう」になじめないあなたに、「ヘンな」ふたりがヒントを授ける生き方指南。

マツ☆キヨ: 「ヘンな人」で生きる技術 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする