ラビット病 (新潮文庫)

  • 2123人登録
  • 3.58評価
    • (247)
    • (217)
    • (539)
    • (50)
    • (18)
  • 278レビュー
著者 : 山田詠美
  • 新潮社 (1994年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101036144

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ラビット病 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ちょっとうるさい

  • 拗ねた人間の切なみ…みたいなのを読みたくて山田詠美を手にとった、それにしてはだいぶ方向性が違くて愕然とする。
    でもゆりちゃんは素敵だし、2人は可愛いし、これはこれでありだなぁ。
    幸せいっぱいの時に読まなきゃ、お腹いっぱいで反吐が出るかも。
    とくに、ゆりちゃんが米軍基地のお友達の部屋で日本人の女の子2人に会うシーン
    なんで?本当に大切な人がいるのにそうやって他の人の膝に乗ってるの?楽しいのそれ?な台詞はすごく耳に痛い。

  • たまらなく良かったです。
    月1で読みたい。

  •  こんなに多幸感に溢れた小説を、私はまだ他に知らないなぁと思う。育った環境もまるで違う二人が一緒にいることで優しさ、慈しみ、痛み、悲しみ全てをひっくるめた愛を知っていく様子のなんと幸せなことだろうと思い、目を潤ませつつ微笑みながら読んだ。全身で相手にぶつかって笑ったり泣いたりするゆりちゃんと、相手の喜びや苦しみも自分のものとして受け取るロバちゃんの動物同士のような恋人関係は、気取りも見栄も打算もなくて理想的だと感じる。

  • これはこれは何なんだい!あまあま、かじかじ、ペロペロ(笑)ラビット病な2人のラブストーリー。ドロリとしたおなかに重たいあまさじゃないんだよね。何処か遠くへふわふわ飛んでいきそうで、でもちゃ~んと目的地に辿り着く。そんな軽やかであまぁい恋です。

  • ポップで可愛い短編集。
    微笑ましい…

    何だか負けた気分。

  • 本当の愛情。究極の愛情。恥も世間体もプライドも全て超えた先にある、生き物同士の愛情。どんなときめくおしゃれな恋愛をしたって、最期に辿りつくのが2人みたいじゃなきゃ、どんな恋愛も薄っぺらく思える。

  • ここまでくると胸焼けする…

  • いつもの重たげな、濃密な影のない、するすると読めてしまうコミカルな物語。
    とてもキュートで、息抜きにちょうど良かった。

  • すいません☆山田詠美なんてエロエロのエゲツナイ話ばっか書いてんだろうと思いこんでて読んだことありませんでした申し訳ございません、この人は素の天才。ツンデレ「ゆりちゃん」と辛抱強い「ロバちゃん」が純粋な愛を育む、ホホエマシくも愉快なラブストーリーである。これは中学生に読ませても大丈夫、というか、まっとうに人を愛する方法を学ぶためにぜひ読んでほしいくらいなのであります。私も読んでおけばよかったーなんて思うわけです。

  • 巻末の解説でおかざき真理(漫画家)が書いているように、いつもの山田詠美とは雰囲気が違う作品だと思う(とはいえ、そう多く著者の作品を読んではいないが読んだ範囲内では)。
    面白いし、なんら難解なところのない200余ページなので、すぐ読める。1日かからず読了。
    が、まあ、若年層向けだとは思うかな。山田詠美だから、というのもあって最後まで読んだけれど、著者が違えばまた違った評価はあるのかも。まあ、とにかく甘いラブストーリー、という感じ。こんなのいつまでも続くわけないじゃん、というリアルな感覚はひとまず脇において読むが良いだろう。
    最後に、まあどうでもいいことかもしれないが、アメリカで生活をしたかそれに近い経験のある人にしか通じないのでは?という表現がいくつか気になった。私が編集者なら、注釈入れまくっちゃうだろうなぁ…。

  • なんて微笑ましい可愛いカップル…♡
    って思うことができるか

    こういうバカップルは無理…
    って感じてしまうか

    その時の自分の心の状態によって
    変わってくる気がする。


    今は前者。
    こういうカップルになりたいかはともかく。
    可愛い。

  • 前読んだ時は、ロバートとゆりちゃんの熱々っぷりが微笑ましくもどこか他人事だった。
    再読の今は…恋してる二人ってみんなラビット病にかかってるなぁとしみじみ。双子への道をたどって行く過程にそうそうと頷いてしまう。思いっきり愛せる人がいるのは幸せの一つの形。

  • 世界一バカらしくて世界一愛おしいものが隣にあるなら、このパーティーは続けるべきだ。きゅんきゅん。

  • 「ゆりちゃん」「ロバちゃん」と呼び合う二人。バカップルのような、愛の本質を体現しているような…なんともいえないこの二人。人はみなゆりにとってのロバちゃんみたいな存在がほしいのだろうか。

  • ピュアな恋愛小説。
    ゆりちゃんの言動に吹き出しちゃう。
    とにかく面白い。
    「何時何分何十秒!?」
    「目つぶし!!」

    恋をすると誰もが感じる愉しさと胸が苦しくなる恋しい気持ちを思い出しました。

  • くだらなすぎて古本屋行き。

  • こんな二人のように、自由に恋愛できたらすっごく楽しいだろうなーって客観的に思ってしまう。

  • あまーい砂糖菓子みたいにさくさくっと読める。
    なんだこれ??って思ったけれど、
    ゆりちゃんもロバちゃんも、ただいちゃいちゃしてるかとみせかけて、実はすごく一生懸命なところがいい。
    ひとを好きになるってこういうことか、という原点。

  • だいぶ昔に読みました。べったべったラブラブ
    なカップルでおもしろかった気がします

  • えーっと、バカップル?チョット違うか?純真無垢?なんとなく自分はアラレちゃんとオボッチャマンくんカップルが思い浮かびました。 アホな二人やなぁと思う反面、アホな事が出来る相手がいる事が羨ましいってのが本音です。 ゆりは何歳なんでしょうか?二人の遣り取りを読んでると「~だーい」とか言うてるので淫行条例にひっかかる年齢かと心配してしまいました(笑)

  • 「ゆーりちゃん、ローバちゃん、
    私たちはうさぎー」

    ロバートは、ゆりの我儘や奇怪な行動をそのまま包み込んでくれる。

    こんな風に私も愛されたい!

全278件中 1 - 25件を表示

ラビット病 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラビット病 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ラビット病 (新潮文庫)の単行本

ツイートする