ぼくは勉強ができない (新潮文庫)

  • 10901人登録
  • 3.77評価
    • (1705)
    • (1480)
    • (2588)
    • (169)
    • (46)
  • 1660レビュー
著者 : 山田詠美
  • ¥ 464
  • 新潮社 (1996年03月01日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN:9784101036168

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • わくわくする 主人公秀美がかっこいい 秀美くんは私のイメージだとすごくイケメンっていうよりそこそこな柔らかい顔 笑い顔より困った顔の方がかわいい人 この本をよんで山田詠美の他の本も読みたくなった

  • 「ぼくは確かに成績悪いよ。だって、そんなこと、ぼくにとってはどうでも良かったからね。ぼくは彼女と恋をするのに忙しいんだ。脇山、恋って知ってるか。勉強よか、ずっと楽しいんだぜ。」独特の個性のある主人公の秀美。好きにはなれなかったが、どんなことを考え、話すのか気になった。

  • タイトルが強烈に印象に残って購入。勉強が出来ればそれが成功なのか。勉強が出来なくても人気者の主人公を軸にした物語です。年上の彼女がいて、先生にも頼られて、クラスメイトから一目置かれている主人公が学年ト... 続きを読む

  • 前半は乗れなかった印象。理由は、風刺というか批判というか、カリカチュアされた人物をあげつらってたからだろうか。漫画的だし、自分はどちらかといえばここでピエロになってる側の人間だったからだろうか。
    もう一つ。青春モノなのに男子らしい思春期の葛藤がうすい。薄いというか、迫っていない。もっと陰鬱でどろっとして、情けないものだと思うんだがなあ。
    後半から死や自失などの要素が入ってきてやっと情けなくなってきて、血肉が通った主人公に見えてくる。多少メッキが剥がされる。
    言ってることは正しい。考え方も概ね共感できる。ただこの合理性は思春期の男ではない。
    でも、そうはいっても本編より番外編の同情に関するエピソードの方が密度も内容も一段上な気がするなあ。いや、更にあとがきの同時代性についてのコメントが一番面白かった。

  • 愛らしいという言葉がぴったり

  • 格好の良い男になるのよ、と育てられた高校生、時田秀美が主人公。どんなに勉強が出来たって、偉そうな事を言ったって、でもお前は女にもてないだろう、という一言の前には確かに返す言葉がない。どこか選民意識のある時田君だけれども、恋ばかりしてる母親や、その父親であるおじいちゃん。年上の恋人の桃子さん。みんな魅力的でズレてて。
    媚びる、ということについては、きっとスペシャリストな山田詠美の考察や語りは面白い。学生の頃とはまた違った視点で読めた。

  • 勉強が出来ないのは良くない、片親の子は可哀想だ、高校生でセックスする奴は不良だ。そういった偏見にマイペースに立ち向かっていく高校生の主人公の成長と葛藤の物語。高校生の頃に読んでいたかった。

  • 勉強ができない、けど、モテる男の子の哲学めいた話。まぁ、けど、教員の立場からしたら、こういう子はめんどくさいけど笑

  • 面白かった。何てことはない高校生の恋愛モノだが、この世界のどこかに彼がいるんじゃないかと思ってしまった。

  • 主人公や家族が
    人間らしくていいな、と思った(*^ω^*)

    秀美くんは将来いい男になってるんだろうな。

    また時間たって読みたい。

  • 影響力の強い言葉たち。この人には嫌われたくないと思わせて、ほとんど無意識に媚を売ってしまうような。

  • この作者の本、3冊目です。1冊目を読んだときにどなたかのレビューに、「ぼくは勉強が出来ない」がこの作者の初心者にはおすすめとあり、読んでみたところです。 主人公は勉強は出来ないけれど思想は大人びてい... 続きを読む

  • 女のコにモテる方法が書いてあります。
    こんな高校生になりたかった。
    そして、こんなじーさんになりたい!

  • この本の主人公が好き
    主人公のお母さんもおじいさんも
    人間らしさが溢れてる

  • これまであまり読んだことのないタイプの本。
    「ぼく」の考えが達観しているからか、普通の小説のような大きな波というものはないけど、面白い。
    主人公の考えに、わかるわかると思うところもあれば、うーんなるほど、と感心するところもあった。
    自分がわかった気になったり自分が人とはちょっと違う気になったりするのは、まだまだだなぁと思った。

  • 主人公の秀美「君」はとても感受性豊かな子なのだろうかと思った。話の内容からはそれは周りからみたらひねくれているとか変わっているというような言葉で表現されるけれども、その表現や価値観が正しいとは限らない。
    価値観の図り方やものの考え方には様々なものがあるんだなあとこれを読んて考えた。
    考えてみると今まで自分の周りに彼のような人間はいたのだろうか…。自分は彼のような人間だったのだろうか…。なんてことも考える。
    色々な考えができ、いろいろなものの見方ができる人間でありたいと思わされました。

  • あんまり好きじゃなかった。お話は。 タイトルはとてもいいと思う。 この割り切った感じと甘っちょろさがこの高校生小説にあってると思った。 小学生中学生くらいならまだ今勉強できなくても大丈夫だろ... 続きを読む

  • 目次
    僕は勉強ができない
    あなたの高尚な悩み
    雑音の順位
    健全な精神
    ○をつけよ
    時差ボケ回復
    賢者の皮むき
    ぼくは勉強ができる
    眠れる分度器

  • ずっと前から読みたいと思っていたのだけど、ようやく○ちゃんのおすすめで手に取りました。 ほんとうに久しぶりに山田詠美さんの本を手に取ったのだけど、なつかしさと、私の中にあった山田詠美さんのスタイルに... 続きを読む

  • 再読。15年も前に手に入れた本だと言うのにまるで古さを感じさせない。相変わらず秀美くんの言動には爽快感を覚える。勉強ができないと言いつつも、秀美くんときたらどれだけ“できる“人であることか。自分の気持... 続きを読む

  • タイトルに惹かれていつかは読みたいなぁと思っていた本。

    (生き方が)ハンサムな男女がたくさん登場して、一般論とは少しズレているけど素敵な考え方や言葉にハッとさせられる。

    おかしいことはおかしいと、つまらないことはつまらないと、言える勇気は素晴らしい。残念ながら私はそんな勇気は持ち合わせていませんが、人生に何の役も立たないことを大切だと思い込んでいる面白くない大人にはなりたくないなぁ…(´ε` )

  • 素敵なタイトル!
    思っていたのとは違った物語だったけど、主人公がかっこよかった。
    主人公目線で見たら、自分の気持ちに素直な子にうつり、大人目線で見たらちょっと捻くれた理屈っぽい奴に見えるんだろうか。
    両方を感じる私は、まだ大人になりきれない子供心を忘れていない何ともどっちつかずで、モヤモヤ。
    それを母親だったり祖父だったりまわりの生徒がすっきりさせてくれるような。

    もっと大人になったら、きっともっと素敵な物語だと思えるんだろな。その時までとっておこう。

  • 展示中 2014.9~

全1660件中 1 - 25件を表示

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)に関連するまとめ

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)はこんな本です

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)のハードカバー

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

ちびネコ どんぐり

ねこまき

猫カフェ行くより、猫マンガだ!

『まめねこ』でお馴染みのねこまきさんの描くエッセイ猫マンガ。猫たちのしぐさや表情がとにかく愛らしいです。
例えば、空を眺めている後ろ姿。背中をブラッシングされているときの恍惚の表情。狭い隙間で丸まって寝る姿。おやつをねだる俊敏な動き、ゲットしたときのにんまり顔。新米猫の登場による先パイ猫の戸惑い。遊んでほしい新米猫。そっとしておいてほしい先パイ猫。ふたりがじょじょに仲良くなっていく様子。そんな猫たちの日常を見ていると、まるで猫と触れ合っているかのようなしあわせ気分になれます。後半は、予期せぬ展開になるので、油断しているとほろっと泣いてしまうかもしれませんよ。

本の詳細&レビューを読む»