ぼくは勉強ができない (新潮文庫)

  • 10822人登録
  • 3.77評価
    • (1703)
    • (1471)
    • (2583)
    • (169)
    • (46)
  • 1653レビュー
著者 : 山田詠美
  • ¥ 464
  • 新潮社 (1996年03月01日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN:9784101036168

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 勉強が出来ないのは良くない、片親の子は可哀想だ、高校生でセックスする奴は不良だ。そういった偏見にマイペースに立ち向かっていく高校生の主人公の成長と葛藤の物語。高校生の頃に読んでいたかった。

  • 勉強ができない、けど、モテる男の子の哲学めいた話。まぁ、けど、教員の立場からしたら、こういう子はめんどくさいけど笑

  • 面白かった。何てことはない高校生の恋愛モノだが、この世界のどこかに彼がいるんじゃないかと思ってしまった。

  • 主人公や家族が
    人間らしくていいな、と思った(*^ω^*)

    秀美くんは将来いい男になってるんだろうな。

    また時間たって読みたい。

  • 影響力の強い言葉たち。この人には嫌われたくないと思わせて、ほとんど無意識に媚を売ってしまうような。

  • この作者の本、3冊目です。1冊目を読んだときにどなたかのレビューに、「ぼくは勉強が出来ない」がこの作者の初心者にはおすすめとあり、読んでみたところです。 主人公は勉強は出来ないけれど思想は大人びてい... 続きを読む

  • 女のコにモテる方法が書いてあります。
    こんな高校生になりたかった。
    そして、こんなじーさんになりたい!

  • この本の主人公が好き
    主人公のお母さんもおじいさんも
    人間らしさが溢れてる

  • これまであまり読んだことのないタイプの本。
    「ぼく」の考えが達観しているからか、普通の小説のような大きな波というものはないけど、面白い。
    主人公の考えに、わかるわかると思うところもあれば、うーんなるほど、と感心するところもあった。
    自分がわかった気になったり自分が人とはちょっと違う気になったりするのは、まだまだだなぁと思った。

  • 主人公の秀美「君」はとても感受性豊かな子なのだろうかと思った。話の内容からはそれは周りからみたらひねくれているとか変わっているというような言葉で表現されるけれども、その表現や価値観が正しいとは限らない。
    価値観の図り方やものの考え方には様々なものがあるんだなあとこれを読んて考えた。
    考えてみると今まで自分の周りに彼のような人間はいたのだろうか…。自分は彼のような人間だったのだろうか…。なんてことも考える。
    色々な考えができ、いろいろなものの見方ができる人間でありたいと思わされました。

  • あんまり好きじゃなかった。お話は。 タイトルはとてもいいと思う。 この割り切った感じと甘っちょろさがこの高校生小説にあってると思った。 小学生中学生くらいならまだ今勉強できなくても大丈夫だろ... 続きを読む

  • 目次
    僕は勉強ができない
    あなたの高尚な悩み
    雑音の順位
    健全な精神
    ○をつけよ
    時差ボケ回復
    賢者の皮むき
    ぼくは勉強ができる
    眠れる分度器

  • ずっと前から読みたいと思っていたのだけど、ようやく○ちゃんのおすすめで手に取りました。 ほんとうに久しぶりに山田詠美さんの本を手に取ったのだけど、なつかしさと、私の中にあった山田詠美さんのスタイルに... 続きを読む

  • 再読。15年も前に手に入れた本だと言うのにまるで古さを感じさせない。相変わらず秀美くんの言動には爽快感を覚える。勉強ができないと言いつつも、秀美くんときたらどれだけ“できる“人であることか。自分の気持... 続きを読む

  • タイトルに惹かれていつかは読みたいなぁと思っていた本。

    (生き方が)ハンサムな男女がたくさん登場して、一般論とは少しズレているけど素敵な考え方や言葉にハッとさせられる。

    おかしいことはおかしいと、つまらないことはつまらないと、言える勇気は素晴らしい。残念ながら私はそんな勇気は持ち合わせていませんが、人生に何の役も立たないことを大切だと思い込んでいる面白くない大人にはなりたくないなぁ…(´ε` )

  • 素敵なタイトル!
    思っていたのとは違った物語だったけど、主人公がかっこよかった。
    主人公目線で見たら、自分の気持ちに素直な子にうつり、大人目線で見たらちょっと捻くれた理屈っぽい奴に見えるんだろうか。
    両方を感じる私は、まだ大人になりきれない子供心を忘れていない何ともどっちつかずで、モヤモヤ。
    それを母親だったり祖父だったりまわりの生徒がすっきりさせてくれるような。

    もっと大人になったら、きっともっと素敵な物語だと思えるんだろな。その時までとっておこう。

  • 展示中 2014.9~

  • 中学生の時にはじめて読んだ記憶。仁子お母さんとおじいちゃんの台詞にずいぶんと勇気を貰った。大人っていいなあと憧れたもの。あれからもうずいぶん経ったけど、今読み返してもまだまだ遠いです。

  • 図書室の本に飽きていた小学生の頃に出会って,小説はこんなに自由なんだ!と教えてくれた本です.

  • 屁理屈な高校生だけど嫌いじゃない

  • 読み終え、本より先に山田詠美という作家に更に興味を感じる。
    読む本ごとに異なる感動があるのだが、メッセージはぶれなていない。
    もう何冊か読み込んでみたい。

    僕は勉強ができない。は、あとがきにも書いてあるが、叙情は常に遅れてきた客観視の中に存在する。その時代を一生懸命生きてきたからこそこの本の良さがわかる。
    男の子の半分くらいは、勉強より他の楽しいことに夢中で、それって人間性に繋がって行くんだな。
    村上龍の69、金城一紀のGOのような青春小説と同様に生涯記憶に残る一冊。
    しかも、女流作家が書いた青春小説に驚きです。
    A 2 Zにも登場している母、仁子は魅力的、同時に子どもの感性について大人が価値観を押しつけることにも考えさせられた。
    こういった良い青春小説を読んだあとはいつも必ず思う。
    人生もっと楽しもう!

  • 久しぶりの山田詠美さん。 この人の文章は読みやすくて好き。 この物語もサラッと読めた。 登場人物が発する『格言』は、嫌味が無く好感は持てる。 でも、終始、これはあくまでも物語、という感が抜... 続きを読む

  • 「時田くん、なんだか、少し困ってるようだけど、気にすることないよ。誰だって困ってるんだから。あなたは、自分のように考えてるの自分だけと思ってるかもしれないけど、それって、一種の特権意識よ。反省した方が良いかもよ」  うじうじ悩んでいる主人公「時田秀美」に対して、その友人「黒川礼子」はそう言い放った。  実は、このレビューを書いている僕は今とても悩んでいる。正直、人生で1・2を争うくらいに悩ん... 続きを読む

全1653件中 1 - 25件を表示

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)に関連するまとめ

本棚に登録しているひと

本棚に「読みたい」で登録しているひと

本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)はこんな本です

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)のハードカバー

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

3時のアッコちゃん

柚木 麻子

悩める働く女性に読んでいただきたい(前作もあわせて)

大女で起業して大成功したアッコさんは、いつも仕事での人間関係などに悩んでいる女性をほっとけない性格で、まったく知らない人に声をかけて自分のお店のスムージーを飲ませたり、強引ながらもターゲットになった女性がどんどん元気になっていきます。
前作の「ランチのアッコちゃん」は本屋大賞にもノミネートされた作品で、前作と同様に、アッコさんが豪快な活躍で読んでてグッときます。
本書は連作集で、今回は最後の2篇は関西を舞台にした話ですが、最後の「梅田駅アンダーワールド」は、大阪に来たら誰しも迷うことでおなじみの梅田地下に来たことがある人は笑いながら読める作品です。
短編の集まりなので、とても読みやすく、冬休みにちょっと軽く読書したいな~って時にオススメの1冊です。