蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)

  • 3582人登録
  • 3.64評価
    • (414)
    • (416)
    • (981)
    • (42)
    • (8)
  • 410レビュー
著者 : 山田詠美
  • 新潮社 (1997年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101036182

蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少女が女になる、この時期の複雑で湿っぽくてナルシストっぽい感性が描かれている。すっごく好き、こういうの!
    登場してくる少女はみな幼くて賢い。でも、誰もが一度は考えて、悩んだ経験のあるものばかり。私も同じようなことを考えていたが、それは中学生だったころだ。
    「みんなはキャッキャはしゃいでて、何にも考えてない。私は違う。私はみんなより全く大人。私みたいに考えたり、感じたりする同級生はいない。みんな子供。早く大人の世界に行きたい。」みたいなこと思ってて(笑)、ナルシストっすね~。今はもう、似たようなことを皆考えてきて、今も同じようなこと考えてるって分かったから、変に気取ったり、軽蔑したりしなくなった。成長したなぁ~(笑)。
    女の子なら必ず通る道だから、読んでて共感しっぱなし。なんか嬉しくなった。

  • 美しいと汚いが混ざった稀有な小説だった。主人公の尖った独白から目をそらしたいと思うと同時に、ずっと読んで浸ってもいたいという感情が湧き出る。『蝶々の纏足』は、特にそのような思いを感じた。もっと早くにこれを読んでいたら、わたしは少しでも変われていただろうか。たとえば、もっとわかりやすい「好ましい不良少女」になるとか。

  • 本書に拍手を送る読者は多いだろうから(特に女性)、また拍手を一つ付け加えるだけになるだろうけれど、思春期の少女を描いた小説として、これに勝る小説(集)をちょっと思い出せない。
    本書を一言で言い表すなら「孤高」。
    学校にすら漂う、いや、学校であるからこそ厳然としてある「世間」というものを軽蔑しながら、自分の好きな男を追い求める少女の超然とした態度が何よりもとうとい。
    「風葬の教室」での、死なないという選択をする少女に、身震いするほど感動した。

  •  収録された3つの短編、「蝶々の纏足」「風葬の教室」「こぎつねこん」は全て、少女を主人公に据えた物語。
     山田詠美の作品を読んでいて凄いと思うのは、身体的な感覚を描写する文章力であり、血の通っているかのような言葉に想像力を掻き立てられ、まるで自分自身がそういう風に感じた経験があるかのような気持ちにさえさせられます。
     1つ1つのページ数的にも読みやすく、面白かったです

  • 凄い小説だった。
    特に風葬の教室は、三つの話の中で一番良かった。
    子供のころ、反抗の仕方を知らなかった時を思い出した。
    自分の、感情を心でグツグツしてるようなあの感じ。
    反抗できないから、自分の考えがないわけじゃなくて
    ただ、それをどのようにして表に出すのを知らないだけ。

    十代の女の子の潔癖なところと、どす黒いドロドロした
    感情が両方味わえる短編集

  • この2作品は互いに補完し合うような位置にある。そして、どちらもそのタイトルのネーミングが素晴らしい。文学作品はかくありたいと思うくらいに。もちろん、「雪沼とその周辺」のように、一切の奇を衒うことのないタイトルにも、それはそれとしての魅力はある。しかし、やはりここでの山田詠美のセンスには脱帽だ。2つの物語はいずれも少女を主人公に、早熟であるが故の異和を描く。そこからの脱却のあり方は違うものの、失われた少女時代の郷愁をも漂わせる。もはや子供ではないが、大人でもない、山田詠美による絶妙のジュブナイル小説。

  • 風葬の教室が良かったかな。

    「私は自らの手で自分を消してしまおうと決意した時に、責任という足枷の存在に気づいてしまったのです。私はただ一個の人間ではなかったのです。目に見えない足枷によって身動きのとれない幸福な奴隷だったのです。」

    小学生がここまで悟れるか、ということはさておき、大人であっても、このような自覚がない場合が多いのではないかな。子供の目線で、読者であろう多くの大人に訴えているように思える。

    幸福な奴隷とは、斬新で、かつ、とても的を得た表現だ。

  • 「蝶々の纏足」の舞台は、絵にかいたような、古典的な、しかし今でも変わらない、"女の世界"である。それにしても、人との関係についてあえて熱い思いを持たないようにしてきた自分が、何だか大切な経験をしていないような気がして、さみしい気持ちになった。あと、小学校入学前までくらいに読んでいたら、もっと自由な気持ちで学校生活を送れていただろうに。と思った。

    「風葬の教室」の遺書を書くシーンがよい。少女の書く遺書がだいたいあんな感じになるという事を客観的に見せられてしまい、なんだか気が抜けてしまった。死ななくてよかった。

  • こんなにもカラッとでもしなやかに、そして強かに女を表現することがどうしてできるのだろうか。
    ここに出てくる少女たちはすでに女だ。
    少女であるには違いないのだが、どう見ても女なのだ。
    ませているわけではない。背伸びをしているわけでもない。
    女が女である所以。生まれながらにもつ性の意味を確かめる。

  • ちょっと怖かった。ホラーって言うわけじゃないんだけど、「蝶々の纏足」のえり子の束縛とか「風葬の教室」のクラスメイトのいじめとか、それを心の中で処刑する杏も。。えり子のことも、杏をいじめる子供達のことも、主人公はすごく見抜いてるのね。それが、すごく怖かった。「蝶々の纏足」は誰からもすかれる美人のえり子に束縛されてきた瞳が男の人の体を知ることでその支配から逃れようとする、話。

全410件中 1 - 10件を表示

山田詠美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本 ばなな
A2Z
山田 詠美
吉本 ばなな
山田 詠美
江國 香織
有効な右矢印 無効な右矢印

蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)の作品紹介

私の心を束縛し、私の自由を許さない美しき親友のえり子。彼女の支配から逃れるため、私は麦生を愛し、彼の肉体を知ることで、少女期からの飛翔を遂げる「蝶々の纏足」。教室という牢獄の中で、生贄となり苛めをうける転校生の少女。少女は自分を辱めた同級生を、心の中でひとりずつ処刑し葬っていく「風葬の教室」。少女が女へと変身してゆく思春期の感性をリリカルに描いた3編を収録。

蝶々の纏足・風葬の教室 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする