アンコ椿は熱血ポンちゃん (新潮文庫)

  • 71人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (4)
    • (9)
    • (2)
    • (2)
  • 7レビュー
著者 : 山田詠美
  • 新潮社 (2011年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101036250

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山田 詠美
山田 詠美
山田 詠美
山田 詠美
有効な右矢印 無効な右矢印

アンコ椿は熱血ポンちゃん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 山田詠美さんの本を読んだことがないのに帯の言葉に惹かれて購入。
    「本日もすこやかに猪突猛進」ってw
    自分の感情と欲求に素直で羨ましくもあるけど、絶対無理!ってこと満載で楽しく読めた。
    アチコチに散らばっている本への愛情が良い具合に締めてるのかも。

  • 相変わらず、わが道を行っていて、人生を愉しんでいるなぁ。ってエッセイでした。自分の愉しみを、わかる人だけわかってー、みたいな感じで書いていて、あー、この人と飲みたいなぁと思えるエッセイっていいと思う。まぁ結局自分に合うかどうかだよね、エッセイは。あと、今回は、あーこの人は本当に本を愛しているんだなーと思うエッセイが多かった印象。

  • ダーリンの話が出てこない???と心配になりましたが、そゆ事なのですね。勝手に寂しくなっちゃいました。

  • 「読み終わった」区分に登録しましたが、なんというか、目が滑るエッセイで、半分ほど読んだところでギブ。
    この人の初期・中期の小説は文体とか美しくて好きだったんだけどなぁ…。
    なんていうか、文壇破天荒漫遊記って感じで面白い人は面白いんだろうけど、ワンパターンでちょっと食傷してしまいました…。
    ちょっとエッセイは鬼門だな、自分にとっては面白くないです。
    大人しく小説の方を選べばよかった…(>_<)
    余談ですが、表紙イラストが吾妻ひでおさんでした。ちょっと驚き(笑)

  • むかーし山田詠美がすごく好きだったんだけど。初期の山田詠美っていうと、まさに恋愛もの、しかも官能的、ってイメージだけど、わたしは若い女の子の成長ものとかお仕事小説みたいな感じで読んでいた気がする。ホステスになった子がまわりの人をよく観察して、で、頭もよくてよく考えて勉強して、ホステスとして出世?していくみたいな。そして、恋愛してもどこか自立しているみたいでかっこよくて。そういうとこが好きだった気がする。
    で、ポンちゃんシリーズ、ひさびさに読んで、紙の無駄では?って思うくらいどうでもいい感じなんだけど、よく読んだ本の話が出てきてそれはおもしろい。江藤淳読んでみようかなとか思ったり。山田詠美が本当に本が好き、ってのがよくわかって、なんか真摯だなーとか思って。

  • 惰性で期待せずよんだら、意外と笑えた。いつのまにか、ノラクロ似の旦那様とは籍抜いておられたのですね。しかし、そろそろ、飲みも大人飲みに移行したりはしないのか。楽しそうだけどさぁ。まあ、それでこそ、文学者???なのか???

全7件中 1 - 7件を表示

アンコ椿は熱血ポンちゃん (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アンコ椿は熱血ポンちゃん (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アンコ椿は熱血ポンちゃん (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アンコ椿は熱血ポンちゃん (新潮文庫)はこんな本です

アンコ椿は熱血ポンちゃん (新潮文庫)の単行本

ツイートする