風の盆恋歌 (新潮文庫)

  • 236人登録
  • 3.63評価
    • (21)
    • (31)
    • (46)
    • (5)
    • (1)
  • 49レビュー
著者 : 高橋治
  • 新潮社 (1987年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101039114

風の盆恋歌 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 風の盆の音と踊りの描写が秀逸.実際に見たことのない私も自然に深くその世界に入っていく.
    恋の方はあまり共感はないが,男女ともこの本の主人公たちくらいの歳になると,先は見えてくるし,人生の最後の選択肢をいろいろ迷いながら探してしまうんだろうな.

  • かつて想い合った二人が、もう「取り戻せない」とわかっていながら、逢瀬のときを待ちわびて、ひととき、温かく想いを分かち合い、高め合い、慰め合う。不倫、といえば、そうかもしれない。
    けれど、美しい富山・八尾の街の情景、人びとの心のありかた、二人の互いを大切に想い合う姿、そして、なによりも、風の盆という、ひそやかに激しい祭りを背景にさまざまな心が織りなす景色に、ただ、ただ見とれ、心ゆさぶられる。

    美しい哀しさに満ちた作品。

  • 再読本。
    30代の頃毎年九月に、風の盆から帰ると読み返していた本。
    気がついたら主人公とたいして違わない年齢になっていた。
    30代の頃は妙子や杏里の目線で読むことに抵抗がなかったのに。
    越中八尾の風の盆に託して、常に死を意識しながら30年の歳月を取り戻すべく、後戻りの出来ないトンネルを駆け抜けた二人の物語。

  • おわら風の盆に行く前に予習として手に取りました。
    中年の心中もんってゆうてしもたらそれまでやねんけど、
    八尾で、酔芙蓉ってなまえのお菓子を見つけたときは、ちょっと嬉しかった。

  • 2017年10月7日に紹介されました!

  • これは読んだ時期が悪かったのか、自分は読む立場になかったのか…。
    別れ別れの長い年月を経て都築とえり子が八尾で結ばれた時は、風の盆の表舞台にまだ二人しか見えていなくて、不倫であるがゆえの燃える切なさや抑えきれない恋情に心が揺り動かされた。
    ただ後半はそれ以上に、この先ずっと憎しみに囚われる人生を後に残してしまった罪深さがひしひしと胸に迫る。小絵や杏里の相手の妻子の胸中がどうしても気にかかってくる。杏里が風の盆に帰って来たいと電話で泣いてるという件は、独りよがりの苦しみに感じてイラッとしてしまった。
    魂が呼び合いむせび泣くような恋と命を燃やすおわらの祭りのマッチングは本当に素晴らしい。その美しい夢幻の世界に素直に浸れなかったのは読んだ時期が悪かったのか、自分は読む立場になかったのか…。様々な思いが胸を駆け巡った後、結局またそこへ戻ってしまう。

  • おわら風の盆の記事を書くことになったので。どんな資料を読むより参考になった。不倫の話、、風の盆の話をするには、きっと似合いのテーマなんだと思う。八尾にいつか行ってみたい。

  • わたしはいま、ある女に恋をしている。いい歳こいていまさら恋をするなどとは思ってもみなかった。

    いままでずっと仕事で頑張って、家庭のことで頑張って、脇目もふらずここまでやってきた。あともう少し頑張れば安泰な生活が待っているはずである。でも残りの人生を考えたとき、「自分の人生はこのまま終わってしまうのだろうか」と最近むなしさを感じてしまうようになった。

    だから「幸せって、いいことなの?人間にとって、生きたって実感と、どっちが大事なの?」という、えり子の言葉に愕然とさせられてしまったのだ。そうなのだ大事なのは生きたという実感なのだ。

    残念ながらわたしの想いは女には通じないようである。この歳になってこんな悶々とした日々を過ごすことになるとは思ってもみなかった。現実には、風の盆をともに過ごす都築とえり子のようには、なかなかならない。

    【このひと言】
    〇幸せって、いいことなの?人間にとって、生きたって実感と、どっちが大事なの?

  • 僕の読んだ最高の恋愛小説。おわら盆の祭りの踊りの中に引き込まれる。

  • 「翌日、都築はなん度となく家の外に出て酔芙蓉の花を見た。午前中の白さは凛としたものを感じさせるほど澄み返っている。ほんのりと紅がさしたのが一時頃だった。二時、三時、紅が増した。白さが厳しいものだっただけに、色づいて来る様は、酒に酔うというよりも、女が自分の内側から突き上げて来るものに抗い切れず、崩れて行くありようを連想させた。」

    「“蝶の行く末の低さや今朝の秋”
     “枯芦の日に日に折れて流れけり”
    残り少なくなってしまった芦も、低くしか飛べなくなってしまった超も、まるで、私自身のように思えます。
    そんな、嚥み下しようもない固まりに似たものを抱えこんで、高雄の紅葉を見ていると、実りとは無縁な散る前の一瞬の華やぎであることが身にしみます。
    正直に申し上げて、ただの、一瞬も、華やぎの余韻はまだ私から消え去っていってはいません。
    ですから、草の葉末をすれすれに飛ぶ蝶であっても、私は飛び続けたいと思うのです。」

全49件中 1 - 10件を表示

高橋治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

風の盆恋歌 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の盆恋歌 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

風の盆恋歌 (新潮文庫)の単行本

風の盆恋歌 (新潮文庫)の単行本

ツイートする