或る女 (下) (新潮文庫)

  • 27人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 有島武郎
  • 新潮社 (1948年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101042022

或る女 (下) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 下巻は略奪愛に成功した明治の肉食系我儘娘が、猜疑心の固まりになり病死していく姿を描く。最愛の妹達や愛人の前で頭蓋骨が割れんばかりのヒステリーを起こす様は哀れである。この話、女性目線で読んだらどう映るのか興味がある。

  • 上巻の続きで、「早月葉子」がアメリカから帰国してからの話です。

  • (1969.08.05読了)(1969.07.26購入)
    (「BOOK」データベースより)
    日清戦争前後、時代の高揚のなかで、自我の芽生えを自覚した葉子。旧弊な社会に反発し、自らの情念に忠実に生きようとした気丈で才知溢れる女性の、多感な性情と苦痛にみちた運命、その肉体と精神の相克を描き、リアリズム文学の傑作と称される不朽の名篇。

    ☆関連図書(既読)
    「カインの末裔・他一篇」有島武郎著、角川文庫、1954.01.10
    「或る女(上)」有島武郎著、新潮文庫、1948.05.15

  • ニセコなどを舞台とした作品です。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする