添乗員ヒミツの参考書―魅惑のスペイン (新潮文庫)

  • 98人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (9)
    • (10)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 紅山雪夫
  • 新潮社 (2009年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101043289

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ベルンハルト シ...
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

添乗員ヒミツの参考書―魅惑のスペイン (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • スペイン旅行のお供に購入。
    スペイン全体の歴史概説と、各地の名所に関する解説。
    歴史の部分をもう少し厚めに書いてほしかったけど、スペイン旅行の際は買って損なし。

  • 添乗員が参考にしていると言う事からこうした表題だろうけど旧題「スペインの古都と街道」の方がしっくりいく内容とも言えます。通常の観光案内とは一線を画し、歴史や生い立ちを中心に光を当てていると言えます。歴史とそこから生まれた独特の文化、読んでいるだけでスペイン(トレド、セゴビア、セビーヤ、コルドバなど)に行きたくなります。

  • ○この本を一言で表すと?
     スペインを自分の足で見て回った人の詳しい観光名所案内が歴史的経緯とともに書かれている本


    ○この本を読んで面白かった点
    ・スペイン全地域とまではいかないですが、ガリシア地方とバスク地方以外はほとんど網羅されていました。

    ・街の全体図や通所の観光コースとそこから外れた名所の話、どの方向から歩いて行った方がその場所の名所がうまく回れるかという名所の見方などが詳しく書かれていました。

    ・各名所の来歴や背景などの歴史も併せて書かれていてよかったです。

    ・自分がスペインに行くとしたらこの本は絶対に持っていくと思いました。

  • スペイン旅行に役立つかと思って買ったが、行きたい部分(スペイン北部)がまったく触れられてなかった(笑)書かれている内容は、ざっくりとスペインの面白さを知るにはとっかかりになりそうな入門書。ヒミツというほどじゃないけども、ざっと目は通しておいていいかなというほどの本。

  • 読んでから行けば良かった!

全7件中 1 - 7件を表示

添乗員ヒミツの参考書―魅惑のスペイン (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

添乗員ヒミツの参考書―魅惑のスペイン (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

添乗員ヒミツの参考書―魅惑のスペイン (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

添乗員ヒミツの参考書―魅惑のスペイン (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする