日本の伝説 (新潮文庫 や 15-2)

  • 291人登録
  • 3.21評価
    • (4)
    • (8)
    • (48)
    • (1)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 柳田國男
  • 新潮社 (1977年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101047027

日本の伝説 (新潮文庫 や 15-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 巻頭の「世におくる言葉」、「はしがき」に感動した。ひらがなをたっぷり使って活字でも流れるような文面。であります口調がこんなに柔らかいものになれるとは。ゆったりとやさしい声で語られる高いのぞみに、この国の伝説と昔話とへの心底からの愛着があふれる。

    “ 伝説と昔話とはどうちがうか。それに答えるならば、昔話は動物のごとく、伝説は植物のようなものであります。昔話はほうぼうをとびあるくから、どこに行ってもおなじ姿を見かけることができますが、伝説はあるひとつの土地に根を生やしていて、そうしてつねに成長してゆくのであります。雀や頬白はみな同じ顔をしていますが、梅や椿は一本一本に枝ぶりが変わっているので、見覚えがあります。かわいい昔話の小鳥は、多くの伝説の森、草叢のなかで巣立ちますが、同時に香りの高いいろいろの伝説の種子や花粉を、遠くまではこんでいるのも彼らであります。自然を愛する人たちは、常にこの二つの種類の昔の、配合と調和とをおもしろがりますが、学問はこれを二つに分けて考えてみようとするのがはじめであります。”

  • 昔話系は結構読んでるので、知ってるエピソードが多くて興味深かったけど、文体は多少読みづらいかも。
    アラビアンナイトとの相似点もあったりして、おもしろかったです。

  • 日本各地に伝わる、不思議な言い伝え。それらを分かりやすい文体で比較考察した一冊です。
    何故人々は、石や湖、山を畏れ、大切にしてきたのか。各地に伝わる様々な伝説は、どのようにして生まれてきたのか。これらの伝説が衰え、だんだんと失われつつある今、この本は改めて私たちに"伝説”の面白さを教えてくれます。
    章も豊富でさくさく読める、学問の書。

  • 日本各地に残る伝説を地域別ではなく話別に分けた本です。
    もちろん出典は書かれてますので、どこの話かは分かります。
    元々若年者向けに書かれた本ですので、古い割には読みやすいです。
    昔話にご興味がある方なら面白く読めると思います。
    同じような話が各地に残っているのが面白いですね。

  • 民俗学の講義を受けているような感じ。

  •  “伝説と昔話とはどう違うか。それに答えるならば、昔話は動物の如く、伝説は植物のようなものであります。昔話は方々を飛びあるくから、どこに行っても同じ姿を見かけることが出来ますが、伝説はある一つの土地に根を生やしていて、そうして常に成長していくのであります。” と著者の柳田国男氏はこの本の冒頭で述べています。以前同著者の作品「日本の昔話」を読んだことがありますが、実際に面白味があるのは「昔話」の方で、そういう事があったと記載されているのが「伝説」という感じです。解説でも昔話は言語の形式を外しては語れない言語芸術のようなものであると書かれている一方、伝説は伝える内容が大事なのであって、その伝え方はどういう形でも一向に差し支えないと説明されています。
     この昔話や伝説ですが、現在はあまり聞かれなくなったように感じます。小さい頃に母親ないしは祖母などから聞いた記憶というものは大人になっても印象として残ると言われていますが、自分自身、有名なおとぎ話は記憶に残っていても、生まれ育った土地の「昔話」や「伝説」については全く記憶にありませんでした。幼少期に語り継がれることで残されていったものが消えかかっているのかとも思います。この本を読んで初めて自分の身近にある「伝説」というものにふれた感じがします。伝説や昔話はその土地の風土などとも密接に結び付いているものだと改めて感じましたが、自分たちの世代は生まれ育った土地との関係性が極めて薄くなっているようにも思いました。

    追記:生まれ育った土地の「昔話」や「伝説」については全く記憶にありませんと書きましたが、レビュー記載後思い起こしてみたら、小さい頃によく祖父に連れられ近くの夜泣き石がある城跡や、狸伝説が残っている寺に行ったことを思い出しました。

  •  買ってからおそらく20年以上放置していた本。

     ようやく読めそう。

    咳のおば様

     咳 関 姥 子安 道祖神 奪衣婆 姥甲斐無い

    驚き清水

     空也上人という名前を、昔聞いたような気がするが初めて認識した。

    大師講の由来

     たいし 大師 太子 大子
     姥 うば おば 叔母

    片目の魚

     片目のものを恐ろしくまた大切に思う昔の人々

    機織り御前

    御箸成長

    行逢坂

    袂石

    山の背くらべ

    神いくさ

     牛込の赤城神社と日光の話が興味深い。

    伝説と児童

     綺麗にしたり、大切にしたりすると怒る地蔵の話が面白い。

    伝説分布表

    解説   池田弥三郎

     民話という言葉を批判している。

    年譜

    ようやく読み終わった。もともとは日本児童文庫として子供向けに書かれた本であることが解説に書かれているが、昔の子供はレベルが高かったとあらためて思う。柳田国男の蔵書が成城大学に寄贈されたことも初めて知った。

  • 単純で色彩の鮮やかな日本の伝説を、柳田国男の柔らかな筆致で世の若い人のために。初学者向けながら「咳の姥さま」から始まる子供・ウバの一連の伝承、片目の魚、大師から論を展開していく手法は健在。

  • 一冊の本として初めて読んだかもしれない柳田作品。丁寧に全国から集められた伝説の中に、おおいたの姫島や飯田こうげんの話があると嬉しく感じます。特に、豊後富士=由布岳と富士山に絡む西行法師の伝説は知らなかった分、感銘を受けました。

  • 日本各地の伝説・昔話を整理すると、全国で似たような話がたくさんあり、全く違う主人公の話が元は同じエピソードからきていることが見えてくる。箸を地面につきさせば、後にはその箸が二対の大木となり、杖を地面に突き立てればその衝撃で井戸水がわいてくる。各地にそんな話があるけれど、主体は各地ばらばらで、弘法大師や源頼朝、空也上人と、有名な人なら誰でもいいようだ。
    伝承というのは勘違いの歴史である。語り伝えるうちに一部が欠けたり付き足されたり、2つの話がごちゃ混ぜになったりする。誰かの業績も他の有名人と混同されて主人公が入れ替わる。
    柳田の巧みな構成によって(?)、前に提示された伝説と新しく出された伝説が1つの物語として有機的につながっていく。
    読んでいてとても面白かった。

全22件中 1 - 10件を表示

柳田國男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ヘミングウェイ
梶井 基次郎
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の伝説 (新潮文庫 や 15-2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の伝説 (新潮文庫 や 15-2)はこんな本です

ツイートする