花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)

  • 1916人登録
  • 3.69評価
    • (163)
    • (161)
    • (303)
    • (26)
    • (4)
  • 211レビュー
著者 : 三島由紀夫
  • 新潮社 (1968年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050027

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
三島 由紀夫
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 憂国:1961年(昭和36年)。
    華族の末裔で、東大法学部卒で、同性愛者で、ボディビルダー。自衛隊にクーデターを促す演説を行い、失敗とみるやその場で割腹自殺。個性派ぞろいの文豪集団の中でも、三島由紀夫は飛びぬけて強烈なキャラクターだ。軍服姿で拳を振り上げる三島の姿から受ける印象は、皇国主義者あるいは極右といったところか。

    『憂国』は、そんな三島の自画像ともいえる作品だ。大義のために自死を選ぶ陸軍中尉の決意は悲愴かつ勇壮で、国粋主義者ならば「これぞ日本男児の鑑」と感涙にむせぶことだろう。

    しかし、あまりに凄絶な切腹の描写が、観念的な大義の是非など何処か彼方に吹き飛ばしてしまう。これを読む限り、三島にとって政治信条なんて本当はどうでもよかったのではないかとすら思える。彼の関心はあくまで滅びの美学にあり、国粋主義はその美学を際立たせるための舞台装置に過ぎないのではないだろうか。

    肉体が損傷され取り返しのつかない状態になってゆくプロセスを、ここまでねっとりと、エロティシズムさえ匂わせて描ききった作家を私は他に知らない。禍々しさを通りこして、ある種の神聖さすら感じるほどだ。私は『憂国』を読むたび、ベルニーニの傑作「聖テレジアの法悦」を連想する。脳が耐えうる閾値を超えた苦痛は、もはや快感と区別がつかなくなるのかもしれない、と錯覚させられる。

    こういう作品を書いてしまった人間は、ああいう最期を迎えるよりほかないのかもしれない。クーデターが頓挫したから切腹したのではない、切腹したかったから頓挫するような計画を立てたのだ。三島由紀夫という人は政治運動家ではない。思想家でもない。生来のパフォーマーであり、表現者であり、生と死のあわいに異様なまでに執着した生粋の芸術家だったのだ、きっと。

  • ◆学生時代に『仮面の告白』をなんとか読了して以来の三島。あの頃見えなかったものが見えればよいと思いながらの読書。
    ◆多彩な短編群に舌を巻く。面白くもシニカルにも美しく書き上げるも自由自在の感がある。自決でこの才を失ったのがあまりに惜しい。
    ◆どの短編にも基調に失望が漂う。強く求める理想や美学は、ありふれた現実に堕ちてしまう。〈詩〉が現実ならば〈詩〉とは言えない。〈詩〉は現実ならざるものだから美しく孤独なのだ。両立はならない。
    ◆唯一趣を異にするのが「憂国」なのではないか。大義と死をもって現世の〈詩〉が完結する。
    ◆芥川の自死に際して、「文士の自死は認めない、私が認めるのは武士の自決のみ」という由の言葉を残しているようだが、「憂国」の武山中尉の死は、目的を達成するための軍人の死とは思われない。そして三島の死も。自らの内にある〈詩〉を守るための死ではなかったか。残念だ。
    ◆「憂国」で美しいと特に感じたのは、麗子が墨を擦る場面と、武山の死後、火鉢の埋み火を消し、玄関の鍵を開ける場面。
    ◆好きだったのは、「花ざかりの森」「詩を書く少年」「海と夕焼け」「女方」。「花ざかりの森」は自作解説で三島は愛せないと述べているが、私はとても好き。「憂国」よりも。世界はそんなにたやすくは〈詩〉にならない。世界はもっと複雑で、その苦悩によってある視点から見ると七色に輝く。私はそう思うから、求めて失望を繰り返す「憂国」以外を支持したく思う。

  • 『憂国』はまさに三島文学の真骨頂という感じです。
     他の誰にも書くことはできないでしょう。
     外国人にも書くことはできないでしょう。
     日本人の、三島にしか書くことができなかった小説です。

     物語というようなものはほとんどないと言っていいと思います。
     226事件という状況設定と、あとは単に切腹の様子を息の長い描写で描いたものとも言えます。しかし、描写だけで、そこに深い意味を浮かび上がらせているのはさすがです。

  • 『憂国』が凄すぎる。この一言につきますね。
    もちろん、『花ざかりの森』を当時16歳の三島が書き上げたっていうのも凄いけれども。

    「もし、忙しい人が、三島の小説の中から一編だけ、三島のよいところ悪いところすべてを凝縮したエキスのやうな小説を読みたいと求めたら、『憂国』の一編をよんでもらえばよい」

    と三島由紀夫自身が言っているが、そのとおりだと思います。

    とにかくこれさえ読んどけば三島由紀夫読んでるとのたまっても許されると思う。


    ちなみに、個人的には三島作品の中では『三島由紀夫レター教室』が一番好きかもしれません。

    それについては今度レビュー書きます。

  • リアルな写実がトラウマになると勧められ、興味半分で「憂国」を読んだが、そんな事はなくとても美しく儚く綺麗だと思った。

  • この短編集は「憂国」のためにあるのだと思う。
    他の短編が好きな人には悪いが、作者本人も言っているように、三島由紀夫の集大成は「憂国」だと思わざるを得ない。

    文章の美しさ、まるで覗き見たような、実際に経験してきたようなリアルさは元より、怨念すら感じるテーマ、肉欲、生と死……ほんの短い話の中に、全てが凝縮されていて完成されている。

    というか彼は割腹自殺したわけだが……、腹を切った後にこの短編書いたんじゃ?って思うほど、そのシーンはリアルで怖い。

  • 『憂国』― この30ページに満たない短い作品の中には、三島由紀夫らしい「美」がこぼれんばかりにあふれ、彼の描くあらゆる長編作品が濃厚に凝縮して閉じこめられています。三島由紀夫が死の2年前に編み、自ら『解説』を書いた作品集です。

  • やはりインパクトのある作品は「憂国」。
    文章だけで背景や雰囲気や表情、さらには質感までもがここまでリアルに再現できるのかと驚愕した。
    一貫して静寂な雰囲気を保つことでよりいっそう2人の男女の魂の燃え上がる様が強調されていてスピード感もあり、よかった。
    一般的には死が生を引きずりこむイメージが強いが、この作品では、むしろ激しい生が自ら死を掴みにいくという勇ましさがあり、死の描写すら美しいと感じた。
    自分の体や臓器や命を犠牲にして自分の魂を守った三島氏本人の理想の死に様を書いた作品ではないかとおもう。

  • 海と夕焼と憂国がすき。憂国は帝国時代の日本の精神というか、失われた日本の美しさみたいなもの。淡々とした中の勢いがすさまじかった。
    花ざかりの森はご本人の後記の通り無理に気取ろうとしているかんじで凝り過ぎてて、目指そうとしていただろうものがなんとなくわかる程度。でも語彙がとにかく豊富で美しい。

  • 簡潔ながらも濃密な表現で匂い立つほどのエロスとタナトスを感じる。三島由紀夫の多少現実離れしていようとも理想を追い求めるスタンスは好きだ。人物像から関係性から全てにおいて純度が高すぎて、年を経て改めて読むと辛くなりそう。

    妻が夫の自刃を見つめている際の心情を「硝子の壁を隔ててしまったような」、妻も後を追う際の心情を「今度は自分がその謎を解く」と表現したのは本当に上手いなぁと思う

  • 初っ端の短編は難解。ただ情景はやはりうつくしい。
    遠乗会のようなのちの作品に繋がりが見えるものもあれば、卵のように安部公房的な、三島がこんなもの書いていたのか、と思わされるものもあり、バラエティに富んでいた。
    女方、いいねぇ(笑)

    憂国は映画を先に(半分寝ながら)観ていたので、甚だぼんやりとした記憶はあったが、原作は妙にエロい、そして切腹に異様な説得力を感じさせるものだった。
    昭和の退廃・薄暗さと終末のうつくしさ。
    現実はまた違うのだろうけど、鹿鳴館でも見事な腕前を見せてくれたように、三島は本当に時代をうつくしく飾るのが上手いと思った。

  • 三島由紀夫本人が、三島を知りたい人に1つ作品を選ぶなら「憂国だ」とこの本の最後で言っていた。確かに、とても三島っぽい、素敵な作品だと思う。そしてこの作品のすがすがしさにとても魅了された。

  • これまた短編集。
    16歳のキミタケ少年がいきなりまどろっこしい文体で訳のわからないことをおっしゃってらっしゃる。

    ちょっくら国でも憂いてやっか!と思ったのだが、時期が時期だけに頭をもう少しニュートラルにしておく必要を感じる。
    私は読んだ本にしばらく考え方やら文体やらが引きずられる傾向があるのでしばらく封印。

    『こうした生き方――松島の沙づたいにしずかに退いてゆく潮のような生き方は、かつてもっと花やかに荘厳されていたのであった。螺鈿が今や剥がれおちる。このとき夜のうら側に昼とは違ったあるみしらぬ時刻が閃くのを、誰ひとりみたものはなかったのか。』死に対するエレガンス、だそう。(中世に於ける一殺人常習者の遺せる哲学的日記の抜翠)

  •  彼の若き日に創作したものの自選短編集であります。当時の彼の素顔から感じ取ったことや、憧れる生き様など現代の三島文学の原点ともいえる作品が多々ありましたが、正直述べると、読んでいてかなり難解なものが多々ありました。このことについて三島自身が示しているのですが、彼は、このような若き日に作った作品は、超具体的だそうです。前作「仮面の告白」では、自伝という形もあり、時系列に書かれている上に私たちも体験しえる日常での三島をより抽象的(つまり、三島自身が私達のために、抽象化してくれたといえよう。)な作品であった。具体的過ぎて、三島にしか分からないようなことが多かったためかと思います。このことについて、三島は後年の作品では書くことが成長したというよりも、詳しく書く原因は、老いのなかでの「説明したがり」な自分にあると述べていました。
     今後の三島作品と照らし合わせた上で、この行動の起因かと気付きがあればよいと思います。

  • 憂国 エロスと死の対比

  • 憂国の、画面的な美しさと堪えがたい痛みが凄まじく、一番印象に残る。

  • ・憂国
    三島由紀夫の生涯の理想を集約させた一編。

    現実感のある話であって、隅々にまで
    理想を織り込まれた日本男児の在るべき生と死が
    書き詰められている。

    先日読み終えた、カフカの変身は
    現実味の帯びていない設定を舞台とした
    人間社会の不条理のリアリティを突き詰めた作品であり
    その対極に位置するような作品だった。

    読み終えた時には盛大な
    スタンディングオベーションを彼に
    送りたい気持ちだった。

    だが三島の最も尊敬すべきところは
    この作品で作り上げた理想を小説のみならず
    現実世界の中でその身を持って果たしたことであろう。

    死に損なうくらいならば
    選択された死に狂いこそが
    尊厳を持つ勝利の死だと葉隠では語られていた。

    何よりも彼の肉身の人生こそが
    賞賛されうる偉大な1つの大文学に違いない。

  • 再読

    平成5年版のでもう黄ばんでるし捨てる前の読み直し。

    前は花ざかりの森に対して難解耽美だな……
    という感想だったのだけど、
    確かにクォリティーの高い厨二かもwという。
    中世に於ける一殺人常用者のー
    も。後書きで三島自身が前者はイマイチ後者は良しとしてるけど。

    憂国も凄いけど、私はやはり詩を書く少年が好き。
    自分にも覚えがある「あっ、この気持ち、これ本に書いてあったやつ。
    なんだ、そうか、私にとってはすごい事に感じるけど、皆が通ってきた事なのかぁ。」
    と自分が凡人である事に対しての安堵感と落胆と納得。

    女方の密やかな感情の交錯、百万円煎餅のアイロニー。
    完成度の高い短編集。
    多分いつかまた買うのだろうなぁ

  • 表題作花ざかりの森は散文詩みたいで読むのが大変だった。

    卵は、三島由紀夫もコントを書くんだなあと笑っちゃいました。

    あとがきの「忙しい人は憂国を読んで」というコメントにもユーモアを感じた。
    どんなに優れた作品も、完成された芸術性をもった小説も、結局読んでいるのは時間のある人なんですよね。読んでいる暇人ですみません、

  •  
    ── 三島 由紀夫《花ざかりの森・憂国 ~ 自選短編集 19680917 新潮文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4101050023
     
    ── 三島 由紀夫《憂国 19610100 小説中央公論 19660412 東宝》
     
     三島 由紀夫 作家 19250114 東京 市ヶ谷 19701125 45 /割腹自決
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19701125 三島事件の人々
     
    (20170326)
     

  • 三島最初の作だからか、よくわからない。挑戦的な物言い、展開は、圧巻。そこここに三島らしさを感じることはできる。よく若い年齢でこんなわからんものを書けるものだ。憂国も読んだ。読みたくなかったが、一度は読まなきゃかなと思って。やはり辛かった。作品評価は、…おいおいでないと考えられません。

  • 花ざかりの森のみの感想。単語を象徴として・隠喩として頻繁に用いていると思います。詩作品の中に単語を象徴・隠喩として使っている作品があります。花ざかりの森は、それら詩作品との類似点が多いと思います。花ざかりの森を読んで、(単語を象徴・隠喩としてよく使う意味での)詩作品を読んでいる様に思いました。
    この作品は、作者が古典の範疇に入った作品達から、学んで書いた作品だと思います。観察者・認識者・評論家の様な視点から書かれた作品、もしくはそのような性格の人物を作中に登場させるのが、作者の作品の一番の特徴だと思いますが、この作品ではその傾向が薄いと思います。古典の作品達の共通の骨格(文学の王道のようなモノ?)を用いてこの作品を造ったと思います。作者は比喩が巧みだと思いますが、比喩の巧みさはこの作品にも見られると思います。
     この作品から、美しさ・純粋さへの憧れ・希求を感じました。この作品が書かれた時代、この作品を書いた作者の年齢を考えると、美しさ・純粋さへの憧れ・希求はおそらく意識的に書いたと思います。そしてこの部分が、古典の作品達とこの作品との多少の違いを見せていると思います。

  • 何度も読んでいる『憂国』。その他の作品も時代を感じさせるものばかり。
    ちょうど『日本会議の研究』を読んでいたので、リンクするところもあり、それぞれが理想とする「日本」を作りたいし、その思いが強い人が勝つんだな、と思う。

    それにしても、介錯なしの割腹自殺の描写はすごい。

  • 三島由紀夫の自選短編集。
    「憂国」がとにかく圧倒的。残りは読み物としては微妙というか読者を選ぶものが多かった気が。(三島研究的には重要なんだろうけど)ただ初期の頃は色々挑戦したりしてたんだなと、”完璧”のイメージが外れた感はちょっと新鮮。

    ・花ざかりの森
    やたらひらがなが多くて眠い!
    文頭からつらつら文字を追っていって、頭の中で漢字を振り直して、はて、どこまで読んだっけ?っていうか何の話だっけ??って。すまん眠すぎて無理。

    ・中世に於ける一殺人常習者の遺せる哲学的日記の抜粋
    これも美麗な文章なんだけど暗号文みたいでよく分からない。美意識?存在意義?死によって彩られる生?

    ・遠乗会
    前2つよりうんと読みやすくなる。昔自分に惚れてた男が、再会したら欠けらも自分を覚えちゃいなかったなんて同窓会あるあるだし。”少女”の純粋性が崩れる刹那を捕えたかったのかな。だけどまだ奥歯に物の挟まったような。

    ・詩を書く少年
    少年三島の自画像的な短編。無知なのでシラーとゲーテの違いが判らない。でも十代の根拠なき傲慢と不安みたいなのは今も昔も変わらないのかなーと思ったり。三島の詩ってどんなんだろうと思うけど、全集に手を付けたらだいぶ大変そうなので尻込みする…。

    ・卵
    道化劇らしいけど面白さが全然分からなかった。絵本なんかにこういう夢か現かみたいなのあったかも。衆愚の暴走に対する風刺っぽくも読めるか。

    ・海と夕焼け
    遠藤周作っぽいなーと思う。神の不在と諦念と、なお残る割り切れなさと。落日の光と海の揺らぎが静かで絵になる、好きなタイプの物語だった。

    ・新聞紙(シンブンガミ)
    彼女が不幸だとはどこにも書いてない。けど、現実の家族でなく、妄想の赤ん坊で頭を満たしてってのは不幸じゃないかなーという気はした。気が付けば狂気の淵が目の前にあるっていう怖さを狙ったものか。

    ・牡丹
    猟奇殺人の記念花?これもだから何だという感じ。もっと掘り下げてくれたら面白くなったと思うんだけど。

    ・橋づくし
    恵方巻を無言で食べる関西の風習に似てるかなーと。群れる女子とか街の風情とか絵になる風景。一人願掛けを成就する女中の不気味さがちょっと嫌な感じ。こんな子傍に置いといたら寝首掻かれそうと思うのは性格の悪い証拠だろうか。

    ・女方
    片恋の身勝手な崇拝と幻滅と、嫉妬と混乱とは分からなくもない。でも野暮を承知で口を開く訳じゃなく、恋路のただの傍観者なので特に面白くはない。

    ・百万円煎餅
    これも事実がぽんぽんと乗せられ、仄めかされていくだけで消化不良。節約夫婦と風俗との取り合わせを結び付ける金の歪みと。

    ・憂国
    皇国軍人の美学は全然分からない。が、閉じて濃縮された時間、夫婦の心中に至るまでのねっとりと熱に浮かされた描写は読んでてゾクゾクした。銀座のママが官能小説ってったのも分かる、っていうか作者が同性愛者だというのは頭にあったので、男女物も書けたんだ~と変に感心。その後自ら小説の通りに割腹自殺してしまうことを思うと、この作品が彼の1つの理想形だったのかもしれないと思った。

    ・月
    連呼される”芋”ワードに、思い出すのはアラレちゃんの刈上げ女児(検索すると”皿田きのこ”って)。芋に執着してる時点で自分たちも芋の一部でしかないと思うんだけど、「自分たちが特別な存在ではないかもしれない」ってのは多感な時期には向きあいたくない考えなのかも。無謀で頭でっかちな所がちょっと「詩を書く少年」に似てるか。

全211件中 1 - 25件を表示

花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)に関連するまとめ

花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする