禁色 (新潮文庫)

  • 1713人登録
  • 3.59評価
    • (114)
    • (167)
    • (333)
    • (19)
    • (2)
  • 161レビュー
著者 : 三島由紀夫
  • 新潮社 (1964年5月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (580ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050058

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

禁色 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 老作家・檜俊輔が、かつて自分を袖にした3人の女に復讐するために、同性愛の美青年・南悠一を傀儡にして3人の女を悠一の虜にしてしまう。
    スリリングなストーリー展開に、当時のゲイ社会に取材したリアルな描写、三島特有の文体、これでもかとばかりに浴びせられる豊かな語彙があいまって、最後まで読み飽かなかった。
    やはり日本最高の小説家は三島由紀夫だ、間違いない。

    随所随所で三島の美意識が爆発していておもしろい。
    以下は特に気に入った箇所の引用。

    「芸術というやつはどうしてこうも醜さに口実を与えるのだろう、それも天下御免の口実を」(p106)

    「何の責任も義務も負わないことが美しいものの道徳なんだ。美は自分の不測の力の影響についていちいち責任を負っている暇がないんだ。美は幸福なんかについて考えている暇がないのだ。まして他人の幸福なんぞについて。……しかしそれだからこそ美は、そのために苦しんで死ぬ人をさえ幸福にする力をもっているんだ」(p193)


    三島本人のその後の人生を予見するような言葉に遭遇して何度も「おや」と思わされた。たとえば次のような文。

    「彼らは社会を向うにまわして(中略)挫折に終わることのわかっている感傷的なクウ・デタや、さまざまの悲劇的な青春を夢見たのであった」(p485)

    「しかし、死において、自殺という行為と、生の全的な表現との同時性が可能であることは疑いを容れない。最高の瞬間の表現は死に俟(ま)たねばならない」(p568)

    三島がこの本を書き上げたのは28歳のとき。
    そのときすでに自らの死のシナリオを頭の中に描き始めていたんだろうか。

  • 三島由紀夫の文章は絢爛過ぎてあんま長いこと読んでると疲れちゃう(笑)嫌いじゃないし、すごい、って圧倒されるんだけど、覚悟がいります。後半は飛ばし気味に読んでましたー先生ごめんなさい。
    性欲を感じるのが少年だけ、という美青年の男色家っていう主人公?だけど、性欲を感じるだけで拘泥がないのって、女から見るとそれ愛を知らないんでは、と思ってしまう。まあ、愛ってテーマの作品でもないのだろうが。最終的に檜俊輔に死ぬほど愛されて終わるから、そこがパラドックスというか。でも23歳って愛を語れるほどの年齢でもないだろうに。それくらいで結婚しちゃう親孝行さが悲劇だったのかな。妻へ向かうべき性欲が他に向いてしまうことについて罪悪感を覚える繊細さも彼の悲劇だ。どんなに美貌でも、幸せになるって難しい、てことか

  • 一目で人の心を惑わしちゃうくらいの美貌を持って生まれるのって
    どんな感じなんでしょね?
    残念ながらそれを持ち合わせずに生まれてきたから、
    そりゃーもう興味しんしん。

    だけども、悠ちゃん、中身は空っぽ。
    あっちこっちでヤリまくってトラブルおこしても
    しれっとしてるの。すごいな!
    そしてそれが許される。だって美人だから!!

    空っぽな悠ちゃんに恋しちゃった人たちの方が色々考えてて、
    それがもう恋愛に関する悩みがつまってて、
    読んでて心が痛い。

    特に老作家の気持ちは、
    モテる人に恋をしてしまった人なら共感してしまうんじゃないかなぁ。

    んんー三島由紀夫さんの美に対するコンプレックスみたいなものが
    まざまざと感じられる一冊だったかも……。

  • 三島由紀夫、男色の名作。

    人間の醜さを三島由紀夫特有の文章の美しさで、綴られる。

    相変わらず病みつきになる三島由紀夫の文章、そして醸し出す筆者の世界観。

    今回は男色を描いているけれど、生々しい文章も取り分け美しく描かれている。

    悠ちゃん、
    彼は甘美なる絶望的な孤独者。
    惹かれてしまうのは、人間同志が持つ、『孤独さ』がお互いに共鳴し合ってしまうからかもしれない。

    お金が全てではないけれど、俊輔の最期、悠ちゃんへ示した愛は…お金よりも遥かな呪縛、永久に甘く苦しい呪縛。

    あの終わり方は好きでした。

  • どろどろな人間関係をあんなにきれいな文章で書いたら、汚いこともきれいになる。

  • 悠一の純粋さ、姑息さ、傲慢さ、美しさ、滑稽さ、優しさ、全てがまだ若さゆえの貴重な宝石に見えた。
    悠一の自由奔放っぷりに呆れつつも、純粋な部分に惹かれたり、時には哀れんだり、読んでいて定まらない。

    若くて美しいって毒だと思わされる。

    そしてあの鏑木信孝に口説かれるシーン。
    朝まで悠一を賛辞し、悠一の心を徐々に開かせ、ここだ、と言う時に物凄いとっておきのやり方で口説き落とす。

    夜中から朝にかけて長時間、紳士に悠一を賛辞し続けた姿からは一見そうじゃないと思うかもしれないけれど、これこそ真のSだと思った。感動した。

  • あらすじだけでもとんでもなく面白そうなのに、文章の素晴らしさがたまりません!
    こういうのを読むと、純文学の作家さんの、一般人がどうしても言語化できない矛盾やいびつな感情をきちんと言葉にする能力に感嘆せざるをえません。

    康子って、結婚した途端にどうしてあんな大人しくなってしまったのでしょう?冒頭の登場シーンとはかけ離れ過ぎていて、そこだけしっくりこなかったなぁ。

    醜さってまず自身から破壊していきますけど、美しさは周囲から破壊していくんですね。

    三島由紀夫は自決さえしていなければ、サリンジャーは作品を発表し続けてさえいれば、二人ともノーベル文学賞獲れたんだろうなぁ、と思います。

    11.10.10

  • 愛することの葛藤、そして愛は同性・異性関係なく、難しいものだとも。三島の文体は、苦手な人もいるだろうけれども、私は大好き。綺麗で深い。

  • 久々ではなかろうかな五つ星。。。というかもう、凄いとしかいいようが無い。
    老いた小説家俊輔、俊輔が裏切られた復讐をはらすための契約を結ぶ絶世の美少年悠一。
    もう最期のへんでは忘れていたが悠一の妻康子は最初俊輔の想い人であった・・・そう考えるとぞっとする。それが俊輔なのだと思わされる。
    残念なことにこの老人も悠一の虜になってしまうわけだが、悠一の変貌ぶりは目覚しい。数々の人間を破滅へ導いてゆくも、本人は誰にも感化されない。
    この青年が少しでも心奪われたことがあるとすればそれは鏡の中の自分、他人の眼に移る自分、他人が想いを寄せる自分である。それでいて悠一が単なるナルシストだりえないのは、すべて彼の性格、性質?男色という暗い運命のうちにある人生への絶望、諦観からくる翳につきる。
    私は悠一がもっと心乱すような恋があればいいのに。と想った。はていずれそうなる事がくるのだろうか。彼は俊輔の呪いにかかったままであり、莫大な財産という重しのような枷まではめられ。だけど、そんなもの彼にとっては無意味も同然のようにも思える。まったく意味をなさないような。最期の嫁、康子の変貌ぶりは私はものっすごく快感だった!このうえもなく悲劇的かもしれないけれど、私はその点において悠一を憎んでいたから。彼女は初めて悠一から「解放」された人間なのではないかと思うのだ。解放というかもう、堕ちたのかもしれないけど。とにかく。きっと悠一は娘の渓子も愛することはないだろうし、家族も母も関係ない。悠一の中では俊輔という暗い呪いと、自分という世界しかなくって、この先も自分ひとりの世界で死んでいくのでは。あ、くっら〜・・・
    その他、人間関係すごすぎる。やはり鏑木夫人が一番感情移入できるのだが、夫婦そろって悠一の虜になる滑稽な鏑木夫妻、この二人の関係が、この「禁色」を読んだ上での一番の収穫だった。鏑木夫妻の共犯関係。そういう絆があるのだと、一般の夫婦関係とはまったく違う。男女の関係とも違う。兄弟肉親なんでもなく人間としても共犯的関係。結局鏑木が最期に求めたのは夫人である。ん〜衝撃的だった!
    ほか気になった登場人物。ジャッキーの現在の年下の愛人(かなりやり手ー!)・稔の義理父というかパトロン?密告したオヤジ。魅力的な人が多すぎる。
    「好きだなぁ」「別れるなんて、まるで先生と僕の間になにかあったみたいですね」「ふん、おんなじことです。どっちも助平でどっちも退屈ですよ」
    どえすすぎる悠一様がもう、ほんっとにやばかった。結局彼は誰も愛してないし、自らの闇に沈んでゆくばかりで、他人との間におこるあれこれは全部なんか
    竜巻のような小さなひっかき疵のようで。むしろ最期はいざこざを前に、少なくとも退屈しねえぜ!みたいなノリだし。
    それに比べ翻弄される周りの愚弄な姿。かみ合わないコミュニケーション。こんなに人は駆け引きを繰り返して虚構を前にみんな演技。空恐ろしい仮面の下。
    禁色は色んな意味で人間の欲望と醜さをするっと一皮むいてみたような。美少年という異物によっておこる化学反応を前にして。ひーっ美少年・・・

  • 三ヶ月も読んでた.長かった.うまいなぁと感心する表現や,比喩,アフォリズムが頻出する.しかし,やっぱり楽しめないんですよね.私には,三島由紀夫は.

  • 女たちに裏切られ続けた老作家が、男色家の美男子を利用して女たちに復讐をする話、と聞いて読んだのだけど…
    悠介は完全な男色家じゃなくて女性の良さを知らなかっただけのバイセクシャルだし、結局老作家の女たちへの復讐もさほど成功していないように思えた。

  • BL小説なのだが、主人公の美青年は妻帯。
    老作家の手管で女への復讐をする一方、男にももてまくる。
    芸術論としても読める。小難しいけれど。

  • 三島由紀夫は同性愛者として有名であり、なかでもそのことを書いた『仮面の告白』は代表作として知られ国語便覧などでも紹介されているが、しかし今回読んだ『禁色』もまた同性愛を描いた作品であり、しかも個人的にはコチラのほうがより傑作であると感じた。『仮面の告白』はどちらかというと同性愛を描くことそれじたいが目的化しているのに対し、本作ではさらに掘り下げて同性愛とはなにか、愛の本質とはなにかという根源的な問いかけを作品を通じて行っている。また、本作が一見同性愛をメイン・テーマに描いているように見えながら、じつは「異性愛」こそがメイン・ストリームとして扱われており、そのことのアンビヴァレンスこそがやはりノーベル文学賞候補とまで謳われた三島由紀夫の白眉なのであろうと思う。正直、読んでいて難しい部分も多く、文藝評論家のように一部を引用してどうのこうのと論じることはできないのであるが、それでも傑作であるということにかんしては間違いないと思う。

  • 鏑木夫人が悠一と旦那の秘密を覗き見てしまうシーンと、その後秘密を知って尚、悠一の危機を弁舌一つで切り抜ける鏑木夫人の愛の発露に惚れ惚れする。

  • 出版社からのコメント
    女を愛することの出来ない同性愛者の美青年を操ることによって、かつて自分を拒んだ女たちに復讐を試みる老作家の悲惨な最期。(Amazonより)

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    渋谷区等で、同姓婚が認められて間もないですが、
    本当に今はいい時代になったなぁ、と思わずにいられないですね...

    先日たまたま機会がありまして、
    いわゆる「ゲイとパートナーシップの歴史」みたいな
    テーマでのLGBT(で合ってたかな)でのセミナーを
    WEBで拝見したことがあるのですよ。

    そしたら、そこで見た内容と今回の小説の中での
    ゲイ同士の知りあい方やパートナーシップが
    本当に同じで、当時の方々の苦労がまざまざと...

    ・出会いはH公園 とか。
    ・継続的なパートナーシップは望めなかった とか。
    ・トイレの落書きが出会いの手段 とか。
    ・いわゆるハッテン場みたいなものでその場限りだった とか。

    ←これらはすべて昭和の時代のお話で、
    セミナーでは歴史の中で語られている内容でした。

    もちろん今はそこまでクローズドなものでもなくて、
    いわゆるカミングアウトしている方もたくさんいて、
    ちゃんとしたパートナーシップを異性と同様に
    築いているカップルもたくさんいて。

    この当時だからこその、この小説なのかな、と思った次第。

    とは言え、この小説を読んでいると、むしろ鏑木夫人や
    悠一に恋して結婚する康子なんかが普通ではなくて、
    世間にはゲイであることを隠して結婚し家庭を作る悠一や
    その周りのゲイたちの方が普通に思える...

    くらいの思い入れのある書きっぷり。

    ゲイさんたちが本当に老いも若きも生き生きと、
    クローズドながらもとにかく人生を楽しんでいるのですよ。

    相手を変えての逢瀬や、三角・四角・それ以上の関係によるもめごと、
    優越感、嫉妬、独占欲。

    いろんな欲望をあらわにしながら、みずみずしくさえ感じられる....

    事あるごとに悠一の美しさが強調されるので、
    どんな人かな~と勝手に想像してるのですが
    そこはやっぱり三島本人が投影されているのかな?

    でもその悠一を逆美人局に使う老境の作家、檜俊輔
    (こっちがほんとの主人公)にも三島自身の姿が
    投影されているようにも思える。

    彼の中にあるたくさんの人格や思いやあこがれや禁忌や、
    いろんなものがつまった作品なのだろうと...

    最後は悲劇と聞いていましたが...
    私はこの結末に納得は出来ないですね (-"-;)

    Wikipediaにも書いてあるんでネタばれでもないんでしょうけど、
    最後悠一だけいいとこ取りでないかい?

    遺産まで残すことないんでないかい?

    そりゃー、俊輔も悠一に惚れていたからとは言え、ねぇ。
    ダメよ、悠一さんは小悪魔よ!きぃー!
    (って誰)

    にしても、同性愛(漢字合ってる?)よりも異性との不倫の方がまだまし、
    ってなっちゃう嫁と母親の錯乱ぶりは突っ込みどころ満載。

    思わず息子の不倫相手(嘘だけど)に「よろしくお願いします」って
    頭まで下げちゃうお母さんがゲシュタルト崩壊しちゃってていじらしい...

    昭和当時の風俗論としても、非常に有用な作品ではないでしょうか!

    にしても...今日までのように同性愛やいろんな愛の形が認められる世の中を、
    三島が見たらどう描くのか、それはそれでとても興味がありますなぁ。

    長生きしてほしかったですね...(´ω`*)

    三島は同性愛だけじゃないって?
    そうでしたそうでした(苦笑

  • 女に裏切られ続けて来た老作家が、男しか愛せない美青年と出会い、女たちに復讐をしていく話。

    妻子持ちの美青年の家族に密告の手紙が来る所が面白かった。

  • 三島由紀夫が26歳の時に書いた「仮面の告白」と並ぶ男色小説。

    老いた小説家は自らの醜さと、そのことによって(と本人が考えている)自分を捨てた女たちへの復讐のために、男性しか愛せない美青年を利用する。
    しかし従順だった美青年は男たち、女たちとの関わりの中で、小説家の手を離れ、彫像から「人間」になっていく。

    発表当時、男色を社会に対するプロテストと解釈した批評家が多いようだが、三島にとって敗戦後の日本は醜く変貌していくばかりであった。だからこそ益々強くなる「美しきもの」への憧れがこうした形になったのだろう。

    さらに、青年は自らの美しさを愛されれば愛されるほど醒めて行き、一人の人間になっていく。三島にとってそれは幻滅だろうが、それをあえて描いたところに、どうにもならない戦後日本に対するニヒリズムが見て取れるような気がする。

    青年は妻との間に子どもをもうけるが、その行為は当然欺瞞である。だが、彼は多くの男たちと交わるものの、そこに精神的な恋愛感情がまったく見えない。逆に、青年は難産に苦しむ妻や、自分をストイックに愛し続ける元伯爵夫人に愛情を感じたりする。

    徴兵検査で丙だった程ひよわだった三島が、たくましい男性の肉体に憧れたことは容易に理解できる。その証拠に、三島は30代で肉体改造に打ち込むことになる。おそらく三島は男性を愛するというよりも、その肉体を愛したわけで、これを男色というのか、男色に精神的な恋愛感情があるのかどうか私にはよくわからない。ただ、結局誰も愛さない青年の姿が、三島の中に棲んでいたことは否めない。

    ところで、三島の作品を読む度に不思議な感覚にとらわれる。三島の空虚さだ。美しい色を創り出すがそれ自体は無色透明なプリズムのような。。。それが何なのかに触れるためにも、彼の作品は読み続けたい。

  • 果たしてこれは復讐だったのだろうか。
    後半は悠介の美に振り回されたように見える。

    ただ、美しいだけということに余計な思索はいらないのだ。

    鏑木夫人に秘め事がばれた場面でもある、
    第一部の終わりが一番盛り上がった。

  • 老作家檜俊輔がギリシャの彫刻のような美少年悠一を使って自分を裏切った女性たちを破滅させていく第一部と、悠一は俊輔の作品としてではなく現実として歩き始め、俊輔は悠一に美について語り自殺する第二部。同性愛という「仮面の告白」でも登場した三島由紀夫にとっての大きなテーマとそれによる当時の社会への反逆。そして死と美と表現の関係性。
    解説にある「私は自分の気質を徹底的に物語化して、人生を物語の中に埋めてしまおうという不逞な試みを抱いた」という三島の言葉から三島の最後を知っている我々は、俊輔の試みや行動が三島本人のそれだったのではないかと思わされる。

  • 終始妖しく、美しく、淫靡な世界。
    少年に魅せられて堕ちていく人たち。
    悲しいような、自由なような。

  • 最後が考えさせられるわ。三島由紀夫の書く文章は美しい。

  • これだけの長編をいくつも書いているということにまず脱帽。
    言葉では言い尽くせない「何か」を追い求め、表現しようとしてたんだろうと思う。そのことにはまず手放しでスゴイと思う。

    しかし、読み始め、これは映画「ベニスに死す」を映像で見たひとりひとりの心中で育まれた物語を言葉で表す作業を三島が行ったと思われた。なので、独自の物語ではなく、翻訳本のような感覚を覚えた。が、ベニスに死すと禁色、どっちが早いのかな?(ベニスに死すの原作は禁色よりも早いようです。なので、三島は原作に影響を受けていると思われる。-後日、追記)

    これは小説というよりも自分の追い求める思想や理想を書き連ねているという印象。自分を正当化するための表現である印象が強い。物語というよりも自分の周りで起こっていることを書いているに過ぎない印象もある。

    表現が難しく、回りくどく、読み手に能力がないと理解してあげられない残念感もあり、最初の数ページで三島の文体を理解しようと思うのはやめ、理解できないものとして読んだ。

    かわいそうだな、と思った。

  • 禁色
    テンポが良く非常に読みやすかった。俊輔と悠一くんの関係が面白い。女を愛する老人と少年を愛する青年の奇妙な友情(?)。あの関係性を正しく表現することができない。
    周りののキャラクターが濃い。物凄く濃い。鏑木夫妻が印象的。不倫で相手が同一人物というのは男色ならでは。
    三島作品に共通する『美』とは何かを感じた。同じ男色物でも仮面の告白とはまた違うな…と。
    悠ちゃんの登場シーンが美しい、なんとも色っぽい。
    先が読めず何回もいい意味で裏切られた。展開を知った上で読み返すのが楽しみ。

全161件中 1 - 25件を表示

禁色 (新潮文庫)に関連するまとめ

禁色 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする