沈める滝 (新潮文庫)

  • 436人登録
  • 3.37評価
    • (19)
    • (30)
    • (99)
    • (6)
    • (2)
  • 43レビュー
著者 : 三島由紀夫
  • 新潮社 (2004年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050119

沈める滝 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 愛を信じない美貌の男が、不感症の女を初めて愛する。女が、男が幼い頃に親しんだ、不感の物質「石と鉄」と同じように見えたのだ。女のほうも、初めて自分の肉体を愛してくれた青年を愛する。誰をも愛せない二人が出会ったのだ、数式の負と負を掛け合わせて正を生むようにと人工的な愛をはぐくむ試みを行う二人。それは成功していくかのように思えたが数年後、不感症が治った女のことを、男は愛せなくなっていた。女がなににも感動しないが故に愛していたという男の本音を知り、絶望した女は身を投げる。・・・結局また「死」で終わってしまった。三島の思想の行きつくところは死なのだろうか。女が死んだことをなんとも思わない男に憤りを覚えた。

  • 比較的早い時期の長編小説だが、すでにして大作家の風格は十分だ。主人公の昇は、門閥、資産、学力、学歴、勤務先、容貌と、あらゆる点で恵まれている。彼は常に、女とは一夜限りの関係を続けてきた。ドン・ジョヴァンニがそうであるように、猟色は愛の不毛に他ならない。顕子がかつては肉体的に冷感症だったごとく、昇は精神的な冷感症に捉えられており、彼はとうとうそこから抜け出すことはできなかった。先行作では『禁色』の悠一に、そして後の作品では『春の雪』の清顕に繋がる三島文学の、ある意味では主流をなす愛のニヒリストの系譜である。
     なお、越冬後の田舎町の描写をはじめ、随所に三島の「うまさ」も堪能できる作品だ。

  • 無機質である有機体を愛する城所昇。その無機質で無感動であった顕子への人工的な愛を醸成するべくダム建設の行われる雪山で一冬を過ごす。まるで人間的から程遠い環境の中でこそその愛は花開かんとしていた。春を迎え、人間世界に降り立つや、一切が新鮮に見える中、不感症が治癒した顕子は昇にとってもっとも凡庸な女に変わっていた。雪山の中で人工的に作り上げた愛が「愛」であり、身投げした顕子の遺体がいまやダムに沈み想起される小滝こそが顕子との「愛」の縛りである。あらゆる存在は観念の中において創られるという三島文学の要素が詰まった作品。

  • 昇のモンスターぶりにクラクラしながら読み進めたが、最後に菊地っつうラスボスの登場で一面焼け野原って感じ。顕子の最期の描写があっけなかったかなぁー。
    陰惨な誇りっていうフレーズに心刺された。

  • 最初は面白そう。最後はあまり。

  • 山ごもりしてるところがつまらなかった。

  • 1999.7.23 読了

  • ヒロイン顕子は失恋するのだろうなあ、最後は自死を選ぶのだろうなあ、そうしないと物語を終えられないのだろうなあ、漠然とそんなふうに考えていた。顕子は主人公昇のどこに魅かれたのだろうか。他の男たちと何が違ったのだろう。というか、昇はどうしてそうモテるのか。まあ、うらやましいと言えばそう言えなくもないが、誰のことも好きになれないという点ではかわいそうにも思う。顕子を好きになったはずだったのに、男と女の間で、相手の思いが重たく感じる気持ちは、今もずっと昔も変わりはしないのだろう。・・・ああ、そんな思いになってみたい。いや、そんな思いにさせているのだろうか・・・。「あの人は感動しないから好きなんだ。」瀬山が顕子に、昇がどうして顕子を好きになったかの理由を言ったとき、彼女の時間はすべて止まってしまったのだろう。自分に似た滝に身を投じずにはいられなかったのだろう。

  • 石や鉄のように心が冷たい男女の物語。

    男がダムだとしたら女は滝だと、暗に示している。女の感情を溢れんばかりにせき止めるダム。女は死に、滝はダムに沈んでいく。

  • 昔という程、時間は経ってないはずだが、

    どうしてこの時代の小説は、その情景がありありと浮かんでくるんだろう。

    福島の県境、只見川沿いのダム巡りをした時の景色、そのままが。


    もっと文学に触れたいと思わせる一冊。

全43件中 1 - 10件を表示

三島由紀夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
谷崎 潤一郎
三島 由紀夫
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

沈める滝 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

沈める滝 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

沈める滝 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

沈める滝 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする