獣の戯れ (新潮文庫)

  • 442人登録
  • 3.35評価
    • (21)
    • (30)
    • (105)
    • (10)
    • (2)
  • 43レビュー
著者 : 三島由紀夫
  • 新潮社 (1966年7月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050126

獣の戯れ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2003年 読了

  • 嫉妬することのない妻・優子を嫉妬させたいがために他の女と関係をもつ逸平。そんな優子に同情をする学生・幸二。あるとき優子と幸二は逸平の他の女との情事の現場に居合わせる。話し合いも実を結ばず泣き崩れる優子を逸平が打ったのをきっかけに幸二はたまたま拾ってあったスパナで逸平を滅多打ちにする。出所後、優子の元に引き取られた幸二は、不随を抱え、失語症になった逸平に再会するが常に朗らかな微笑を湛えた彼は昔の逸平とは違っていた。逸平という失語症の「穴」を中心に回り出す新しい生活。幸せに感じられるその生活になぜか幸二は不信感を抱いていた・・・。逸平が本当に考えていたことは「死にたい」ということだけだったのか。それとも幸二が言ったように自分という存在を中心に優子と幸二にエロスを立ち回らせ楽しんでいたのか。それとも両方か。逸平を絞殺し逮捕された後、3人の墓を並べてくれと頼む優子と幸二。最後に優子が言う「わたしたち本当に仲がよかったんです。信じてください」という言葉がせつなかった。

  • 好きだ

  • 青年どもには解りえない大人の純愛物語である。尋常とアブノーマル。あなたはどちらですかと読者に問うている。

  • 今まで読んできた三島由紀夫作品の中では一番「それでどうなったの?」と思うことなく本を閉じることができた作品。

  • 奇妙で幸福な三角関係の果ての「愛」、そして「死」。決して有名ではない作品にも、三島由紀夫の魂はくっきりと描かれています。

  • どれだけ浮気を重ねても、決して嫉妬してこない妻の態度に実は自尊心を傷つけられている逸平。
    自らの自尊心を守るために妬心をひた隠す優子。
    そんな夫婦のひねくれた愛情…ここまでは分かりやすい。
    けれど、恵まれた居場所に寝そべりあらゆる精神的営為に嘲笑を浮かべる逸平の「心の腐敗」に嫉妬した幸二が、夫婦の関係に深く食い込んでいくあたりから、心情が複雑すぎて分からなくなってくる。

    罪を犯した人間の悔悟の先には幸福がある――そんな乱暴な論理に支配されてしまったかのような、不可解な関係性。
    3人ともが役を演じているみたいだった。

    罪によって結びつけられた関係性。
    彼らの飢えは、そうした特別な愛の形によってしか満たされなかったのか。

  • 「一体、あんたは何を望むんだ。できないことを知りながら誘惑する。逃げ場のないことを知りながら追いつめる。蜘蛛のほうがあんたに比べればまだましだな。蜘蛛はとにかく自分の糸を紡ぎ出して、獲物をからめ取ろうとするんだから。あんたは自分の空虚を紡ぎ出さない。ほんのこれっぽっちも支出しない。あんたは空虚の本尊、空虚の世界の神聖な中心でいたいんだから。」

    三島の中でもあまりない作風だな。『異邦人』みたい。

  • さまざまな意味合いにおいて、何かとわかりにくい作品だ。作中にも、その言葉は現れるものの、我々読者が表題から想像するものと、作品内容との間にはけっして小さくはない階梯がある。また、優子像もいわば曖昧さを残したままで物語は進行してゆく。そして結末部で結像する優子は、もはやほとんど別人であるかのようだ。一方の幸二の方は、はるかに諒解し易いが、それにしても行為と思惟との間には、やはり乖離があるだろう。結局、この作品全体を通して確かなものといえば、3つ並んだ墓石だけなのだ。物語の構成もまた、それを証左している。

  • 美しい・・・漁村に沈む夕日の描写から道端に転がる錆びたスパナの描写まで筆舌尽くしがたい美しさ。どの著作読んでも思うけど日本語の極地を行ってるね。全体に広がる深い悲しみと炎のような情欲。一葉の写真から物語が始まるのは太宰の『人間失格』を思い出させられたな。

全43件中 1 - 10件を表示

三島由紀夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

獣の戯れ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

獣の戯れ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする