音楽 (新潮文庫 (み-3-17))

  • 1908人登録
  • 3.53評価
    • (118)
    • (246)
    • (429)
    • (31)
    • (7)
  • 221レビュー
著者 : 三島由紀夫
  • 新潮社 (1970年2月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050171

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
吉本 ばなな
安部 公房
坂口 安吾
三島 由紀夫
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

音楽 (新潮文庫 (み-3-17))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めてレビューを書いてみようと思う。あわよくば、これで私の稚拙な文章が少しでも改善されることと、レビューを書かずに逃げるという悪癖が治りますように。

    この三島由紀夫著「音楽」を読んでみて。最初に感じたのは、やはり三島由紀夫は素晴らしいということだった。
    不感症の女性を中心に取り巻く愛憎模様がこの作品の中枢だが、やはり精神分析医にかかっているという背景から、フロイトの提唱する心理学を念頭に様々な心理学の詳細な知識が介入する部分があるが、そこは流し読みしても充分楽しめる作品だったと思われる。
    私が三島由紀夫の作品で何よりも好きなのは、決して女性が弱くないということだ。角川文庫の「夏子の冒険」の主人公「夏子」もそうであるように、裕福な家庭で生まれ育った女性であるという背景に違いはなくとも、彼女たちの強さはその自我であったり、美貌であったり、心構えであったり、ともかく男性が決して踏み散らかせない領域であることに間違いはない。実際、男性に振り回されて敢え無くその美貌や性格を台無しにする女性がいても、それは芯が弱いだけであったと思いたい。その上で、そういう女性たちは自我や心構えという点で落第者である。
    実際、この「音楽」の主人公「麗子」であっても、その究極的な美貌と心理学的な悪魔的性格から、男を―――時には主治医の精神分析医さえも―――虜にしていく。その過程は、確かに彼女の美貌、性格が為したといっても過言ではないが、しかしそこには、確かに彼女がこれまでの人生において培ってきた知識や知恵が存在した。つまり美貌と悪魔的性格だけでなく、それなりの知識的素養も身につけている女性の、全てが総合的に作用したからこそ為された業であるということに、私は女性の恐ろしさと、女性の可能性というものを教えられたのである。

    不感症であるゆえに音楽が聞こえない―――つまり性欲を音楽に喩えたこの表現は、この作品の一種のキーワードといえるのであろう。何か感じたことがあるとすれば、私はこの表現がとてつもなく好きだということだ。

    女性の描き方から、言葉の表現から、三島由紀夫は私の憧れる作家である。言葉を自由自在に操り、その言葉で女性を表現する。これが、私がこれからも三島由紀夫を読もうとする理由なのだろう。

  • 三島にしてはわかりやすい平易な文章で書かれており、非常に読みやすかった。三島の作品でここまで内容を理解できたものは他にないと思う。
    麗子とその兄を禁断の行為へ陥れた酒場の女に怒りを覚えた。度をすぎた行為は被害者の人格、人生を大きく変えてしまう。特に傷つきやすい女性や人格のまだ形成途上の若者・子供に対しては殊更にそうであるので、行動に責任を持たなくてはならないと感じた。最後はハッピーエンドで満足。

    新潮文庫の三島由紀夫作品残すところあと8冊。頑張って読みきります。

  • 三島由紀夫が1964年に発表した長編小説です。この"音楽"というタイトルから想像できる内容ではありません。精神分析医の主人公の元を訪れた不感症に悩むある女性患者の治療をする話です。"音楽"は"オルガスムス"の隠語です。近親相姦を取り上げた作品なので、かなり重たい内容ですが、精神科医が女性の深層心理の謎を解明しようとする姿を、サスペンス風に書いているので意外にも読みやすいです。ラストはみんなに救いがあって良かったです。男性を翻弄する麗子の姿がイキイキと描かれているのは、作者が男性ということを考えると凄い。

  • 三島由紀夫の本は難しいと思って手にしていなかったけれど、
    この本は続きが気になっって気になってどんどん読み進めていけた。
    麗子とそれをとりまく登場人物が次は何をやらかしてどう絡んでいくのか…
    また、結末はいったいどうなるのか…
    まったく想像ができなかった。
    先生が冷静に麗子を分析していくので読んだ後、こちらまで冷静になったような気がしたw

  • the title of this book "Music" means "organism" on sex. what a beautiful expression, Mishima Yukio!! i am his book junkie...

  • 精神病んでる人は美しいですな

  • 三島由紀夫さんは男の理屈が通用しないもしくは男がなかなか理解出来ないであろう女を書くのが上手い。
    写真で見る限りでは男前系のイケメンだけど、女性的な感性を持つ人だったのかな。

  • 音楽が聞こえない。
    その意味は。
    限りなく官能的な物語。

  • 昔読んだ本を読み返してみる。
    精神科医の所へやってきた不感症の麗子。近親相姦の原体験から、様々な男性を振り回しながらも奇特な経験を辿る。その精神分析や深層心理への切り込みがエグく、するどい。(自分は男性なので女性心理は本当の所は判らないが)男性の心理についても、かなり鋭いというか痛いところをついていると思う。
    汚辱と神聖と言っているように、言葉や事柄に対する二面性や深層に対する表現、見方がとても自由で異彩を放っているように感じたし、未だに新鮮に感じるのは、やはり三島の人間心理への鋭さというか世界観の強さなのだろうか。
    内容的にはかなり重いが、婦人誌に堂々と載せるところも、この作品の内容の濃さを表しているのかもしれない。
    推理小説的な展開も十分おもしろい。

  • 人に勧められて、初めての三島由紀夫を完読。
    知ってはいたけど超変人だなぁと思った。一生分かり合えない人間だなと。当たり前か。
    でも、圧倒はさせられました。これだけ他人と違うことを抱き抱えて生きることは、生きにくかっただろうになぁ。まぁだからこその生き方だったなと思うし、だからこそ天才となれたのだけれども。

    三島由紀夫のなかでもかなり読みやすい作品だそうで、確かにすんなりとスラスラ読めた。むしろ手放せることなく、一気に読んだ。
    フロイトや精神学を真剣に学んでいたらまた違った楽しみ方が出来たんだろうな!

    「冷感症の女性は精神的にも身体的にも自由」なことに明美が嫉妬するという描写が印象的。
    自分自身、性行為を通した繋がりに対しての執着心が欠けてることに、ふとした寂しさを感じることもあるから、そんな考え方も確かにあるなと思った。
    でも、やっぱり共感はできない。

    最後の、「兄の子供を産みたかった」という麗子の本当の望みのまとめも、結局そこかよーって言いたくなってしまった。
    これは、時代なのかな。
    子供を産むことが愛する人との繋がりを形にし、確かにするという女性心理は確かに一部真実だと思うけれども、私自身は共感ができない。
    というか、その考え方が嫌いなだけ。
    認めたくない。

    すんなりと心に響いたのは、以下の文。

    ------
    しかし、彼女の直感だけは信用する私は、この長い手紙の中で、右の一カ所だけを、ひょっとすると、本当に起った情景ではないかと考える。それは偶然というよりは必然の出会である。海風と、幸福な人たちの笑いさざめく声と、ふくらむ波のみどりとの中で、ただ一つたしかなことは、不幸が不幸を見分け、欠如が欠如を嗅ぎ分けるということである。いや、いつもそのようにして、人間同士は出会うのだ。
    ------

    確かにな、これはある。と思った。
    ただし、不幸や欠如の嗅ぎ分けを通して生まれた出会いは決して幸福ではないと思うけれど。

    それよりも、「あ、この人面白そう」と思うあの感覚や、私の欠如を埋めてくれるような人にどうしようもなく惹かれてしまうときを大切に生きていくべきだと思うし、私はそういう縁で実際守られてきたと思うな。あまり誇れる人生ではないけれど、縁に対する運だけは強いと思うから。
    それは多分、私の嗅ぎ分ける力が働いているのだと。それは決して欠如や不幸だけではないなと。

    そんな風に能天気に思える私は、三島由紀夫氏とは仲良くなれないのでしょう。
    でも断言する。私は幸せ。
    「音楽」は、耳を澄ませばありとあらゆる所で鳴り響いている。耳を傾けるかどうかはその人次第。

    ポジティブ思考万歳三唱

全221件中 1 - 10件を表示

音楽 (新潮文庫 (み-3-17))に関連するまとめ

音楽 (新潮文庫 (み-3-17))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

音楽 (新潮文庫 (み-3-17))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

音楽 (新潮文庫 (み-3-17))の単行本

音楽 (新潮文庫 (み-3-17))の-

ツイートする