春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)

  • 4702人登録
  • 3.84評価
    • (654)
    • (461)
    • (877)
    • (30)
    • (12)
  • 568レビュー
著者 : 三島由紀夫
  • 新潮社 (2002年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (475ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050218

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 『豊饒の海』は1巻「春の雪」2巻「奔馬」3巻「暁の寺」4巻「天人五衰」と、全4巻にも及ぶ大作です。
    この話には主人公が二人います。一人が本多繁邦。唯一全4巻を通して登場し、一種の語り部としての役割を担います。もう一人の主人公が、この本多の親友である松枝清顕です。ただ、これは1巻においての名前です。これがこの話の肝なのですが、清顕は転生を繰り返し、2巻、3巻、4巻は別の人物として登場するのです。そして、その全ての生まれ変わりと本多は再会することになります。本多は転生に気づきますが、清顕本人はそれに気づいていません。

    素晴らしいのは、いろいろな読み方ができることです。4巻を通して一つの話として読むのはもちろん、それぞれの巻で主人公やその性格が変わり、話全体の雰囲気もかなり変わるので単独作品としても読めます。いろいろな物語の要素が4巻分で楽しめるのです。ちなみにおおざっぱに一言で表すと、1巻は「恋愛」、2巻は「青春」、3巻は「官能」。そして4巻は一般的な言葉では言い表せず・・・しいて言うなら巻名の「天人五衰」でしょうか。
    また、1巻は大正、2巻は戦前昭和、3巻は戦中~戦後60年代、4巻で70年代と、時代も移り変わります。このように長い期間を描いているので、登場人物の変遷を眺められるのも面白い点。2巻で清純に描かれていた人が、3巻ではとんでもない年のとり方をしていたり・・・。登場人物の数も多く、それぞれ細かく描かれるため、群像劇としても楽しめます。
    あと、全体を通して鍵となる仏教思想については、軽くでもさらっておくことをおすすめします。

    私が特に好きなのは3巻。3巻は「起承転結」の「転」にあたり、前2巻から大きく変わる巻です。この巻では、インドのベナレスが登場するのですが、そのシーンがとにかく素晴らしく・・・。読んだ後、実際に三島が取材旅行に行ってものすごい衝撃を受けたというのを知り、だから描写がずば抜けていたんだな~、と納得。4巻中、最も幻想的かつ退廃的なのも好みです。
    3巻の「転」を経て、4巻で「結」にいたりますが、『豊饒の海』はラストがすごいです。読む前から「すごい」と聞いていて、心構えをしていたのですが、本当にすごかった。(語彙が貧困で申し訳ない・・・)私はこの終わり方はものすごく好きです。

    『豊饒の海』は三島の最後の作品で、この話が彼自身に大きな影響を与えたとも言われていいます。ただ、こんな話を書いてしまった後、次に書ける小説といったら、それこそもう何もないのだと思いました。

  • 松枝清顕の気持ち悪さと同居する美しさ。作者のこの時代、おそらく作者の生きた時代よりも単純で美しく見えた時代の象徴なのだろうか。豊饒の海の後の巻と比べての清冽さが狂言回しである本多の若さとも伴って心地よい。

  • 清顕青年の高貴な身分と美麗な外見とは裏原の、内面の唾棄すべき自意識過剰と冷酷が底なし沼の不幸へと自らを陥れてしまう。狙いすました格調高き文体で大正初期の不穏な平和を見事に描いている。

  • 久しぶりに再読中。最初に読んだときは主人公たちに近い年齢だったから、もっと共感しながら読んだ気がするのだけど、すっかり年を取った今となっては、彼らの若さゆえの愚かさを「あーあ、バカだなあ」という上から目線でしか見れなくなってしまった(苦笑)

    清顕も聡子も、まあ今でいう一種のツンデレで、ツンとデレのタイミングが噛み合わなかったばっかりに、とんでもないことになってしまう。彼らの恋は悲恋だけれど、それを悲恋にしてしまったのは実は自業自得で、ロミオとジュリエットのように親同士が仇なわけでもなく、身分違いというでもなく、双方「両想いです!」と宣言すれば、どちらの両親も祝福してくれて何の問題もなかったはずなのに。手に入らない他人のものになると思った途端、惜しくなる清顕の心理やくだらないプライドに同情の余地はない。聡子はさすがに可哀想だったけど。

    とはいえ、この四部作の主題はそこではないので、彼らの悲恋の成り行きは別として、三島の文章は非常に硬質で美しく鬼気迫るものがあってしんみりする。留学生のシャムの王子など、これ1作で読むとやや唐突な登場人物も、いずれ伏線になるので構成も綿密。

    清顕が最期に本多に告げる「今、夢を見ていた。又、会うぜ。きっと会う。滝の下で」という言葉には、いつも少し涙ぐむ。転生を信じていた三島は、自殺の日程を自分の誕生日の四十九日前にした(つまり誕生日に生まれ変わるつもりでいた)というのを何かで読んだけれど、彼の魂は今どこでどうしているだろう。

  • まさに三島由紀夫の傑作
    滅びの美学、優雅の毒が三島由紀夫の作品の中でも類を見ないような華麗で装飾的な文体で紡がれていく。さまざまなテーマを描き出しており、悲恋の王道のような筋書きでありながらも単なる恋物語に終始していない。

    清顕は絶対的に禁じられていた状況になったからこそ聡子を愛し始めたように思う。聡子を含めたその禁忌を犯す優雅、美しさを愛したのでは。本当に聡子自身を愛したのかは私には疑わしく感じられた。

  • 初心に帰って久しぶりに三島由紀夫を。
    初読時はたしか、あまりに雅やかな登場人物達と流麗な文章にただただ圧倒されながら読んでた気がする。
    改めて冷静に向き合ってみたら、夢と現実の交わりや仏教の思想、死生観なんかが散りばめられていて、三島由紀夫の描きたかった宇宙観の片鱗にたどり着けたような?

  • 07.05.
    読みかけ。清顕の歪んだ愛情(><)
    たぶん幼い頃から聡子が好きだったんだよね。

    でも「追われるより追いたい」のが清顕の
    理想の恋愛の形だったんだろうね!

    聡子に縁談がきて、嫁入り確定!
    ってときに聡子に攻めこむ清顕。鬼畜w
    しかーし案外悪い気はしていない聡子。

    「そうそう、俺が求めてたのはこれよ!」
    といわんばかりに、いよいよ調子に乗ってきそうな清顕。禁断の香りがしてきた。

    07.08.追記
    読了。えっと、禁断じゃなくて純愛だったー
    清顕も、渦中にグルグルに揉まれてるうちに、自分の本心をまっすぐに捉えることができるようになり、聡子もその想いに応え。。。
    だからといって結ばれることはなかったのだけれど。

    物語終盤の清顕が出家した聡子に会いに行くくだり、
    清顕が馬車に揺られながら初デートのことを想い出す場面、切なすぎて涙ぼろぼろ!

    まぁ後半はちょっと三島チック満載すぎる感もあったけど、三島由紀夫作品の中では、間違いなくトップクラスの恋愛小説です!!!

    08.17.
    3回目の読了。だめだ、読めば読むほどきゅんきゅんする!
    儚く消えゆく定めの春の雪。
    溶けてなくなると分かっていても、いや分かっているからこそだったのか魅了される二人。
    溶けるのを見ないようにしている二人。
    4回目も読もう!

  • 豊饒の海

    春の雪。清様が美しい。自分が今ちょうど18で本多さんと清様と年齢が近いからかなるほどと思うところが数多くあった。
    清様は儚げでいて美しく、信念があると感じた。タイの王子様二人もまた別のタイプの青年。聡子さんもまた美しい。聡子さん、清様この二人は人間離れした印象を受けるのに対して他の登場人物が人間臭く感じられる。

  • 三島由紀夫の作品は、文章が美しい。
    流麗な言葉の波に圧倒させられる。
    読み手までをも、凛とさせられる。

    だから、彼の作品は大好きだ。

    4部作の第1章。
    映画にもなったけど、やはり細かい描写を感じるなら原作が良い。

    簡単に言ってしまえば、松枝清顕の性格が招いたゆえの結末だろう。
    でも、それも蓼科の目論見だったのだろうが。

    何度読み返しても素晴らしい作品だ。

  • 美しい事象を何万何億通りと描写しうる力量が圧巻、どの頁を開いても絶景が浮かびただ美しい。
    所々挟まれる達観した思考――想像力の乏しい人間は自分の尺度で物事を見ようとするが反面豊か過ぎる人間は扉を閉ざし鍵をかける――こんな陳腐な言い回しなど用いていないがともあれ。作者の遁世した考えが散らされている部分も魅力に思う。巻末に親切な解説が付いているが、一見何気ない物事同士の繋がりが、例えば女囚人の裁判場面で本多が体感したことと終盤の門跡との対話との対比など、私のような一般読者にも対比を感じられ、読み応えがあった。
    日本語という原著で読める楽しみを噛み締めつつ読み進めようと思います。
    さきに映画を見たときは、鮮やかな映像に感動したものの源氏物語の焼き直しみたいな話だなと思ったのみに終わり。やはり、心の襞まで丹念に描くとすれば小説という手段に限られます。

  • 「生」が,流動的なものであるのなら人の意思は受け継がれてもおかしくはない.ほほう,物体として転生することに注目するのか,誰かの中に転生したと考えるのかで,見方が変わってくるんですよね~・・敢えて単純に前者を選んでみる.
    とても綺麗で考えさせられる文章なのですが,三島さんは作品と関連して何か他に言いたいことがあるのだろうな~と思いながら読んだ.

    清顕の儚げで情緒溢れる視点が好き.当事者ならば,そんなこと考えている場合か!と思ってしまいますが・・.

  • 短大のとき先生からもらった本。4部作。重たそうな予感がして手を出しづらく、積読になっていたが、ある日重たい本を読みたい気分になり、とうとう本棚から手に取られることとなった。

    めっちゃおもしろかった。
    実は初三島由紀夫だけど、こういう話を書く人だと思わなかった。こんなおもしろい本があと3作続くのか。人生は素晴らしい。

  • 忘れられない作品の一つです。

  • 長くてながくてやっと!とおもいきや結局…。な結末に脱力した。文章は美しかったけど、別に其処まで燃える恋愛に感情移入できないていうか。

  • 粗筋は自意識過剰な青年の失恋物語に過ぎないが、作家の尋常ならざる描写の力に私は頭部を鈍器で殴打されるほどの衝撃を受けた。

    強い自意識に屈折を重ねる青年の心理、その機微の描写の精緻さは、感嘆の念を通り越してもはや恐怖を感じる。

    私は青年の自意識に塗れた恋が純愛だとは思わないが、馬車内逢引きの場面に代表される情景描写の見事な美しさには、つい崇高な純愛の姿を認めてしまうだけの説得力があることを否定できない。

  • 夢と転生の壮大な物語『豊穣の海』四部作の一作目。
    時代は大正初期、侯爵家の子息清顕と伯爵家の令嬢聡子の禁断の恋の物語です。

    相変わらず三島由紀夫の文章は美しい。うっとりしてしまいます。しかもこの四部作を書き終えた直後に自殺していることを思うと、何か切実な、それでいて迷いのない気配を感じる。読み解くのが難しい文章なんだけど、じっくり読むことが苦になりません。(でもまだ理解しきれてない部分がたくさん…)

    それにしても清様、ちょっとひねくれ過ぎやしませんか。
    自尊心の強さゆえに聡子への恋心を認められず、そのくせ聡子と宮家との縁談がまとまると我が儘言い出して。それも、失って初めて大切なものに気付いたわけでなく、「絶対の不可能」という障壁に陶酔しているだけのように思える。イライラ。
    でも、明治〜昭和初期ぐらいの文学作品ってこういう登場人物が多い気がするので、この当時の「イマドキの若者」はこういう感じだったのかも。時代ですかね〜。

  • 箱根の富士屋ホテルに行ってから、なんとなく
    三島由紀夫「豊饒の海―春の雪」を読みたくなり、
    読んでおります。

    1年ぶりに読んだのですが(再読)、
    やっぱり苦手なミシマ文学。
    この「春の雪」の主人公の独特の思考がひねくれてて小難しいだけじゃなくって、その哲学的思考をさらに詩的表現で覆い、しかもそれを連ねて重ねて…、わかりにくいったらありゃしない。

    でもこの主人公はすっごく私の心の奥底と似た感じのものを持ってる気がする。(やばい系…笑)

    うーん。。でもやっぱり読みにくい。
    でもこういう書き方。
    うっかりすると、私とかもやりかねない感じではある。

    最後に割腹だけは自殺しないよーにきをつけよう(笑)

    2006.11.22

  • 大正時代の上流階級や皇族を舞台にした転生の物語。
     
     物語としては、超単純化すると、ずっと好きだった聡子という女性について、主人公の清顕の気持ちの変化をつづったものになっています。ずっと好きで、結ばれようと思えば結ばれたものの、青年期の微妙な心境に阻まれ、なかなかうまく結ばれません。明らかに聡子を愛しているとわかったときは、すでに宮家へ嫁ぐことが決定してからであり、絶対的に不可能な状態になったときから、彼の聡子に対する思いが絶頂になります。
     なんというか、こういう清顕の気持ち、なんとなく理解できますよね。人間、今すぐにでも手に入れられる状態のものは、あんまり見向きをしないけど、手に入れられないものとなると無性にほしくなりますもんね。

     また、著者三島由紀夫の美学というか美意識がちょこっとわかる気がします。
     生と死、美と醜、表と裏、光と影。こういった対照は作品中に何度となく出てきますが、その描写の中に三島なりに美意識が潜んでいるような気がします。
     美しく、はかなく、壊れやすく、変わりやすい。。。そういったものの中にに美を感じるのは、日本人ならではなのかなぁ。

  • なんて綺麗な文章を書く人だろう
    政治的観点から偏見を持っていた自分が阿呆らしい(苦笑

    美しい情景描写
    登場人物の緻密な心理描写
    特に人物の外見描写が生々しくて 艶かしい

    好きだということを認めたくなかったのだろうか?
    その反動故なのか
    清顕の恋心は 後に激しい炎となって燃え上がる

    自身をも 焦がし尽くすことになるのも知らずに

  • 主人公の優柔不断さにイラッ

  • タイトルの「春の雪」の描写がどれだけ素晴らしいことか! 不可能性が高まるほど燃えていく恋。清顕をひどい男だと思いつつ、どこかでは理解もしてしまう。短いレビューでは語りつくせない魅力があるが、物語が続くこともあり三島らしい終盤の高揚感が少し薄かった気もした。

  • 純粋は、育てられた環境を破って花開くとき、死ななければならないのだろうか。

  • 映画化もされた、ものがたり。
    宮家との縁談がまとまった古くからの名門公家(華族)の令嬢と、その幼馴染で年下、幕末の功績で成り上がった家の華族の子息。
    若い二人は愛欲のまま身体を繋げ、欲情に溺れる。
    けれど時代はそんな二人を許すはずもない。
    宮家との縁談を破棄し、恋人とも別れてひとり出家の道をいく女。
    その女性を忘れられず、追ってく年下の男。
    女は決して会うことはしない。
    女々しいといえばそれまでだけど、男がいくら追いすがっても届くことにない想いと、女の覚悟。

  • 美しく、そして二十歳の、さとこさん。多少逼迫しているとはいえ、実家は華族の名家です。幼馴染のきよあき君は1歳下で、日本で五指に入るウルトラ級の金持ち華族の長男。きよあき君は知的でアンニュイでちょっとひねくれもの。そして、すれ違う人がみんな振り向くくらい色白美貌のスーパーイケメンなんです。
    さとこさんと、きよあき君。
    ふたりは仲睦まじく思春期を超えて、愛し合う寸前です。
    しかし、さとこさんに縁談が起こります。きよあき君が止めてくれると期待しています。きよあき君(の親) にはその力があります。ところが、思春期のツマラナイ男性マッチョなプライドに棹さされ、きよあき君は止めてくれません。そして縁談がまとまります。相手はなんと、皇族です。宮家です。さとこさんの美貌に首ったけなんです。
    ところが、縁談が決まった途端。しばらく冷たくしていたきよあき君が、やにわに「僕はさとこに恋している」という事実に気づきます。きよあき君は若く美しく知的で愚かで童貞です。名家の御曹司らしく、一直線に無謀に、宮家の婚約者になってしまった幼馴染に極秘に猛アタック。ふたりは、人目忍んで愛し合うようになります。

    「皇族の婚約者」と「日本を代表する貴族の御曹司」。スーパー禁断な肉体関係。初めから破局に立っている男と女のドロドロとドキドキの物語。時代は大正です。モダニズム、馬車、学習院、別荘、お歌合わせ、東京、箱根、そして奈良。
    宮家との婚儀という究極のタイムリミットが迫る中、さとこさんの懐妊が発覚…。

    #

    「豊穣の海・第1巻 春の雪」三島由紀夫さん。1966年発表。新潮文庫。

    「豊穣の海」というのは、全部で4冊。「春の雪」「奔馬」「暁の寺」「天人五衰」という四作で、「春の雪」以外は未読なんですが、どうやら三島版の「人間喜劇(バルザック)」あるいは「火の鳥(手塚治虫)」とでも言うべき大作シリーズです。時代は「春の雪」の大正時代から始まり、徐々に昭和に入っていき、最終的には足掛け70年間とか、そういう物語なんだそうです。主役は入れ替わりつつも、脇役は共通しているとのこと。
    (ちなみに手塚治虫さんが「火の鳥・黎明編」を連載開始したのは1954年。なんと手塚治虫26歳。【ちなみにこの年、三島由紀夫さんは28歳。丸谷才一さんも同じ。安野光雅さん29歳、司馬遼太郎さんは30歳。渥美清さんは手塚治虫と同じ26歳。このあたりは皆、同年代なんですね】
    はじめの「黎明編」は掲載誌が倒産して未完でしたが、2年後の1956年には「エジプト編」などを連載しています。つまり「火の鳥ワールド」のコンセプトは20代半ばで発動していた訳です。恐るべし、手塚治虫…)

    #
    閑話休題。「春の雪」。
    文句なく素晴らしい小説、オモシロイ。
    基本的には、きよあき君の心理に沿って描かれていきます。

    スーパーリッチな日常。
    自宅には広大な庭があり。広大な庭には巨大な池があり。巨大な池には上品なボートが浮かび。上品なボートの行く先には風流な小島があり。風流な小島にはささやかな小山があって。ささやかな小山からは壮麗な洋館が眺められ。そこから母親とともに庭を散策する美しいさとこさんが見える…。
    もう、これだけで目眩がします。(モデルは西郷従道家だそうです。隆盛さんの弟の子孫。)
    父親と息子がふたりで話をするのは、庭にあるビリヤード専用の建物。この辺は、東京都内の岩崎邸で雰囲気を味わえます。
    当然ながら複数の召使が跋扈し、きよあき君には専用の男子書生(年上)が仕えています。お友達とボート遊びをするときは、書生にボートを漕がせたりするわけです。絶句。

    #

    そんな豪華絢爛たる生活と裏腹に、ちゃんときよあき君の心理に入り込むと、現代の男子高校生とそんなに... 続きを読む

  • 風景など執拗に文字を連ねて説明しているが、情景が目に浮かぶような描写というよりは、物の前に置かれたネームプレートを延々と見せられているような感じを受けた。

    内容、稀少性の原理にひっかかった主人公がショックで風邪をこじらせて死ぬという、情報が溢れた現代に生きる我々にとっても中々に教訓に満ちた話でした。

全568件中 1 - 25件を表示

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)に関連するまとめ

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)はこんな本です

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)の-

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)の単行本

ツイートする