奔馬―豊饒の海・第二巻 (新潮文庫)

  • 2086人登録
  • 3.81評価
    • (258)
    • (232)
    • (379)
    • (18)
    • (3)
  • 225レビュー
著者 : 三島由紀夫
  • 新潮社 (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (515ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050225

奔馬―豊饒の海・第二巻 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 春の雪のような、夢の話が漂う印象はなくて勲の話。
    熱いくらいの思想を清顕も勲も持っていたけれど、
    私がなぜだか気持ち穏やかになれるのは、二人とも純粋だからだろう。

    三島さんの文体は、ぼうっと情景が浮上する感じがするから不思議だ。

  • つまらない。途中で挫折。

  • 「春の雪」の松枝清顕とは異なり、飯沼勲はまさに奔馬のような勢いを持つ青年。彼が持つ右翼思想の美学、それが高められた結末は三島の最期と切り離せない関係にあるのではないか。
    輪廻転生についてはこの巻でどんどん謎を帯び、深みが増していく。

  • 飯沼勲の至純な信念の果ての死。転生の物語の二。

  • 激情の波。純粋は、今度は環境と「出会って」「直面して」、喪われるまえに死んだという印象。

  • 1巻とは趣が異なるがそれぞれに素晴らしい。明治から昭和へ、純粋で一途、厳しくも美しい物語で、格調高く読み難い文章ながら引き込まれる。何たら大賞などがバカらしくなってしまう内容。今風の流行作家には発想すらできないであろうこれぞ文学作品。

  • 一巻より面白かった。導入の本多の退屈な日々や神風なんとかの本の内容が延々と続く苦行は辛かったが後半でようやくブーストがかかる。
    特に裁判での耄碌じいさんと槙子の証言が愉快。槙子の驚くべき離婚の経緯とは!?と勿体ぶった流れに何かと思ってみれば不倫三昧の配偶者に憤怒しただけという。現代では黙って堪える方が奇妙なので、当時と現在の価値観の違いが窺える。
    皇室カルトの終点は北朝鮮なので勲の主張は眉唾物だが、というか勲は切腹にこそ重点を置いていて実のところ天皇自体も切腹を敢行するためだけの尤もらしい理由の道具として使っているように思えた。蔵原に対して、うっかり小枝の上に座ってしまっただけというギャグじみたことを殺し文句にしてるあたりにも、切腹というエクスタシーを得るためのわかりやすいアイコン的な役割を悪や天皇に投影したのでは。そこにあるのは思想や信念ではなく、性的嗜好のような快楽だと思う。

  • 初読では、やや苦痛な巻。再読するときにしっかり読もうと途中からスピードをあげた。難しかった。

  • とにかく長いね。後半の逮捕されて裁判にかけられている場面でようやく面白くなってきた。

  •  神秘は明るくなければならない。すみずみまで明晰でなければならない。はっきりした法則の側にある神秘なら進んで信じよう。魅惑はかつて自分の裡の遠くで鏘然と崩れ去った。一つの情念が魔的宿命的な力を及ぼす或る種の人間の激情も整然と掬い上げてみせよう。一つの例外もない人間。よしんばその中に生れ変りが隠れていようとも。人間どもの宴がはじまった。

    『危険な贈物。』52頁

全225件中 1 - 10件を表示

三島由紀夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
安部 公房
三島 由紀夫
安部 公房
三島 由紀夫
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

奔馬―豊饒の海・第二巻 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

奔馬―豊饒の海・第二巻 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

奔馬―豊饒の海・第二巻 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

奔馬―豊饒の海・第二巻 (新潮文庫)の単行本(ソフトカバー)

奔馬―豊饒の海・第二巻 (新潮文庫)の単行本

ツイートする