暁の寺―豊饒の海・第三巻 (新潮文庫)

  • 1835人登録
  • 3.53評価
    • (136)
    • (168)
    • (397)
    • (37)
    • (4)
  • 166レビュー
著者 : 三島由紀夫
  • 新潮社 (1977年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050232

暁の寺―豊饒の海・第三巻 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。昭和16年、47歳になった本多は仕事で赴いたタイ(シャム)で、かつて日本に留学していた王子の末娘ジン・ジャンが、勲の生まれ変わりであることを知る。今までとちょっと違うのは、この時点で7歳の月光姫が自分の前世の記憶を持っていること。

    このタイ、インド旅行のくだりは三島自身の旅行記のようでもあり、詳細な描写は興味深いけれど小説の内容とは直接関係のない無駄な部分も多い。さらに、この四部作全体のテーマに関わることとはいえ、大乗・小乗仏教、ヒンズー教、インド神話、マヌ法典からオルフェウスやディオニュソスにいたるまで、本多のモノローグを借りた三島自身の知識の博覧会のような部分も長々とあり、いささか退屈。アラヤシキとかもういいよー。

    さらにその11年後、昭和27年、本多は58才。18歳になったジン・ジャンが留学生として日本にやってくるが、すでに彼女は前世の記憶を失っている。すでに老年にさしかかっているが本多はジン・ジャンに恋をする。しかしロリコンな上に覗き趣味の本多は自分の恋が成就しない決定的な瞬間を覗き見してしまい・・・。

    輪廻転生、これが「海のオーロラ」(里中満智子)のような少女マンガであれば、引き裂かれた恋人たちが何度も生まれ変わって悲恋を繰り広げるところだけれど、三島の描く転生者たちは生まれ変わるたびに違う相手に恋をする。清顕は聡子のために死ぬけれど生まれ変わった勲は聡子のことなど知らず槇子に恋するし、その転生であるジン・ジャンは槇子とも会っているけれど何の感慨も催さず別の人物に恋をする。本多はすべてを見ているけれど、ジン・ジャンはけして本多には恋しない。

    「この世には、記憶に留められる者と、記憶を留める者と、二種類の役割しかない(P188)」というくだりがありますが、 自らを「客観性の病気」と自認する本多は間違いなく記憶を留める側であり、傍観者である彼が覗き趣味になるのはある意味自然ななりゆきかも。本多という人物には明らかに三島自身が投影されているけれど、にも関わらず、いや、だからこそ、三島自身は「記憶に留められる」側にいきたくてもがいていたのかもしれないと思う。

  • 暁の寺。始まり方が前の2作品とは違った印象を受けた。本多さんが輪廻について色々と考察するのは興味深い。「柘榴の国」について語る今西氏の考えになるほどと思った。ジャン姫が美しい。慶子さんがかっこいい。まさか真面目一筋だと思っていた本多さんにこんな趣味が。覗きのシーンはこちらまで後ろめたさが。

  • 1・2巻から続いて興味深いのは序章あたり、夢と転生。どうしてここで欲望の話になるのか、終わりの巻でどうなってしまうのか分からなくなった。

  • 1、2巻で唯一自覚的に輪廻転生を見守ってきた本多が主人公となった1作。1巻で松枝清顕として登場した『生』が、勲を経て、今回はタイのプリンセス ジン・ジャンとなって本多の前に現れる。
    仕事の報酬として大金を手にいれ、余裕ある生活を送るようになった初老の本多の、理性というのか、それまで自身の核であった意思の壁のようなものが崩壊した姿が無惨で、哀れに感じた。露悪趣味と思えてしまうほど、どんなに些細な醜い心のうちや弱さ、慾望まで光を当てて曝け出していて、この作者のように美学が強い人ほど、醜いものにも強く感応してしまうのかなと思った。
    長く挿入されている仏教哲学も内容もあまりに深くて難解で、私はきちんと理解出来ていないと思う…。ただ、読み終わって、何か大きな力(阿頼耶識というものだろうか?)の中にいて無力な人間の儚さを感じた。
    それと、この小説を書き終わった後で割腹自殺をした三島が、何かひどく壮大なことを考えながら執筆していたのだろうことは、ヒシヒシと感じられた。

  • この巻で転生の謎は究極の位置まで来たように思う。それが本多が見たベナレスでの光景。ベナレスの描写とそれに直結する結末では、途轍もない高揚感が襲ってくる。また、この本はある面ではバンコク観光のための異色ガイドにもなる。

  • 印度、月光姫、のぞき穴、同姓の交合・・妖しく織りなす転生の物語の三。

  • この作品を読んで、タイに行きたくなったひとも多いと思う。
    バンコクの王宮から、河を挟んで対岸にある暁の寺。
    とても美しい。

  •  眼を削り耳を削ぎ鼻を削ぎ舌を切り身を離れ意を滅してなお水仙の花は存在せねばならぬ。種子なかりせば世界は存在せず世界なかりせば種子の輪廻転生する場は永久に閉ざされよう。水仙の花がわたしの死後も確実につづくならわたしの過去世がなだらかに来世へとつづくも確実なり。今見る焼趾も瓦礫も蓼科も動ぜず引受け一瞬に捨て去り平然と更新する秘法がある。

    『もっと自分に愕かなければならない。』198頁

  • 輪廻転生を題材にしている。まさか、舞台がタイのバンコクから始まりから度肝を抜かれた。月光姫がまさか松枝清顕の生まれ変わりであった。

  • 考えて見るとちょうど20年前、これを読んでその後にインドに行き、ヴァラナシも訪れた。自分はこんな場所があることを受け入れること自体も世界だと思い、人生を変えるほどの衝撃を受けるとまではいかなかったのを覚えている。
    時代が下るにつれて俗っぽくなる本多とその周りは作者の眼に映る日本そのものだったのだろうか。それとここで本多の戦中の研究として急に観念的に現れてくる仏教観とのあまり精妙でもない混ざり具合がこの巻を読みにくくさせてているように思う。前巻では仏教をすごく否定する剣道の師匠が出てきたように思うし、もうちょっと良く考えてみたいのだけど…

全166件中 1 - 10件を表示

三島由紀夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
安部 公房
三島 由紀夫
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

暁の寺―豊饒の海・第三巻 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暁の寺―豊饒の海・第三巻 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

暁の寺―豊饒の海・第三巻 (新潮文庫)はこんな本です

暁の寺―豊饒の海・第三巻 (新潮文庫)の単行本

ツイートする