裸体と衣裳 (新潮文庫)

  • 54人登録
  • 3.28評価
    • (3)
    • (2)
    • (11)
    • (1)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 三島由紀夫
  • 新潮社 (1983年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050348

裸体と衣裳 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2002年 読了

  • 三島由紀夫の日常や作品の感想、交友関係の部分を読んでいるだけでも十分に楽しめる。とは言えども「裸体と衣裳」の本当に面白いところはところどころに現れる思索の断片であろう。文学や私生活上の重大事件である結婚についてはもちろんのこと、この後の十数年の間に三島がしたことの思想背景となるようなものまである。三島由紀夫に深く浸かりたい人にオススメの一冊。

    「死が現実のものであった生活から、一挙に、死が理念にすぎぬような世界に追い込まれ、自分の体得して来たと思われる死に近い生活の現実感が、攻守処を変えて、今や生活の理念と化し、逆に戦争中の空想に他ならなかったものが、現実の日常生活と化してしまったという、大道寺友山の生涯のアイロニイは、又われわれの人生のアイロニイでもある」
    「私は今、一向旅心を誘われない。海のかなたには何があるか、もうあらかたわかってしまった。そこにも人間の生活があるきりだ。(中略) そして世界中を歩いてみても、自分の生涯を変えるような奇抜な事件は決して起り得ないということも。もしそれが起るとしても、自分の心の中にしか起らないということも」

  • 思えばこれから始めたのでした。面白く、綺麗な文章を書く人だなと感じましたが、やはり最終的には彼の思想にのめり込みました。これは彼が割と精神衛生よい時期の、楽しくためになるエッセイです。

  • 051125-1130

  • 凸と凹みたいなものですけれども、意味は深い。

全5件中 1 - 5件を表示

三島由紀夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
三島 由紀夫
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

裸体と衣裳 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする