嵐/ある女の生涯 (新潮文庫 し 2-1)

  • 27人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 島崎藤村
  • 新潮社 (1969年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101055022

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

嵐/ある女の生涯 (新潮文庫 し 2-1)の感想・レビュー・書評

  • 7編。全編意想外に退屈だった。「私」小説-3、三人称・女性主人公小説-4。32刷1994年。図書館本。 138

  • 店…みんな絶望的と言っていたけど、わたしは希望の残る終わりかただと思う。
    自分のことを思って泣いてくれる存在があれば、とりあえず良い人生だよね。

  • 私小説的短編集。表題にもなっている”或る女の生涯”は著者の実姉が主人公で、一人称で語られる臨場感がすごくいい。

  • ある女の生涯。
    主人公のモデルは藤村の姉。
    そしてこの小説は、彼女が60歳ころから亡くなるまでの話で、
    すでに夫も息子もなくしていた時のものです。


    藤村とその4人の子供たちの様子について描かれています。
    最後は二男が、長男の農業を手伝い、また絵を描くために田舎へ行くところで終わります。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする