若き日の思い出 (新潮文庫)

  • 108人登録
  • 3.66評価
    • (8)
    • (8)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 新潮社 (1957年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101057118

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ツルゲーネフ
宮部 みゆき
東野 圭吾
ヘミングウェイ
フランツ・カフカ
武者小路 実篤
有効な右矢印 無効な右矢印

若き日の思い出 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  •  この人の本を読んでいると、よし頑張ろう、真っすぐに生きよう、というピュアな気持ちが湧き上がってくる。
     平凡な日常の尊さをさらりと、けれど確かな熱を込めて語っちゃうところが大好き。

  • 何せ明治時代の文章なので読むのに若干疲れるが、つい最近までの若い(思春期の)男女の心の細やかさが良く判って読後感は非常に良かった。はっきり言って最近の情報過多の時代に忘れ去られた純真さが詠む人の心をうつ。そう感じた本であった。実はこの本、高校時代に読んでちょっとまどろっこしかったので好きではなかったのだが・・・友情、愛と死も同じ一連の作品で結論のみ異なるものと言ってよい。

  • 僕は宗教としてこの人の考え方をこれからも信じていこうと思う。

    ・『この世にはどんなことが行なわれようと、時は一向平気な顔をして過ぎてゆきます。私たちは時間を長く思いすぎたり、短く思いすぎたりしますが、時の方はそんなことを一向問題にはしない』
    ・『それは いつも全体を見ることを忘れてはいけない。一方にはよくっても、他方にはよくないと言うこともよくあります』
    ・『私なんか碁なんかやってないと言う気が、ついするので、もう一歩と云う所で、進歩が出来ないのです。やっている時だけは、本気になって、勝ちたいと思うのですが、普段が普段ですから、やはり無駄ですわ』
    ・『人間というものは純粋さを失ったら何処まで迷いだすかわからないものです。昔の人はそれを知っていました。今の人は本を読みすぎたり、いろいろの刺激に逢ったりして、自分を見失って、どうでもいいようなことに夢中になる。そして段々と人間らしくない怪物になっていく。頭のいいもの程、自分を自分で騙すのです。本来の生命を忘れるのです。』
    ・『人生というものは実際。無尽蔵の宝庫のようなものです、どの宝庫に入っても、宝がありすぎるのです。その宝に夢中になりすぎて自分の生命のことを忘れてしまう。その宝は自分をよく生かす為に必要なので、それ以外の宝には目もくれないという覚悟が大事なのですが、私たちはつい宝物に目がくらんで、自分の一生というものを考えない。それは丁度、一人の子どもがご馳走の国に行って、あんまりうまいものが多すぎるので、どれも皆食べなければならないと思って、自分が人間だということを忘れて、自分を胃の腑以外のものでないと思うようなものはなくなり宝物が中心になるのです。それでは一番大事なものが何かがわからなくなるのです。大事なこと、なくては叶わぬことは一つだということは本当です。それは全ての人が人間らしく生きられるということです。他人を益々本当の人間にして、そして自分も益々本当に人間になるようにする。』
    ・『怒った調子でものをいうから、お母さんは話が出来ない』
    ・『恋愛というものは一人前になるために与えられているようなもので、理想の相手を求めると共に、自分を理想の人間にしようという努力が自ずと生まれてくるもの』
    ・『死に物狂いで勉強しよう。自分の生活を根本的によくしよう。心がけをなおそう。怠けたり、ずるけたりすれば、自分の実質はくさりだす。心の心から自分を良くしなければいけない』
    ・『私はなんとなく母の今までの寂しい生涯が考えられてきました。母は実際私たちの為に犠牲になって、生きてきた。そして私たちが少しでも元気だと、喜んでくれる。そして私たちが少しでも元気がないと、心配して、何とかして慰めようとしてくれる』
    ・『人間の値打ちは結局、他人に働きかける質と量できまる。自己を完成するのが値打ちのが個人の務めには違いないが、自己完成というのはつまり円満な人格をつくることを意味している。自分だけを完成する、しかし他人には何の影響も与えないで死んでゆく、それでは面白くない。自分が悟るのはつまり皆を悟らせるために役にたつから尊いのだ。だから愛というものが尊くなるのだ。自己完成をしたことはつまり他人の自己完成に役に立つにだ。人間は他人から切り離された存在ではない』

  • 美しい。ありえないくらい美しい。こんな時代が実在したなら生きたかった。

  • 著者にとっての代表作の一つ、自伝的色合いが強い。「昔の人は偉かった」的なフレーズ、「黙って俺について来い」な部分、また精神論や理想論など、あまりに日常離れしているので、かえって小説の世界の中の話としてストンと入ってくる。今は忘れられてしまった、古きよき日本がこのような形で残されていて、よかった。(2006.1.25)

  • 武者小路実篤の恋愛三部作中、もっともハッピーエンドな物語。それが物足りない部分もあるが…他の二作を読んだらこれを締めに読むべし。
    ≪評価≫
    インパクト─C
    本の厚さ─C
    登場人物の濃さ─C
    共感度─B
    読後の成長性─C
    話のスケール─D
    笑い─C
    暖かさ─A

全7件中 1 - 7件を表示

若き日の思い出 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

若き日の思い出 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

若き日の思い出 (新潮文庫)はこんな本です

若き日の思い出 (新潮文庫)の文庫

ツイートする