人生論・愛について (新潮文庫)

  • 291人登録
  • 3.47評価
    • (20)
    • (12)
    • (69)
    • (3)
    • (0)
  • 21レビュー
  • 新潮社 (1969年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101057132

人生論・愛について (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んでいて清々しい気持ちになった。
    人生論といっても、決して難しい話ではない。人間らしい生き方をしていれば、理解できることばかりだった。
    本に線を引くことは、滅多にしないのですが、この本だけは別で、線の部分を時々読み返してしまいます。
    なかでも特に「小さい寂しさ」という文章が好きです。

  • 悩み多き中高生時代に、お小遣いで購入。定価360円。以来、壁にぶちあたるときに読む一冊。
    理想主義の真髄。人間はなぜ生まれてきたか、仕事とは、金銭とは、快楽とは、友情とは、愛と死とは…。
    人間の善や美に主軸を置いた人生観に、批判したい気持ちもあるが、とりあえず道を外れない生き方を導いて貰えそう。私にとってはお守りのような本である。

  • 武者小路!

  • うーむ。人生論ですよ。
    私も40前のオジサンになってしまい、
    それなりの人生観は備わってしまいました。
    今回、武者小路実篤の人生論との相違を確認し、
    より確固たらしめることと、新たな発見に興味を抱きつつ読んでみました。

    人生の目的、恋愛、死、健康、金銭、美、快楽、性欲、愛、仕事、本能、道徳など
    テーマは多岐に渡る。

    本書からは武者小路さんの真面目な人柄が伺えます。
    ひとつの事象を多方面から細かくフォローしながら、
    真っ当な人の生きる道を説こうとしていました。
    とても前向きで真っ直ぐな、こうありたいと思う人生論でした。

    昭和13年、武者小路実篤53歳の執筆です。

    ★印象に残った言葉
    ○「悲しみより喜びが深い」

    ○「人間は自分でものを感じるのではない。感じさせられるから感じるので、
      それによって自然が人間をどう生かしたがっているかを知ることが出来る。」

    ○「自然が人間を生かしたがっているようにすなおに生きよ」

    ○「自然は人間を生きられるだけ生かして、
      この地上でなすべきことを出来るだけさせたがっているのだ」

    ○「健康は最後の目的ではない、最初の条件だ。」

    ○「我等はすべての人が健康に、元気に、愛しあって、
      卑屈な心を持たずに、朗らかに、
      すべての人々が尊敬されて、排斥されることなく、
      お互いに調和して生きてゆける世界を望むのだ。」

    ○「ゆるしあって、愛しあってくれ、愛しあってくれ」

    ○「すべての生命よ、地上に生きられるだけ美しく生きてくれ
      そして死の神が月桂冠をもってお迎いにくるまで生きてくれ」

  • 人生論は面白かった。
    ユートピア的思想が強い気もするけど、それも誇り高きロマンチスト実篤ちゃんなら許容範囲。
    清々しいなれます。

    後の方の美術史観とかはあんまし要らんかったかなー

  • 武者小路さん難しいっす。

  • まだ自分にははやいかも

  • 人生に悩みを抱えた時に読むと生きるヒントを与えてくれそうなそんな本でした。
    今のところ、自分の人生が行き詰まっていないので、また泥沼に入るような頃があったら読んでみたいと思わされた本でした。
    相変わらず、読みやすい作家さんです。
    でも、ちょっと人生について語っているだけにクドかったかな?

  • この本は、俺のガキが20歳になるときに
    プレゼントしたいような本だ。素晴らしい。

    ■1部の感想
    侮辱を侮辱ととらない人間は…っていうところで先を読むのに躊躇した。
    俺は、あんまり人から侮辱されても気にしない人間だから。
    尊敬する人にされたら気にするけど。

    で、先を読んで安心した。後者の方みたいだったから。
    まあ、それもどうかと思うが(笑

    武者小路さんは、人類の未来のために自分の力を尽くすことが優先だと、俺は読み取った。
    だけど、俺はそうは思わない。まずは自分の幸せを第一に考えるべきだと思う。
    もちろん、大前提に「誰かに迷惑をかけない限り」というのがあるけど。
    そして、誰かを対して何かをしたいと思ったときに、周りにいる誰かの人生を幸福にする手伝いをする。
    これを2つ目に優先にするべきだと思う。その先に、周りにいない見ることができない誰か(社会)や、
    未来の誰かのためになることに時間を割く。こういう順で、人生の時間配分をしていくのがよいと思う。

    お金についての見解は、初めての視点だったから面白かった。

    ■2部の感想

    すごい理想論。すごく綺麗だと思う。
    ただ、理想論に過ぎない。これは実現しないと思う。
    実現したとしても、すぐに崩れ去ると思う。

    人間はそんなに綺麗なもんじゃない。
    尊敬されるべき誰かの不幸を心から喜ぶ人間もいる。
    自分の欲求の追及にしか興味がない人間もいる。
    人の弱みに付け込んで、うまい汁を吸おうとする人間もいる。
    そういう人間が少数ながら存在することは、残念ながら事実だ。
    そして、そういう人間が競争社会で勝ち抜く確率は高い。
    なぜなら、競争社会では、正義や道徳は時に大きな足かせとなることも多いからだ。

    ただ、一方で尊敬に値する素晴らしい人間がいることもまた事実だ。
    そういう人間だけであれば、武者小路さんの社会は間違いなく実現するだろう。
    そして、社会主義で人は幸せになることが出来るだろう。

    ただ、現実において、社会主義は滅びかけている。
    社会主義が滅びたことは、人が尊敬に足る人間だけではないことの証明である。
    そして、人は尊厳に足る人物かどうかも、判断できなかった。これも事実だ。

    自己の欲求を追及することで、全体が潤うという資本主義が世界を覆っている。
    これについては、俺は否定するつもりもない。いまさら社会主義がいいとも思わない。
    人間には、社会主義は向いてないように自分は思う。
    自己欲が強い人という生き物には、資本主義があっていると思う。

    人は自分の欲望に忠実である。武者小路さんが思っている以上に忠実な気がする。
    自分は他人の自己顕示欲や、物欲の高さについて、正直不思議に思っている。
    ある程度はあってかまわないように思うが、ある程度を超えているように自分には見える。

    武者小路さんは、そろそろ人間もこの理想を実現出来るような口ぶりだが、
    自分が思うに、そういう世界は遠くなっているように思う。

    人間の未来はひどい世界になっているかもしれない。
    でも、自分にとっては死んだ後のことはどうでもいいことだ。

    迷惑をかける気はもちろんない。
    世界を良くしたいから、といっても何も変えられない。
    自分は自分しか変えられない。誰かはその誰かしか変えられない。

    誰かを変えたくはない。
    自分の思考は自分の中では自信を持って生きているけれど、
    それは誰かの中でも、生きていける思考だという保証もない。
    自分はその部分に責任をもてない。だから人を変えたくない。
    ただ、自発的に変わるのなら、それはいいと思う。

    自分を高めることで、誰かを変えることが出来るかもしれない。
    その一抹の思いも、生きる理由のひとつになっているように思う。

    武者小路さんの意見はすごくバランスがいい。理屈も分かりやすい。
    読んでいてそう思った。

    バランスがいいというのは、偏りがないということだ。
    全ての人が、この考えであれば、間違いなく世界は平和だ。

    でも、俺は人類の未来を最優先に生きようと今は思わない。
    自分が「美しい」と思う生き方で生きようと思う。

    そういう意味では、武者小路さんが言う最上のもの=美
    という部分で、意見が一致しているのかもしれない。

    武者小路さんに意見を言うなんて、差し出がましいな、俺(笑

  • 純粋無垢(?)な少年時代のバイブル。
    今、読み返すと、よき思い出。

全21件中 1 - 10件を表示

武者小路実篤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
武者小路 実篤
夏目 漱石
夏目 漱石
フランツ・カフカ
武者小路 実篤
ヘミングウェイ
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

人生論・愛について (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生論・愛について (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生論・愛について (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする