おやすみ、こわい夢を見ないように (新潮文庫)

  • 738人登録
  • 3.24評価
    • (23)
    • (60)
    • (159)
    • (25)
    • (7)
  • 85レビュー
著者 : 角田光代
  • 新潮社 (2008年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101058238

おやすみ、こわい夢を見ないように (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夢に出てきそうだけど、でも比較的現実的な夢のようなそんな内容のお話。
    しかしながら、そういう心境に陥ってしまう自分がいるかもしれないと、若干の冷や汗をかかせるような、そんなミステリアスな雰囲気も持ちつつ、しかし嫌らしい感じを持たせずに、やんわりと、あっさりと記されている。
    興味を持たせる作家さんです。

  • 憎悪という感情が、人をどうゆう風に変えていくのか考えてしまった。反面、自分の送ってきた短い人生の中、似たような感情を多少はもって生活してきたことに気付く。自分の場合は、感情は持続せず、形としては現れていないのだけど、状況が違えばどうなっていたかと考えさせられる。
    何れにせよ、大切だと思っていた「何か」を理不尽に奪われたとき、その種は落とされるんだろう。

  • ひさびさに読んだ角田光代さん!
    中学生のときから好きでたくさん読んできました。

    角田さんほど「苛立ち」をうまく描写できる作家さんいないと思うのです。
    トクベツなものではなくて、誰もが日常的に、瞬間的に感じているであろうイライラ。
    どうしようもない問題。救いようのない状態。
    角田さんの物語に出てくる人間って、みんな「どっちかっていうと不幸」なんです。ていうか圧倒的に「可哀想って思われる」ような場合が多い。

    でもそれって現実に生きてる人がそうなんだと思う。
    不幸というと大げさかもしれないけれど、私たちはほんとに小さな小さなたくさんの不幸にぶつかりながら生きていて、それをうまく避けられたり、ぶつかっても痛いと感じなかったりする人と、ぶつかるたびに傷ついて、とうとう動けなくなってしまう人との、ふたつに分けられるんだと思います。
    角田さんが描くのは後者で、その描き方がほんとうに秀逸。
    もう入り込んでしまって苛々して泣きたくなって、
    いつもいつも
    共感することがこんなにしんどいとは! 
    と思わされます。 w

    すっきり爽快!とはとても言えないような作品がほとんど(それも魅力のひとつ)なんだけど、
    それほどリアルな作中だからこそ、ちょっと前向きだったり
    明るい兆しが見えるような言葉が、ものすごく響く。

    やっぱり、表題作の「おやすみ、こわい夢を見ないように」が好き。
    姉弟っていいなあ~
    こんなどうしようもない状態でも、お互いちゃんと相手を思ってる。

  • タイトルは「おやすみ、こわい夢を見ないように」
    帯には「もう、あいつはいなくなれ」

    ?( ̄□ ̄)
    衝撃的!
    タイトルと帯に惹かれて購入。笑
    生まれて初めての自主的に買った小説かもしれない。

    感想は‥
    「あたしが日々思ってることが書かれてんじゃん!!
     もしかしてこの人、あたしの頭の中覗いた?!」
    そんな感じ。
    言葉にできない不思議な気持ちを味わった。

    物心ついて最初に買った小説がこれでよかった。
    最初がこれだったから、
    次にいけたんだろうなぁ。

    本がなかったら人生の半分、損したようなもの。
    角田光代は命の恩人です。

  • 短編集そこらにたくさんありそうな殺意をもつ話ドロドロした感じではなくそう言うことあるよね〜的な…
    うつくしい娘は興味深い話だった

  • 2016/9/5
    短編なのが残念だと思うくらい、どの話も続きが気になった。ちょっとこわいけど、日常的。身に覚えがあるような感情。

  • 悪夢で目が覚めるほどでは無いけれど、起きてから「なんだか嫌な夢を見てしまった」という感覚が残る7編の短編集。どれにも、誰かに対する殺意だとか憎悪だとかすっきりしない感情が様々な形で登場してくる。唯一、少し違っていたのは表題作だ。主人公の沙織が元カレの剛太の嫌がらせで学校でも孤立する。そんな沙織を救おうとするのは、外へ出ることを拒むようになった弟の光。剛太への復讐のために二人がする特訓は的外れで滑稽なんだけど笑うことは出来ない。姉のために外へ出た光。復讐の物語りで終わらず姉弟の再生の物語りになって欲しい。

  • え、このあとどうなるの?って思うのもあった。短編集。家族の話がじーんと来たな。引きこもりの弟の話とか。
    昔自分をいじめた先生のくたびれた姿を見に行くと言う第一話…自分と重なった。あいつもうくたばってるだろうか、と思いながら生きてたら私も主人公のように恨み言をいいにいってやろうかとも思ったから。彼女に覚えていてほしくて走って逃げるように帰ったのは残念だった。
    ルリの話、バスで人殺し宣言を聞いてしまう話とか、命に関わる話が多かった。

  • 短編集。現代社会のマイノリティとして普段目につかない問題に焦点を当てた作品。救いのない結末が多いくハッピーエンドはないけれど、ちょっとした視点の転換が用意されていて不思議な読後感。鬱状態に読むのはオススメできないが、多様な社会問題を考えさせてくれた本。

  • 短編小説集。
    テーマは呪い、か。

全85件中 1 - 10件を表示

角田光代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
角田 光代
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

おやすみ、こわい夢を見ないように (新潮文庫)に関連する談話室の質問

おやすみ、こわい夢を見ないように (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

おやすみ、こわい夢を見ないように (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おやすみ、こわい夢を見ないように (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

おやすみ、こわい夢を見ないように (新潮文庫)はこんな本です

おやすみ、こわい夢を見ないように (新潮文庫)の単行本

おやすみ、こわい夢を見ないように (新潮文庫)のKindle版

ツイートする