心に太陽を持て (新潮文庫)

  • 205人登録
  • 4.11評価
    • (22)
    • (18)
    • (16)
    • (0)
    • (0)
  • 36レビュー
制作 : 山本 有三 
  • 新潮社 (1981年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101060101

心に太陽を持て (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中学生の時から大事にしている本。
    これだけは捨てずに持ってきた。

  • 好きこそものの上手なれとはいえ、好きだけでは大成せず、系統だった知識も必要。チャンスを掴みとる努力。

  • 朝ドラのおひさまで気になり読みました!
    みんなに言いたくなる素晴らしい話ばかり!

  • 著者の作品は、小学高学年の頃に「路傍の石」「真実一路」を読みました。当時の私の心に響きました。先日、古本屋さんでこの本を見つけました。タイトルに惹かれました。読んで見て、あの頃に出会っていたら、きっと読み返したくなる作品だろうなあと感じます。ただ、年を取りすぎたかなあというのが実感です。

  • パナマ運河開通、女性の権利を勝ち取ったことなど色々な生き様を伝える話たちが書いてあります。全てがハッピーエンドではないけれど、考えさせられました。

     心に太陽を持て。
     あらしがふこうと、ふぶきがこようと、
     天には黒くも、地には争いが絶えなかろうと、
     いつも、心に太陽を持て。

     くちびるに歌を持て、
     軽く、ほがらかに。
     自分のつとめ、自分のくらしに、
     よしや苦労が絶えなかろうと、
     いつも、くちびるに歌を持て。

     苦しんでいる人、なやんでいる人には、
     こう、はげましてやろう。
     「勇気を失うな。
      くちびるに歌を持て。
      心に太陽を持て。」

  • "勇気を失うな。くちびるに歌を持て。心に太陽を持て"

  • 中学生くらいの時に読んだ。パナマ運河の話が好き。生涯そばに置いておきたい一冊。

  • 昔も今の読まれている、古典と言っていいくらいだ。
    こういう良書が読み継がれている。

  • パナマ運河を開通させた大佐の話、何度も失敗しながら大洋に電気通信ケーブルを敷いた実業家の話、長野県にて社会性の改善をも念頭に置きながら道路の緑地帯にリンゴの木を植え管理した高校生の話など、胸熱だった。皆努力している。

  • パナマ運河の話と、大西洋横断海底ケーブルの話がとてもよかった。

全36件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
遠藤 周作
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

心に太陽を持て (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

心に太陽を持て (新潮文庫)の単行本

心に太陽を持て (新潮文庫)の単行本

ツイートする