放浪記 (新潮文庫)

  • 557人登録
  • 3.38評価
    • (26)
    • (31)
    • (96)
    • (9)
    • (5)
  • 74レビュー
著者 : 林芙美子
  • 新潮社 (1979年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (571ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101061016

放浪記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「下駄で歩いた巴里」を読んだとき、林芙美子って貧乏の印象しかなかったけど流行作家になって旅行してるじゃん、と思ったんだけど、これを読んだら、ああやっぱりすごく貧乏ですごく苦労したんだね、と申しわけない気分になった。こんなふうにずっと食べるにもことかくほど貧乏で孤独でみじめな気持ちだったのかなと思うと胸が痛むくらい。

    何月×日、って日記風になっているけれども、年度はわからないし、とびとびで何年もあいだがあいているようだったりするし、一部~三部とあっても時代順なわけではないし、いったいどういう状況なの?と思うこともあった。作家になったいきさつなどもまったくわからない。
    で、巻末の解説を読んだり、ネットで調べたりして状況を推測したりしてるうち、林芙美子、したたかとか意地悪とかやけに評判悪いなと思ったんだけど、放浪記を読んでいるぶんにはそういうイメージはなく、もちろんたくましくはあるけれど、寂しがりやで繊細で優しいという印象をもった。文章やたくさんの詩も抒情的な感じ。どうしても森光子の舞台みたいな、でんぐり返ししているようなイメージはわかないんだけどなあ……。

    この時代、やっぱり女が職を得るのは難しかったんだろうか。カフェの女給とか女中とかしかなかったのかな。ときどき事務員とかまともそうな職についていることもあるんだけど、続かなかったらしい。地味で単調な仕事はいやになってしまうんだろうか。もし林芙美子に書く才能がなくて、これほどの気力体力、情熱もなかったら、平凡な仕事についてここまで苦労はしなかったのかもしれないなーとか思った。
    なんだかもっと林芙美子を知りたくなった。

  • ずっと読みたいと思っていて、やっと読んだんだけど、
    読み初めて数ページで挫折。

    数年後デモなんとか読了。

    よくわからない。
    まず解説を読み「若い女性の日記」である認識を持つも、どーも、若い女性には思えない。
    それだけ苦労がにじみ出ているのか?

    なぜこの話が舞台で何十年も上映されるのか、この物語をどう描いているのか、非情に興味を持ったし、
    もっともっと林芙美子を知るために林芙美子の本を読みたいと思った。

  • 自身の日記を元にした私小説。放浪の中に生きる女性の姿。それも、かなり生身。逞しさの中で儚く、あざとさの中で純粋で、逃げたいと思いながらも立ち向かう。人間の様々な面を、洗いざらい目の前にさらしてくれる。こんな本は、ちょっとない。
    森光子の舞台で有名な本書。女性の立志伝という読前の印象は、いい意味で裏切られた。

  • 貧困、不運ななか、必死に、そして前を向いて生きる強かさ

  • 生々しい。少し前の日本はこんなにも貧しかったのだなと思うし、女性が生きることがこんなにも大変だったのだなと。あと、結婚観も今とけっこう違うよね。けっこう気楽に結婚してる。そもそも定義も違うよう。
    とにかく、何クソ精神が書かれてるので自分がきつい時に読むといい。何クソだって這い上がれる。

  • 作者の日常的な事柄を、一人の女性に投影させて書かれたものです。
    「放浪記」「続放浪記」「放浪記 第三部」を収録。

  • 日記形式の飛び飛びだし、読んでいて楽しいものでもないのだが、はち切れんばかりのエネルギーを身内に抱えて動き回らずにおれなかった林芙美子という人に興味が湧く。

  • 現代とは違いすぎる、当時の日本がひしひしと伝わる。
    土地を転々とし、様々な職に就き、多くの人々と出会う。

    個人的に好きな場面は、第三部のちもとという店で働いている時の、芙美子と料理番であるヨシツネとのやりとり。

  • 高峰秀子の映画はよかったけどね。

  • 桐野夏生「ナニカアル」の流れから本を購入。
    私小説かと思ったら日記?
    しかも日付が飛んでいるので読みづらい。
    親といっしょにいるかと思えば男といたり、その男もコロコロ変わる。職も気が付けばまた変わっていたりして…もうどうでもよくなり第1部も読み切れずギブアップ。
    昭和30年代にベストセラーを記録したらしいが、当時はこの自由奔放さがうけたのかしらね。

全74件中 1 - 10件を表示

林芙美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

放浪記 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

放浪記 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

放浪記 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

放浪記 (新潮文庫)の単行本

放浪記 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする