敦煌 (新潮文庫)

  • 1089人登録
  • 3.71評価
    • (117)
    • (118)
    • (215)
    • (14)
    • (3)
  • 123レビュー
著者 : 井上靖
  • 新潮社 (1965年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101063041

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
遠藤 周作
安部 公房
ドストエフスキー
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印

敦煌 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 1959年(昭和34年)。
    散文的な筆致にもかかわらず、無性に旅愁をかきたてられ、その地を訪れて直に空気に触れてみたくなる。この小説には、そんな力があるように思う(私も昔、本書に触発されて莫高窟へ行った)。解説にあるとおり、この物語の主人公は敦煌をはじめとする西域の地、その興亡そのものである。人物はいわば風景の一部であり、流転する万象の一部にすぎない。そのような仏教的無常観を基調としながら(或いはだからこそ)、儚い生をひたむきに生きる人間の、なんと愛おしいことだろう。この小説のような、或いはこれ以上のドラマが実際にあったかもしれない。経典が実在するという事実と相まって、ついそんな空想を抱いてしまうような、浪漫に満ちた物語である。

  • 敦煌で二十世紀に、洞窟から数万巻の経典が発掘された、というところが史実。その経典がどのような事情で、誰によって隠されたか、というところが作者のフィクション。
    ひとつの史実から、ここまで物語を膨らませることが出来る、というところに単純に感動できる。物語構成的にも、ある意味、小説のお手本と云えるような安定感がある。
    主人公の述懐するところ、運命に抗わずに生きてきたら途方もなく西の辺境にいる身、これは作者の憧憬でもあるのだろう。

  • 人の想像力とはすばらしい。敦煌には夢がある。どんなドラマがあったんだろうか、この作品のような人々の苦悩があったんだろうか。

  • 一人暮らしを始めるにあたり、実家からこれ一冊携え東京にやってきた。
    自分の人生もかく在るべき、と読むたびに強い憧憬を禁じえない。

    迷った時の道しるべ。余計迷うけど。

  • 生きられる限り人は生きるべきだ

  • 中国は西域辺境の地、沙州(敦煌)。新興勢力の西夏が宋にたびたび侵攻し、吐蕃(チベット)、回鶻(ウイグル)等の周辺部族を打ち負かして勢力を拡大していった11世紀。その戦禍を逃れるために沙州の寺院から持ち出され、千仏堂の石窟に埋蔵された大量の経典。
    主人公、趙行徳の冒険譚はともかくとして、寂寥で過酷な砂漠の旅の風情と、1000年の時を越えて残されることとなった経典の運命が印象的な作品ではありました。

  • 宋代の繁華街の賑わい、西域の沙漠の砂塵、軍勢のぶつかり合う音、滅亡を前にした街の狂乱と赤い焔...。数々の場面が絵のように紙面に広がり、その世界にたっぷり浸れる事が出来た。このストーリーは主人公趙行徳の挫折から始まるが、その後偶然が積み重なった末、彼が図らずも行き着いた場所と、そこで取った行動が「高きから低きに流れるように」来たとするくだりは、言い換えれば、いかなる環境下でも人は生き甲斐を見つけられるということかもしれず、またそれはシルクロードを往来する商人や、沙漠を疾駆する軍人たちの逞しさを体現しているようにも感じた。定住型とは真逆の生活スタイルを持つ登場人物たちはそれぞれ(良かれ悪しかれ)確固たる信念を秘めており、それらが融合したり衝突したりする展開の面白さと、彼らの生き様そのものがこの小説の生命になっている。

  • 世界史を勉強していた時にたまたま読んだ本。薄い本だがストーリーは重厚で歴史ロマンを感じられる。男の生き様としても何かしら憧れる所もある。いつか行ってみたい敦煌

  • 描写される場面がとても映像的。読後感がよい。趙行徳の生き方もいいね。

  • 恥ずかしながら井上靖の小説を読むのは初めて。
    敦煌に関しては歴史的な部分がわからないと
    面白くないので結果的には今読んだのが正解かも
    しれない。
    中国は実際多民族国家でいわゆる宋とかの時代でもこの小説に出てくる夏とか結構漢民族以外の勢力が強い時代もある。
    また今あまり中国では大きな宗教ではない仏教も物語の核心で興味深かった。
    敦煌は西との交易に欠かせない都市で機会があったら行ってみたいものだと思った。

  • 小学生の頃に金曜ロードショウでやっていたのが頭を掠め読んでみようと思った。

    舞台は中国の西域
    主人公の趙行徳は官吏採用試験でまさかの居眠りをしてしまい、当たり前の不合格!
    失意の彼の眼の前に現れた異国の女!
    彼女を何となく助けたことにより異国の文字が書かれた布切れを貰い、何となく西を目指して旅立つことに!

    周りに流されやすい趙行徳は西に歩を進め時代の潮流に流されながらも愛する人や友と出会い、西の果ての地、敦煌に辿り着く。

    敦煌で彼を待ち受ける運命とは!


    西夏の版図拡大と、20世紀初頭に発見された万巻の経典!
    この二つの史実の結び目は敦煌にあり!!


    昔の小説にしては読みやすい。
    旅小説。
    舞台は中世の中国、水滸伝の舞台となる少し前の時代?


    次は同作者の【楼蘭】を読んでみたい!

  • 史実かと思っていたのに、行徳も朱王礼も架空の人物とは…。驚いた。三国志もかじった程度だが、地名などが多少わかるだけでだいぶん読みやすかった。
    歴史物を読むと、今に至るまでの時代の連なりを感じ、今に遺産を遺してくれた人々に感謝したくなる。

  • 読み疲れた...

  • 母が自分の名前説明するのに「敦煌の『敦』に子供の『子』」と言ってたためにずっと気になっていた敦煌.
    いざ読んでみると,敦煌での話がメインではなく,最終的に敦煌に辿り着く話(また,場所名も敦煌ではなく沙州).
    話をシンプルにまとめると,
    官吏を目指していた主人公が,売られていた西夏の女を助けた.そのとき,西夏文字や西夏の人々に惹かれ,いつしか夢がその首都興慶を訪れることになった.
    話が進むたびに,徐々に世界観が広がっていく.

    時間省略をすることが多かったことで,話は冗長せず読みやすかった.

  • 子どもの頃映画化されて話題にもなっていて、いつか読みたい名作だったけど、うーん、イマイチ。説明調ばかりで、人物の気持ちに入り込めない。

    主人公の文才肌の青年が恋した異国の王女、その王女に横恋慕した部隊隊長、その女を横取りして妾にした彼らの王。女の憤死が遠因となって、やがて戦乱に。

    三国志の董卓と呂布がモデルなのかな?
    シルクロードが舞台とされているけど、あまりその描写がなくて想像しづらい。主人公も意思薄弱ではないが、周囲に流されている感じ。

    戦火のなか、大量の経典を守ろうとして敦煌岩窟のなかに隠す決断したあたりから面白くなる。
    結末を知ってから前半部を思い返すと、主人公が科挙試験に失敗したことや、売られていた異国の、命を奪われても辱めを受けない誇り高い女を救ったこと、砂漠をさすらって駱駝の列を連れていたこと、男惚れするような部隊長に仕えたこと、などすべて、この運命を匂わせる巧妙な伏線だったのか、と気づかされる。

    ただ、ちょっと自分にとっての名作ではなかった。

  • シルクロードの鳴沙山や月牙泉に憧れた中学生の時以来、久しぶりの再読です。
    異国の女性を助けたことから、趙行徳の運命は西の果てへ導かれます。偶然の出会いから歴史の1ページが生まれる壮大な物語、なのですが…。
    趙行徳は翻訳がまだ途中なのに戦に出ようとしたり、敵が攻めてくる直前まで寺院に気がまわらなかったり、意外と経典に無頓着でハラハラさせられます。一貫してぶれない朱王礼と尉遅光のほうが存在感がありました。

  • 失われた西夏文字を題材に、当時の歴史環境や人々の描写も緻密に描かれた名作。
    少ない情報の中でよくここまで生き生きとストーリーを組み立てられたなと感心した。

  • 20世紀になって中国・敦煌で発見されたおびただしい量の経典や文書。1036年にこの地を治めていた曹氏が西夏に滅ぼされた折に何者かが莫高窟に隠したものであることは間違いない。ではその時にどういうドラマがあったのかという小説なのですが、主人公趙行徳始め主な人物が創作なので結論ありきのような物語で、どうも楽しめませんでした。
    ただ情景が浮かんでくるような文章は、やっぱりすごいですね。埋められてから900年余りという途方もない時間を経て発見される。その件にはのめり込みました。

  • 井上靖が愛してやまなかった中国西域部の歴史小説。自伝的小説ではないにもかかわらす、恰も自分が見た様な描写や史実に基づくのではないかと錯覚させる手法は流石。男女間の複雑な色恋沙汰が描かれているのは、複雑な家庭事情で育った井上ならではなかろうか。

  • G.W.に読んだ。
    最後の最期、経典が発見されるまでが特に良かった。

  • 初めて読んだ井上靖さんの本。最初の数ページを過ぎたら後は非常に読みやすく、趙行徳の運命から目が離せませんでした。資料だけでこれだけの壮大な歴史物語が描けてしまうなんてすごい。映画版も、他の井上作品もぜひ味わわねば。

  • 過去読了分
    桂林旅行のとき、30時間の夜行列車の中で読破した一冊。
    昨年10月のシルクロード旅行の前に読まなかったことが悔やまれます。
    http://blog.livedoor.jp/hara_inu/archives/7664737.html

    歴史小説が大好きなんですが、活字を読み、目を閉じると
    その当時の様子が目の中に浮かんでくる。
    自分もその時代に生きたかのような錯覚に陥りません?

  • 2015/02/03購入
    2015/02/14読み始め
    2015/02/19読了

全123件中 1 - 25件を表示

敦煌 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

敦煌 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

敦煌 (新潮文庫)の作品紹介

官吏任用試験に失敗した趙行徳は、開封の町で、全裸の西夏の女が売りに出されているのを救ってやった。その時彼女は趙に一枚の小さな布切れを与えたが、そこに記された異様な形の文字は彼の運命を変えることになる…。西夏との戦いによって敦煌が滅びる時に洞窟に隠された万巻の経典が、二十世紀になってはじめて陽の目を見たという史実をもとに描く壮大な歴史ロマン。

敦煌 (新潮文庫)の単行本

敦煌 (新潮文庫)の単行本

敦煌 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする