氷壁 (新潮文庫)

  • 1250人登録
  • 3.63評価
    • (108)
    • (158)
    • (255)
    • (20)
    • (6)
  • 165レビュー
著者 : 井上靖
  • 新潮社 (1963年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (633ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101063102

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

氷壁 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • とにかく、最初の2ページに心臓を鷲掴みにされてしまった。
    主人公・魚津恭太が山から東京の都会に返ってくるシーンである。彼が「山から帰ってきて、東京を眼にした時感ずる戸惑いに似た気持」が、こう描写してある。

    「暫く山の静けさの中に浸っていた精神が、再び都会の喧騒の中に引き戻される時の、それは一種の身もだえのようなものだ。ただそれが今日は特にひどかった」。

    この文章を読んで、私はこれは傑作に違いない、と思った。この清冽で、しかし同時に冴え冴えとしたこの文章に、ぴったりと吸い込まれるような気持ちになったのだ。


    しかし、読み進めていくうちに、どうもあの予感は違ったのかなぁ、という気持ちが強くなってしまった。
    文庫裏のあらすじを読んで、てっきりドラマチックな「山あり谷あり」の展開を予想していたので、読み進んでも読み進んでも激情に駆られる場面が出てこないというか……ぶっちゃけてしまうと、修羅場が全然ないなぁ、と思って物足りなく思えてきてしまったのである(^^;)。

    主人公を含め、登場人物たちは清らかでありながら、何かと頑固な人間が多い。しかし、彼らは我を通すわけではなく、かといって物分りがいいわけでもなく、ごく淡々と事態を受け止めようとする。
    そこに葛藤はある。しかし打算的なものや、疑いはない。憤りはある。しかし、あてつけや嘘はない。
    そこが私にはどうも、透明すぎる気がしてしまったのだ。私は自己主張が強い困った人間なので、彼らが欲や見栄を出さないことに「?」となってしまうのである。

    魚津も美那子も、結局最後まで「何もなく」終わる。私はそのことにとても驚いた。そして、井上靖は清廉な作家なのだなぁ、でもこれが多くの人に愛されたのだなぁ、と思うと、またそのことに驚いた。

    私はこの本のことを、ドラマチックというにはあまりに静かで、透明な作品だと思った。あくまで、私は、である。

  • 穂高方面に紅葉狩りに行った際に氷壁の舞台等の掲示が現地にあったため、読んでみた。
    しかし、wikipediaに記載のあるような当時の事件を下敷きにしている割には、公開実験の偽りについては触れず、滑落した主人公に「不倫」という随分と低俗なテーマを付加している。
    なんだか、このような作品を描く作家が巨匠といわれる意味が分からない。

    死者に対する冒涜ではないか?

    読む価値なし

  • 再読。前回読んだのはおそらく30年以上前。先日行った上高地で見た穂高の峰々や岩壁が思い出される。山はいい。

  • 穂高の人を寄せ付けぬ厳しい山の姿。その山に挑む男たちの友情の物語。こういう話ってかなり熱くなるんだよなあ。そして高度成長期の昭和が舞台なのも興味深い。会社や夜の新宿の場面など。

    まるで映画のようにイメージを喚起する文章だ。一緒に自分も雪山を歩いている気にさせられるから不思議だ。

    男同士の友情、彼らの運命を分けたザイル、彼らの周りの女たちとの恋情。様々な要素が詰まった骨太なエンタテインメント。確か、NHKでドラマ化されていた気がするが、今度見てみようと思う。

  • 都会の喧騒や小坂の滑落死に関する世俗の憶測と、人間を寄せ付けない美しい山・自然との対比。そこに男同士の友情と人妻である八代美那子への許されざる恋愛感情が絡んできます。

    山が好きな方や物語として楽しみたい方には良いと思いますが、私のように文学的に優れた表現や世間一般に理解されがたい特異な思想や物の見方を求める者にとっては物足りないと感じます。
    所詮TVドラマ化できてしまうという時点で目指す方向性が違ったのかもしれません。

    かなりの長編ですが、内容としては「ザイルは本当に切れたのか」という点が延々と語られており、冗長という印象があります。
    また表現という点では、敢えて伏せることによって暗示してくれれば良いのに国語の解説のごとく1から10までしっかり説明してくれるので、良い意味でのモヤモヤ感がありません。例えば‥

    ”ガスの流れの中に魚津は立ちつくしていた。後方には美那子がいる。前方にはかおるがいる。”

    こんなことは言われなくても分かっていることであって、この長編のハイライトに至っていちいち余計な説明をされると読後の爽快感をそがれます。

    ただ、描かれる人間模様は面白いのではないでしょうか。
    常に冷静沈着で的確な判断をする魚津が、俗世間と隔離されていたはずの山に美那子への思慕を持ちこんでしまった結果、心乱れ、落石に打たれて死ぬという展開は、八代美那子という女性の危険なまでの魅力を読者に強く印象付けます。
    一方で美那子については、もう少し「危険、不吉、誘惑」というキーワードが似合うような、巨大なエネルギーで引き込む暗く深遠な人物として徹底的に描いてほしかったです。美那子はまだきれいすぎます。笑

  • 2017.09.10読了

    名作である。その一言に尽きる。

    本書を読み進めていた一週間余り、気持ちが沈み込んで行くのを静かに感じていた。読了して一夜経ったいまも、何とも言えない感情を抱いている。

    誰も幸せにはならない結末である。それが却って現実の世界を描いている様に思えた。新田次郎の「孤高の人」も好きな作品だが、登山家の心境というものが描かれている作品が、私は好きらしい。

    来週、涸沢へ登る。

  • 上高地に行く前にと思い読んだ。昭和のナイロンザイル事件がモチーフ。山の迫力、美しい文章、新鮮ささえ感じた。名作は衰えないと改めて思った。ストーリーとして、最後は残念。徳沢園を訪れるのが待ち遠しい。

  • 今後の反省として、具体に何があったというわけではないが、調子にのったことは書かない。書くなら誰にも見られないように。本はけしてけなさない。特に人の好きな本はけなさないこと。

    文章、筆致、個人的にはかなりしっくりくる。固すぎず、柔らかすぎず、文章のかみごたえが最適。
    登場人物はそれほど多い方ではないと思うが、丁寧に描いてあり、展開も飽きさせない。ここぞという時の心理の描写の仕方が、単なる不倫とか単に友情の物語とは異なると、私には思われました。それこそが作者の力量なのか。
    思ったよりも悲劇的な終幕だったし、全体にやはりやや暗い影は消えない。それでも、どこか清々しさも感じる。

  • アンザイレンを組んでいた友人が墜落死。なぜザイルが切れたのか?を中心に話は進みつつ、友人が想いを寄せていた人妻や友人の妹への勘定が複雑に絡まり合う。
    最後までザイルの謎は解明されず、そして誰も幸せにならない。なんだか救われないが、山に挑んでいるときの描写や感情の描写はやはり最近の作家とは違い深みがある。

  • 穂高に死すより

  • 昭和事件のナイロンザイル事件をモチーフにした作品。ザイルは切れたのか切られたのか、その一点を軸に置きながらこうした重厚な人間ドラマと恋愛ドラマが交錯する作品を書き上げるとは井上靖氏の才能に唸らされる。

    本作品は山岳小説に位置付けられ、魚津を交差路に様々な人間関係が描かれるが、特筆すべきは魚津と小坂の美那子に対する複雑な感情であろう。美那子はやや魔性的であり、氷壁はひょっとすると魔性の女性の象徴であり奥穂高に執着し挑み飲み込まれた男たちを描いた恋愛小説なのかもしれない。

    それにしても今の時代、魚津のような社員が居たら常磐のような豪傑が居たとしてもすぐ馘首であろうと思うのであった。。

  • 登山家である魚津と小坂はもとより周辺の人物も実に巧く作り上げられていて、現実感と創作技の絶妙な塩梅にいたく感心させられました。
    実在の事件を取り扱いながらその問題性や事件性に焦点を当てすぎることなく、山で散る二青年や年の差の開いた夫婦、恋する少女、部下を思う上司らの姿を過不足ない素晴らしいバランスで描き出すことで「生きること」を読者に見つめさせる腕前が実に素晴らしかったです。
    二青年の手記や「好きだった詩」の引用も控えめゆえに効果抜群。魚津のメモには胸を撃たれました。
    終始ほどよい距離感のためか爽やかな後味。

    しかし青年たちの描き方がとにかくいい。
    私が女だからか、いや、女であれば厳しく見えたりもすると思うのですが、「男が泣く」描写が多い割に女々しさを感じないのも不思議です。
    そんな中、魚津・小坂の関係性ではなく距離感と佇まいに萌えました。
    「何の因果か知らんが、お前の作る雑煮ばかり五年食ってる」
    このセリフは強烈です。

  • 「ナイロンザイル事件」にアイデアを受けた小説。映画を見たので、原作も。映画は原作とほぼ一緒なんだなぁ。

  • サスペンスっぽい要素があって面白く読めた。女性二人の描写はいかにもこの時代の男性作家の書いた女性像という感じで、あまり好きではない。

  • 僕が今年の夏、
    穂高に登りその時に氷壁の舞台になったとい事で気になり読むに至った小説となる。
    僕が山をやっているからなのか、
    その物語に惹きつけられつ夢中になった。
    読み終えた感想としては2つ。
    1つ目は魚津の美那子へ気持ちを振り払うため、
    かおるに会うため前に進もうと無理をするが、
    結果を考えずともそうするべきではなかった。
    もしくは、かおると2人で小坂が滑落した現場に結婚の報告をして誓えば良かったのでは無いかと。
    2つ目は残された者の気持ちを考えず、
    目の前の山々、壁を越えたがる姿勢が登山家なのかなと。僕にはそれは出来なく、人を愛する事を優先するであろうと感じた。

  • 井上靖のドラマチックな小説。古い小説によくある、なんとも切ない話。
    登山が趣味の青年二人が冬の穂高岳に登るが、切れるはずのないザイル(命綱)が切れて、一人が落ちて死んでしまう。残された主人公は、様々な疑惑のなか、どうして切れたのか追究しようとする。死んだ友人が好きだった人妻を自分も好きになるが、気持ちを抑え、友人の死に向かい合うために一人で穂高に登る。
    主人公の勤め先の上司が素晴らしい人で救われる。冬山のダイナミックな描写や、しっとりと上品な女性、男同士の友情が際立っていて、細部まで手を抜かずに書かれている。個人的には少々意外な結末だった。

  • 「氷壁」井上靖
    社会派ヒューマンサスペンス。鈍白色。

    ナイロン・ザイル事件を題材としたサスペンス小説。
    かおるさん可哀想すぎる。
    (3)

  • ザイル事件がテーマだと思ったが、どちらかというとバックグラウンドにすぎないか。主題は山男の恋。

  • 昭和52年に購入した文庫本、一度も読むことなく実家に置いたままであった。
    長編大作で読了に時間がかかってしまったが、切れたザイルをめぐる話と二人の女性に対する魚津の揺れる思いが混じりあった展開であった。

  • 人妻に恋をした自分を止めることができるか。踏破を目前にした山で、危険があるからと下山できるか。自己をコントロールできるほど自分というものを信頼してよいのか。許されない恋と登山を通して2人の青年が自分というものを信用しなくなる過程を描くのが本書のテーマだと思う。だが、正直おもしろくない。

    雪山で遭難した友人の死の真相を主人公が探るというミステリー要素が満載かと思ったが、唸るほどの伏線があるわけでなく謎は謎のまま。美貌の人妻との秘められた恋が友人の死とどう結びつくのかも曖昧なままストーリーは終わる。
    2人の青年を死へと誘った人妻を悪女として描き切るわけでもない。全てが中途半端。盛り上がりやハラハラもない。ひたすら長くて饒舌。途中で飽きた。

  • 2004 読了

    ミステリーだけど人間ドラマ。

    ナイロンザイルが切れたのは事故か事件か?

    登山に関する知識も得られました。

  • 山岳小説にはまるきっかけとなった本。
    山と対峙するストイックな姿勢に魅力を感じます。何度も読んでいますが、心から離れません。

  • 上高地の徳澤園が度々登場する。藤野さんがこの本を読んで徳澤園に行きたくなり泊まったと聞いて、この本を読んだ。井上靖も山が好きだった事が伺える。ラストの落石辺りは出来すぎ感があり今一つ。

  • 先日NHKのドラマでやっていたものの原作。
    原作と言っても、骨格だけで時代背景その他ドラマとは大きく違っている。
    500ページ超の大作ではあるが、ハッピーエンドではなく、読後感が少しつらい。

  • 前穂高、涸沢、徳沢、上高地

    切れたザイルをテーマに、人間模様を描く

    時折やや唐突な展開があるが、
    常盤、美那子など、登場人物の性格づけが面白く、
    500ページをあっさり読み切れました。

全165件中 1 - 25件を表示

氷壁 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

氷壁 (新潮文庫)に関連するまとめ

氷壁 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

氷壁 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

氷壁 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

氷壁 (新潮文庫)の単行本

氷壁 (新潮文庫)の文庫

氷壁 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする