天平の甍 (新潮文庫)

  • 989人登録
  • 3.72評価
    • (84)
    • (108)
    • (170)
    • (7)
    • (1)
  • 116レビュー
著者 : 井上靖
  • 新潮社 (1964年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101063119

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

天平の甍 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 聖武天皇が治める奈良・天平の御世に実現した、唐の高僧・鑑真の来日の影で、それぞれの運命に翻弄された5人の日本人留学僧の約20年に渡る姿を、静謐なだけでなく、鮮明な視覚的イメージと説明しがたい感傷を読み手の胸に呼び起こす、独特な文体で描いた歴史小説です。  
    733年の第9次遣唐使船で、「普照(ふしょう)」、「栄叡(ようえい)」、「玄朗(げんろう)」、「戒融(かいゆう)」の20代の若き僧4人が留学生として入唐を果たします。中でも、奈良の都より派遣された普照と栄叡の二人は、十数後に実施される「だろう」第10次遣唐使船派遣までの間に、近代国家確立への道を模索しながらもいまだ迷走を続ける日本に、政治的・仏教的双方の理由から、戒律を授けてくれる高僧を先進国たる唐から招くという使命を背負っていました・・・。  

    彼らより30年近く前に入唐していた「業行(ぎょうこう)」を含め、命がけで海を渡った日本人留学僧5人でしたが、入唐後の運命ははっきりと分かれます。  

    入唐早々、大陸の広大さと不可思議な魅力の虜となり、「この国には何かがある」と、托鉢僧となって出奔し、消息を絶った「戒融」。

     唐へ向かう船の中で既に「祖国へ帰りたい」と弱音を吐くほどに意志薄弱で、入唐後も誰よりも帰国を願っていたくせに、皮肉なことに、唐の女と結婚して子供までなして還俗し、帰国叶わず唐の地へ骨を埋めることになった「玄朗」。

     祖国へ少しでも多くの知識をもたらそうと、広大な唐土各地に散らばる経典の写経に入唐後の50年近い人生を捧げながら、帰国の船が難破し、彼自身の命よりも大切にしていたすべての経典と共に、透き徹る海の底に沈んだ「業行」。  

    入唐9年目に唐でも屈指の高僧・鑑真に来日を打診して以来、ひたむきな情熱と行動力で鑑真来日のために立ち回りながら、異国の地で病没した「栄叡」。  

    そして、栄叡や業行ほどの行動力も情熱もなくだた彼らに引きずられていたようでありながら、誰よりも彼らを理解して手を貸し、在唐20年目の753年、広大な唐土を放浪した果てに高僧鑑真を伴ってただ一人、祖国の土を踏んだ「普照」。  

    戒律のために来日を決意した742年から来日した753年までの約12年の間に、5度の航海の失敗や愛弟子たちの死、老齢の身である自身の失明などを経験しながらも、一度も気持ち揺るがす異国へ続く海を渡った鑑真の重厚な姿と比べると、狂おしいほどにもがき続けて歴史の渦の中にひっそりと埋もれていった5人の日本人留学僧の姿はあまりにも小さくて儚く、それ故に却って心に染み渡ります。  

    抑制のきいた文体と鮮やかな情景描写が、人の運命の儚さを見事に表現しており、この作品を一層印象深いものにしていました。

  • 名作と言われるだけあって、人間の生き方の本質を考えさせる作品。史実だけをなぞってしまうと、大変な苦労をして留学僧が鑒真和尚を、日本仏教興隆の為に、渡日させることに成功しました。ということになるのだろうが、作者は、そこに、其々の留学僧の生き方考え方を、豊かな想像力で生き生きと描くとこにより、今でも通じる人間としてのあり方を問いかけている。

    自分がどのタイプの留学僧に当たるのか考えると、登場する主要5人の中の誰かに、多くの人は当てはまるのではないだろうか。私は戒融、業行とはかなりタイプが違う。流させれやすいという点では、普照かな。

  • 「異国に行く」ということ。
    その重みが現代とは桁違いに大きな時代に、仏教を学ぶため、遣唐使船で唐に渡った若き留学僧たちがいました。
    鑑真という、日本史を語る上で欠かすことのできない人物が大和の地を踏んだ、その背景には彼らの存在があったのです。

    唐で学び、さまざまな人物に出会う中で、彼らは各々の道を歩み始めます。
    自身の信念を貫く者、使命を胸に奔走する者、彼の地で新たな生き方を見つけた者。
    鮮やかに描かれる彼らの姿は現代を生きる私たちにも通じるものがあり、天平時代のスケール感と相まってぐわぁっと迫ってくるような臨場感がありました。
    特に、他の登場人物たちと比べると一番流されているように感じた普照が、鑑真とともに日本に帰国した、ということがとても印象に残っています。
    「運命は自分で切り開くぜ」というのもかっこいいけれど、本書で描かれた「運命に抗わなかったゆえの成功」が、実はより現実に近いのではないかという気がします。

  • 文体は堅くて漢字も多いが、文章が淡々としているからこその、伝わってくるものがある。
    日本出身の普照より、唐の高僧である鑑真の熱意が強かったのが、とても印象深かった。

    来秋に修学旅行で京都に行くが、その事前研究が冬休みの宿題に出た。
    天平の甍(課題図書の1つ!)を題材に、レポート3枚を仕上げるので、もう1回は読んで、特に地理的なところを整理したい。

  • 唐に留学した日本僧侶たちと渡日を果たす鑑真の姿を描いた内容。

    日本史の教科書で目にした「遣唐使」が苛酷な事業だとは思いもしなかった。考えればあたりまえだが航海技術が発達していないし飛行機などない時代。海を渡ることは命懸けだった。唐に行くということは生きて故郷に帰れないかもしれない覚悟を必要とした。仏教を日本に伝える使命感だけで成し遂げられる仕事ではなかっただろう。大変なことだった。


    唐に留学した僧侶たちのその後はそれぞれ異なる。放浪する者。唐で暮らすうち結婚し妻子を設ける者。ひたすら経典を模写する者。挫折し、志を果たせなかった者たちの生きる姿がそれぞれの個性を映し出している。

    そして対比するかのように描かれる僧・鑑真。静かな佇まいに宿る不屈の精神。日本に渡ることをあっさり決めたが、海賊や嵐や役人の妨害にあって五度も渡日に失敗。それでも初志を曲げず渡来。この強固な意志はどこから来るのか。小説を読んでも見えてこない。
    が、仏教を日本に伝える使命感があったのだろう。でもひょっとして’海の向こうにはなにがあるのか‘というロマンも鑑真を支えていたのではないかと読後に思った。

  • 分乗して誰かが生き残れば……という栄叡の考え方を思い出して胸がつまる。きっと栄叡は、この結末をハッピーエンドだと思ってくれるだろう。もちろん、失われたものは大きい。特に普照が幻視した光景には、悶えずにいられない。ちょうど『薔薇の名前』を読んだ時のように、書物の失われゆく様が、絶望的に、しかし大変美しく目に浮かんだ。あれはたしかに悲劇だが、史実としての空海の存在に読者は救われる。伝えようとする人が現れ続けたからこそ伝わったのだ、と思えるから。「時を隔てた分乗」と、栄叡なら言うかもしれない。

  • 鑒真和上の来日を扱った歴史小説.
    本棚にあったものだがたぶん初読.

    鑒真の静かな不撓不屈の意志が素晴らしい.
    それにもまして,異国の地に埋もれていった留学生たちに
    わたしは深い感慨をいだいた.

  • スゴイ、凄い小説だなあ!

    今夜読む本がないと思って、夕方立ち寄った駅前の本屋で何となく買ったのだが、本当に良かった!井上靖は凄い。

    あらすじは、遣唐使に混じって、留学生の僧侶が鑑真を日本に招来するまでを描いた話。

    その冒険が凄まじい。紆余曲折あり艱難辛苦あり、この史実を書いただけで十分読者は感動する。
    しかし、井上靖の凄いのは、純然たる事実を曲げないで、勝手な色をつけないで、そこに作者のオリジナリティをいれる所。そして、その文学性が成功しているのがこの小説の凄い所!
    というのは、留学生の僧侶たち一人一人に与えられたキャラクターがそれぞれ異なった行動を生み、それぞれの人生を描いてみせたということ。それによって、「学ぶとは何だろうか?」、「臆病は本当に悪徳か?」、「我々の人生は結局徒労なんではないのか?」など沢山の哲学的問いが提起される。

    今まで歴史小説の価値がわからなかったけれど、この本を通して、有能なる作者の芸術的な手際という素晴らしい価値に気付くことが出来ました。
    井上靖は凄い。

  • 天平の昔、荒れ狂う大海を越えて唐に留学した若い僧たちがあった。故国の便りもなく、無事な生還も期しがたい彼ら――在唐二十年、放浪の果て、高僧鑒真を伴って普照はただひとり故国の土を踏んだ……。鑒真来朝という日本古代史上の大きな事実をもとに、極限に挑み、木の葉のように翻弄される僧たちの運命を、永遠の相の下に鮮明なイメージとして定着させた画期的な歴史小説。

    第8回芸術選奨受賞作

  • 先週、奈良を旅して寺を回った。現在の自分にも無縁ではない、日本の木造建築や大工技術の歴史に改めて触れたいという思いからだが、千年もの歴史に対して想像力が及んでいるかといえば、心許ない気持ちになっていた。そんなとき唐招提寺のおみやげ屋さんで見つけ、ふと手に取った本。


    奈良時代、仏教における「戒律」の師を連れ帰る使命を帯びて遣唐使船で唐へと渡り、のちに鑑真和上を日本へと招聘した僧たちを主人公とした歴史小説。

    己の命と、人生の大半を賭した任務に就いた者たちの生き様が、残された記録に基づいて淡々と描きだされる。歴史小説という分野をあまり読んだことがないが、千三百年も前の出来事を残された記録に基づきながら想像によって補いつつ進む文章に、過剰な脚色は控えられているのかもしれない。それでも後半へと読み進めるに従って胸が熱くなった。ディテールの抑制された行間から、無言の裡に確かな人々の魂が感じられるようだった。

  • 2010年奈良・平城京1300年祭に行く前に、気分的に盛り上げて、唐招提寺にも行くぞ!という意気込みで読んだ。

    主人公普照が唐に渡り、鑑真を日本に連れてきたその生涯のほとんどが小説として表わされている。

    もう周りの僧達が異国の地での運命に翻弄され、それぞれの道(あるものは最期)を行く様は、人間ってお坊さんでもそうなっちゃうよねというような過酷なものである。『仏教を正しく伝える』という大義に自分の人生を懸けた昔の人たちの直向きさ、純粋さも感じる。今の世の中にそういう事ってあるかな。

    読後、甚く感動したものの、奈良訪問の際、正倉院展でかなり時間がかかってしまって唐招提寺に行けなかった…。

  • 近く、奈良を訪れる予定があるので、予習を兼ねての読書。

    書名だけは知っていた、有名な小説。
    イメージとしては、鑑真の来日にまつわる苦労の話、成功の話、えらい人の立派な話(乱暴な言い方ですみません)。
    だから、平成の世を慌ただしく生きている自分にはあまりにも遠くて、興味をもって読めないんじゃないかと思っていたのだけれど……良い意味で裏切られました。

    大きな歴史のうねりの中、むしろ印象に残るのは、登場人物一人ひとりの生き方で。
    特に、若い留学僧たち4人が、それぞれの道を進むなか、ちりぢりになり、目標を見失い、自分にはどうしようもない事象に流されながらもただ生きていく様子がが心に強く残りました。

    そして、これから本書を読む方のために詳しくは書きませんが、終盤のクライマックスが、圧巻!
    小説はほとんどの部分、淡々と出来事だけが述べられていて、登場人物の心の内に触れる箇所はごくわずかです。
    でも、だからこそ、人生の儚さと絶望が自分のすぐ近くに感じられて、胸をかきむしられました。

    留学僧の4人以外にも、たくさんの登場人物が行き交う、群像劇のような本書。
    また年を重ねたら、違う人物が気になったりしそうで、機会をみて再読してみたい1冊でした。

  • 「もっとも平凡であるが、かならずしも意思薄弱でなく、自分の運命にもっとも抗うことの少なかった普照の成功」
    今は色々迷ったり流されたりしたことも、死ぬときに思い返せばすべて一本の線上にあるのだろう。

  • 本作は鑑真渡日の史実に取材した歴史小説。ただ主人公は鑑真その人ではなく、鑑真招聘プロジェクトに巻き込まれたり、あるいはその周辺にいたりした留学僧たちである。留学僧は興味深い人物類型に描き分けられるのに対し、鑑真の人物造形はなんというか茫漠としており、そこから本作の焦点がどこにあてられているかが窺える。

    歴史作家は史書が伝える史実の、その彼方にある世界を凝視する。史書に記された一文の向こうには、数知れない人々の喜怒哀楽があり、生き死にがある。それは客観性に規律された歴史学によっては決してとらえることのできない領域であるり、そこを切り拓くものがあるとすれば、作家的想像力においてほかにないであろう。

    本作における作者・井上靖の想像力とその筆致は素晴らしいものである。

  • 日本史の教科書なら鑑真和尚と唐招提寺を暗記して終わり。
    でも、当たり前だが当時から人間が生きていて、それぞれの人生を抱えていた。

    ものの数時間で北京でも上海でも地球の裏側でも何処へでも向かえる現代と違って、死の危険を冒してまで大陸を往来することは計り知れない覚悟を伴っただろう。阿倍仲麻呂が有名だが、他にも故国の地を再度踏むことなく、無念に散っていった人もおそらくは本書で取り上げるよりも遥かに多くいただろう。

    実際のところ、特に古代の文献は散逸しているものが多いと聞くし、どの程度史実に沿っているのかわからない(不照やその他主要な登場人物の心情描写は殆どが状況から作者が推し量ったものではなかろうか?)が、兎にも角にも彼らの残した事物は1000年以上の時を経て、天平文化という名で後世を生きる我々の目に触れるところとなった。その遠大な行程に思いを馳せて、深甚とした感傷に浸ることが出来た。

  • 鑑真の凄味が伝わってくる。また、派遣かれた僧もそれぞれ個性があり、面白い。この時代の航海は、生存率何パーセントだったのか?

  • 鑑真が主人公の話だと思っていたら、日本に鑑真を招聘するために奔走した日本人留学僧が主人公でした。日本史の教科書的にはどうしても鑑真一人にスポットライトがあたってしまうけれども、鑑真来日には多くの人間が関わっていたことに思い至りました。前半は天平5年(733)の第九次遣唐使船で入唐した4人の学僧のいきさつ、後半はその1人で20年後、鑑真とともに帰国した普照という人物に沿って物語が進んでいきます。
    最初は頭でっかちで共感しずらかった普照ですが、世界を広げ、周りの人物と関わる中で変わっていき、鑑真からの信頼を得るまでになります。英雄を描くのではなく、普通の人間の成長物語。歴史小説というよりも、歴史を舞台とした青春小説です。

  • 鑑真を渡日させることに 多くの僧が 人生をかけた理由は 理解できなかったが、日本と中国は 仏教で 繋がっていた歴史を知れた小説だった

    仏教のイメージは 無、自然、清貧、老荘思想、徒然草、良寛 しかないが、普照はじめ 登場する僧たちには 我の強さ、律の重さを感じた

    少し織り込まれている 神秘的現象の意図は 何だろうか

  • 遣唐使の一員として唐に渡り、鑑真の招聘を実現することに努力した普照という留学僧の視点で描かれた歴史小説です。

    普照は当初、みずからの学問のことにのみ関心を向けており、高僧を日本へ招聘するという計画には、それほど熱心ではない若者として設定されています。そんな彼の冷静な視点から、言葉には出さずとも、日本へ渡る決意にほんの少しの揺るぎもみせない鑑真をはじめ、鑑真の招聘にひときわ熱心な栄叡、唐の国土を歩いて真実の仏教を求める戒融、学問への志を捨てて唐の女性と結婚した玄朗、そして、みずからの才能に見切りをつけ、今は経典を日本に送り届けることだけに情熱を傾ける業行など、他の登場人物たちの生き方が生き生きと描かれます。また、彼らとの交流を通して、また長い年月を経ることで、やや
    て狷介な若者として描かれていた普照自身の態度にも、しだいに変化が現われていきます。

    物語の語り口は抑制が効いていますが、鑑真渡来という歴史的事実そのものに十分なロマン性があるためか、おもしろく読むことができました。

  • 鑑真の来日をテーマにした4人の僧侶の話。
    人間の意志を超えた存在に翻弄されながらも生きることが歴史を繋いでいく事ではないかと学んだ。

  • 本作は、何度も困難に遭いながらもけっして渡海を諦めず、最終的に日本にはじめて戒壇を伝え、唐招提寺を建立した鑒眞を描いた小説であり、映画化もされた影響で広く知られている。じっさい、わたし自身も手に取る以前からその程度の智識はあった。しかし、読んでみると印象はだいぶ違う。まず、主人公はむしろ榮叡や普照であるといったほうが正しく、そのほかの場面においても、眼につくのはつねにあまたの「無名」僧侶たちである。歴史的な知名度はどうしたって鑒眞がもっとも高いが、こと本作のなかにおいては、むしろ彼を支えたほかの僧侶たちのほうが深く描写され、鑒眞じたいは史実をなぞる程度でしか出てこない。そして、このような人物配置こそが、本作の最大の魅力である。たとえば、業行という僧侶がいる。歴史の表舞台には登場してこないが、どうやら実在の人であるらしい。(ただし、詳細はわからない部分が多く、彼に限らず多くの逸話の大部分は創作である。)この人物は、入唐後しばらくしてひたすら写経に没頭するようになり、その成果である厖大な写本はやがてほかの人物に託されるようになるが、航海の都合上日本へ帰らずにいったん唐国内の寺院に納められてしまう。このことに対し、業行はいつまでも根に持ちつづける。孤独な外国生活を何年も続けていれば、ふつうは日本人に逢えるだけでも相当うれしく、過去にしこりがあったとしても表情も自然と緩むはずであるが、彼に限っていえばそうでもない。まったくの堅物で、ひたすら仏教のことしか頭にないのである。これだけならまだありそうな人物設定に思われるかもしれないが、彼の人生にもまた波瀾があり、最終的には誰もが恐れていた最悪の結末になってしまう。誰よりも信心深いはずの宗教家が、大意を果たせぬまま亡くなってしまうことは衝撃的であると同時に、さまざまな問題提起を孕んでいると思う。このような人物は、はたして幸せであったろうか? 著者にはけっして仏教を否定する意識はないと思うが、ヘタをすればそういう考えにも繫がりかねない。鑒眞といえばとかく航海の「成功」のみにスポットライトがあてられがちではあるが、その裏には多くの努力があり、時として死すらあったということをあらためて確認することができた。

  • 友だちが「おもしろかったで」と言って手渡してくれたので、借りて読んでみることに。
    歴史小説を読むのなんて、ほぼ初めてと言っていいと思う。
    今ぱっと記憶をたどっても、出てこない。
    正直にいうと、歴史小説は堅苦しそうで読もうと思わないしわざわざ買おうと思わなかった。
    大河ドラマは好きやけど。
    でも、この本は私の歴史小説読まず嫌いを払拭してくれる作品になったかもしれない。
    しれないと書いたのは、まだ新たな歴史小説に手を出していないから。
    思ったほど堅苦しくなく、読みやすく、いらん表現も少なく、本当にさっと読み終えた。
    そして、昔習った歴史のことをすっかり忘れてしまっていることにも気づかせてくれた作品でもある。

  • 鑑真招来の話と言ってしまえばそれだけなのだが。

    当時の遣唐使ははっきり言ってまず唐につくことが困難、帰ってくるのは至難。

    その中で、戒律をただすために鑑真を伴って帰ろうとする僧の話です。

    普照という僧を中心に書いているのですが、その筆致は淡々としていて、鑑真についても触れてはありますが、遣唐使として唐に向かった留学僧がどのような見聞をもったか、ということのほうがメインにも思えてきます。

    不思議な感動でした。
    面白かった。

  • 遣唐使の時代、エリートであった僧侶達のそれぞれの選択と苦悩。渡った者、戻れなかった者、戻ろうとしなかった者、 鑑真(がんじん)は、『鑒真』が正式表記なんですね。

  • 中学生くらいの時に近代文学の歴史を覚える中で、
    井上靖、天平の甍というキーワードを覚えていましたが、
    内容はどのような作品かは全く把握していませんでした。

    たまたま図書館で見かけたので、読んでみることに。

    本書は天平(奈良時代)の時代を舞台にした、歴史小説で、
    遣唐使として、中国(長安、揚州)に入った僧の
    考えや人間模様、遣唐使としての活動が描かれています。

    中国の律を日本に持ち帰りたい為、経典を写経し続ける僧、
    中国の広大な土地や世界観に魅せられ旅をし続けた僧、
    写経ではなく、中国の高僧(鑑真)を日本に招きたい為、
    日本への帰国を目指すが、何度も座礁し、戻れぬまま、亡くなった僧。

    など、奈良時代の渡航の難しさや、情報の伝搬方法の地道さというのを
    ひしひしと感じられました。

    最終的には本書のメインである普照が鑑真を日本に招くことに成功し、
    唐招提寺を建立するという歴史的にも有名な部分が描かれています。
    (阿倍仲麻呂や吉備真備など教科書に出てくる人物も出てきます)

    当時遣唐使として日本に情報を持ち帰ろうとしたが、
    心半ばにして亡くなった人もたくさんいたんだろうな。。。と思いました。

    58年前の作品で、少し漢字が多く読みづらいところもありますが、
    そこを乗り越えると遣唐使の人たちの葛藤を知ることができます。

    それが教科書にも取り上げられる所以なんだと思いました。

全116件中 1 - 25件を表示

天平の甍 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

天平の甍 (新潮文庫)に関連するまとめ

天平の甍 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天平の甍 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天平の甍 (新潮文庫)の作品紹介

天平の昔、荒れ狂う大海を越えて唐に留学した若い僧たちがあった。故国の便りもなく、無事な生還も期しがたい彼ら-在唐二十年、放浪の果て、高僧鑒真を伴って普照はただひとり故国の土を踏んだ…。鑒真来朝という日本古代史上の大きな事実をもとに、極限に挑み、木の葉のように翻弄される僧たちの運命を、永遠の相の下に鮮明なイメージとして定着させた画期的な歴史小説。

天平の甍 (新潮文庫)の単行本

天平の甍 (新潮文庫)の文庫

天平の甍 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする