蒼き狼 (新潮文庫)

  • 736人登録
  • 3.83評価
    • (79)
    • (88)
    • (107)
    • (6)
    • (3)
  • 79レビュー
著者 : 井上靖
  • 新潮社 (1954年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (373ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101063133

蒼き狼 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょうど学校で元の歴史をやったので。
    キプチャク汗国?バトゥ?フラグ??っていう状態だったけど、読んだら結構わかった!
    チンギスハンは父親が蒙古人じゃないかもしれないと思っていたから、蒼き狼として認められる(自分が認める)ように征服戦争を続けなければならなかったし、ジュチも然り。
    忽蘭かっこいいー。喋り方が男っぽすぎるけど。

  • 蒼き狼の血!

  • 新聞を読んでるみたい? いまいちだった。
    後半、西へどんどん攻めていくあたりが盛り上がりだった。

  • 歴史小説としては司馬遼太郎とは比較にならないほど、平板で稚拙。チンギスハンがあれだけ版図を拡げられた要因であるはずのモンゴル軍の戦術、戦略をきちんと書き込んでもらいたかった。

  • 読むのに1年くらいかかった(笑)
    チンギスハーンはすごいなぁ、という。
    歴史オンチの私でも面白く読めました。
    しかし歴史的な内容は全く覚えてない。
    勉強には役に立たなかったようです。。

  • チンギスカンの物語。一代にして南は、金、西夏、西はカスピ海に至る大帝国を築く。凄まじい征服欲、そして何より運が備わっていたからだろう。物語には無いが、チンギスカン没後もなお、版図が拡大していくのも興味深い。2016.8.27

  • ひとつの時代を作った1人の人物の一生を描いた伝記のようなもの。

    決して英雄物語ではない。

    この人物の征服欲の源はどこにあるのか、それを井上靖さんなり解説しているものだと思う。

  • (^.^)

  • 地図が付いていたので地理的な把握がしやすかった。
    広大な領土を征するに相応しく、戦いに次ぐ戦いの人生が読みやすく、それでいてドラマチックに展開されている。

  • 【状態】
    貸出中(予約0)

    【内容紹介】
    遊牧民の一部族の首長の子として生れた鉄木真(テムジン)=成吉思汗(チンギスカン)は、他民族と激しい闘争をくり返しながら、やがて全蒙古を統一し、ヨーロッパにまで及ぶ遠征を企てる。六十五歳で没するまで、ひたすら敵を求め、侵略と掠奪を続けた彼のあくなき征服欲はどこから来るのか?―アジアの生んだ一代の英雄が史上空前の大帝国を築き上げるまでの波瀾に満ちた生涯を描く雄編。

    【キーワード】
    文庫・中国・歴史・時代小説

全79件中 1 - 10件を表示

井上靖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

蒼き狼 (新潮文庫)に関連するまとめ

蒼き狼 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蒼き狼 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蒼き狼 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

蒼き狼 (新潮文庫)の作品紹介

遊牧民の一部族の首長の子として生れた鉄木真(テムジン)=成吉思汗(チンギスカン)は、他民族と激しい闘争をくり返しながら、やがて全蒙古を統一し、ヨーロッパにまで及ぶ遠征を企てる。六十五歳で没するまで、ひたすら敵を求め、侵略と掠奪を続けた彼のあくなき征服欲はどこから来るのか?-アジアの生んだ一代の英雄が史上空前の大帝国を築き上げるまでの波瀾に満ちた生涯を描く雄編。

蒼き狼 (新潮文庫)の単行本

蒼き狼 (新潮文庫)の文庫

蒼き狼 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする