夏草冬濤 (新潮文庫 い 7-18)

  • 27人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 井上靖
  • 新潮社 (1970年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (743ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101063188

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夏草冬濤 (新潮文庫 い 7-18)の感想・レビュー・書評

  • この作品は井上靖の長編小説。産経新聞に1964年9月27日~1965年9月13日まで 連載され、その後、新潮文庫などで出版された。
    内容[編集]
    井上靖の小説の中でのジャンルとしては、自伝的なものに属する。 井上靖沼津中学校3~4年の頃がモデルとなっており、 しろばんば(小学生時代)、の次、北の海(高校受験浪人)の前である。 しろばんばで登場する、三島の伯母、祖父文太、かみきの家の蘭子、れい子、 母七重(会話のみ)が、再び登場する。
    あすなろ物語との関係は、2節の「寒月がかかれば」と時期的に一致し、寺の娘 雪枝(実名:幸子、夏草冬濤では郁子)が登場するなど共通点がある。
    しろばんばでは、小学校卒業までが記されているが、井上靖は、一浪後、 名門浜松中学校に首席で入学する。その後、父の転勤に伴い、沼津中学校に 転校し、三島の伯母(父の姉)の家から通う事になる。夏草冬濤は、その三年 の夏からスタートするが、当初、秀才型だった洪作(井上)が、詩や文学を好む 一見不良ぽい上級生に魅かれて行き、徐々に成績が落ちて行く過程が描かれている。

    小説中に登場する妙覚寺(夏草冬濤では妙高寺)には石碑があり、井上靖の歌で、
    思うどち 遊び惚けぬ そのかみの 香貫 我入道 港町 夏は夏草 冬は冬濤
    がある。題名はそこから採ってきたものと思われる。 また、藤尾(実名: 藤井)の詩、

     カチリ
     石英の音
     秋

    も記されているが、井上は後に、この詩を見せられた時に 衝撃を受け、文学を志すきっかけとなった、と語っている。
    以下、小説中の人物と実名の対応関係を記す。
    藤尾: 実名 藤井
    木部: 実名 岐部
    金枝: 実名 金井
    郁子: 実名 幸子

  • 井上靖の自伝的小説で,小学生時代を描いた「しろばんば」の続編にあたる小説.中学生になって親元をはなれてくらすちょっと気弱な洪作だったが,だんだんと1学年上のちょっと不良っぽいが,人間的魅力あふれる藤尾,木部などとまじわるようになっていく.それに比例して成績は下がっていくが,あまり気にせず自由奔放に生きていく.伊豆の故郷に帰って「しろばんば」の舞台で昔をふりかえる部分は感動的だ.「しろばんば」を読んでいるとそれだけますます.あと女の子に対する少年ならではの恥じらいの気持ちは昔の少年時代を思い出してやまない.最後のシーンで藤尾,木部らと土肥に旅に出る場面は,少年らのよむ詩にあわせて,洪作は舟の中,青空の下眠っていくが,なんとも美しい情景だった.

全2件中 1 - 2件を表示

夏草冬濤 (新潮文庫 い 7-18)はこんな本です

ツイートする