額田女王 (新潮文庫)

  • 485人登録
  • 3.71評価
    • (43)
    • (53)
    • (81)
    • (5)
    • (2)
  • 64レビュー
著者 : 井上靖
  • 新潮社 (1972年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (522ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101063195

額田女王 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 額田女王は、万葉集の歌人であり巫女でもあり、そして中大兄皇子と大海人皇子に愛された女性です。
    有名な「茜さす~」がどんな背景でうたわれたのかが知りたいな、という気持ちで読み始めたのですが、額田を中心に置きながら、この頃の頻繁な遷都の意味や、戦までの流れが分かるように書かれており、期待以上に収穫の多い本でした。
    特に、額田の登場場面と、百済を再興するために唐との戦を覚悟しながら船が出航する場面は鳥肌ものでした!

  • 『言の葉の庭』きっかけで読んでみた。
    想像の額田女王とまた異なる、時代に魅入られた人のように感じた。

  • 難波遷都、半島出兵と白村江の会戦、その後の天智天皇の統治から壬申の乱への歴史の流れの中で、中大兄・大海人両皇子と額田女王との関係性や額田から十市皇女への想いや行動の移り変わりが非常に興味深かった。

    額田なりの「神に仕える女としての誇り」を守るために、心を与えないとして振る舞ったことで、他の両皇子の妃からは独立した、自由人としての彼女の形ができたのかなぁと思う反面、母親になりきれなかった面もあったのでは?という感じ。そういう意味では、最終盤までは女としての役割や振る舞いが多かったかなと思います。最終盤、天智天皇崩御から、壬申の乱に至り、ここで初めて女としてよりも母親としての役割が前面に出て、神に仕える女から人間の女になれたのかな。

    この時代をモチーフにした話を読むのは初めてでしたが、なかなか面白かったです。

  • 里中満知子の『天上の虹』もいいけれど、★井上康が描く「額田王」の方が、より人物像が好き!読んで大正解な作品だった!

  • 万葉の頃の和歌は何とも美しい。
    『源氏物語』とかでもそうですが、たとえ大きな声では言えない関係の恋であったとしても、和歌のやり取りだけみていたら綺麗だと感じてしまいます。
    でも現実は…笑
    なかなかのドロドロ具合というギャップがまた面白かったりして。

  • この小説は、井上靖氏の作品です。
    日本の古代史でもちょっと知られている、女性の一人である「額田女王」の人生を壮大な歴史小説になっています。

  • この時代の時代小説を読むのは初めて。
    井上靖の補った部分も結構多かったのではないかと思うけれど、当時の群衆はこんな感じだったのでは、額田の心はって、生々しい。
    遥か万葉の時代の、情景を詠んだ歌がとても綺麗。

  • 大化の改新、白村江、壬辰の乱という謎に満ちた古代史の最後を飾った、古代史に燦然と輝く歌人額田王と二人の天皇の物語。茜指す紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る、を歌い出すまでの前段の話作りは秀逸。
    井上靖の長編読む度に思うんだけど、長さ半分に出来るよね。何なら敦煌くらい短くてもいい。

  •  ある程度額田女王か和歌に興味を持っていないとかなり読み辛い作品だと思う。

     大化の改新で天皇による中央集権制を確立しようと中大兄皇子や中臣鎌足が活躍する時代。その中大兄皇子や弟の大海人皇子から寵愛を受けた宮廷歌人額田女王の生き様を新解釈を交えながら描いた作品。

     情報網が殆ど存在していなかった世の中とはいえ、思い込みで心の内を推測しようとする人間模様は読んでいて正直肌に合わなかったかな。また、以前読んだ『風林火山』でも感じたのだが、井上靖の中では強い信頼感で結ばれた者同士はテレパシーで会話できるのだろうか?
     この作品の肝となる部分は額田女王の「体は渡しても心までは渡さない」という覚悟。これは額田女王のある意地を守り通すために自身が考え出したもの。私はこの考え方にはあまり共感できなかったのだが、共感できる人にはこの物語はどの様に映るのだろうか。

  • 前半、額田女王がいい女すぎてほんとにくらくらする|д゚)でも神の声を聴く特殊な女として、プライドを持っており、ただの女になることを頑なに拒んだばっかりに、幸せを遠ざけてしまう。ま、妃として迎えられても同じかな。もちろん創作なんだけど、当時の宮廷の文化や雰囲気がいきいきと描かれていて、和歌を手掛かりに描かれる人々の心情は千年以上経っても色あせず、万葉集ちゃんと読んでみたくなった。紫野行き 標野行き…からの大海人皇子とのやりとりが好きだ。あと、こんな昔から途絶えることもなく続いてる日本の皇室はやっぱすごい。

全64件中 1 - 10件を表示

井上靖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

額田女王 (新潮文庫)に関連するまとめ

額田女王 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

額田女王 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

額田女王 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

額田女王 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする