火宅の人 (下) (新潮文庫)

  • 305人登録
  • 3.46評価
    • (21)
    • (28)
    • (58)
    • (11)
    • (2)
  • 32レビュー
著者 : 檀一雄
  • 新潮社 (1981年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (476ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101064048

火宅の人 (下) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 檀一雄の代表作『火宅の人』後半です。
     
    昭和の文豪である檀一雄の自叙伝ともいえる本作。
    平成の時代を生きる我々からは想像のつかない世界。
    こんな生活を現代でやっていたら、あっという間に
    世の中から干されてしまうでしょう。
     
    有名な作品なので、戦後間もない頃の生活風景に
    興味があれば読んでみてはいかがでしょうか?

  • 日本でしか成立しないような強烈な文章・文体ですが、印象に残ります。遺作だったのですね。

  • パリ、ローマ、バルセロナなどでの出会いと新鮮な熱気。恵子との終わりの予感。そしてまた逃げ出す。
    奔放で放浪癖と放蕩癖があってしょうもないのに、文章は素晴らしい。水上勉のあとがきにあるように、まさしく自分の人生と文芸を融合させた傑作。

  • 上巻で疲れてしまったのでだいぶ飛ばして読みました。掻い摘んで読んだ中に何人の女性の名前が出て来ただろう。しかも恵子にひどいことを…
    というわけで良さがあんまりわかりませんでした。

  • 下巻。
    読み終わったの、ちょい前なのにもう内容よく覚えていない。笑

    今、パラパラとめくってみたら、セノセイさんは萌えるな……とか、檀さんがツイストとは……とか、断片的な記憶。
    放埓ぶりは上巻と変わらず。

    ただ、最終章まで読んでみて、軽くショックを受けたので下巻は☆4に増量。
    「私小説」なので、あらかた真実だと思ってたら、檀先生にまんまと一杯食わされた。いい意味で。
    もちろん、「私小説は必ず真実を書かなければならない」というルールなんかないし、無頼派の世代以降?、フィクションを盛り込んでる。

    病床で最終章を書いていた、という真実を知っているので、この終わり方にすごく納得した。
    と同時に、ポールオースターの『ガラスの街』をこの後読んだので、なにか近いものを感じました。

  • 前半のほうが面白かったかな?
    愛はいつか冷めるもの。
    冷めてもまだ一緒にいたいと思える人と最後は一緒にいるのかな?と。
    それが筆者にとっては奥さんなんじゃないかと、読んでて思いました。

  • 皮肉を込めた私小説、との事だが、真実と作り話を織り交ぜながら、しかし破天荒に描かれる世界はまるでフィクションの様子。丸ごとフィクションの小説なれば、物語の構成は作者の都合通り抑揚をつけ、読み手を飽きさせない。しかし、私小説は日記のように、時系列で描かれ、エピソードも日常の域を越えない。だけれども、これだけ、強烈な人生というのは、やはり作者の個性だろう。

  •  上巻から一気に読み終えた。
     妻や子供がいながら、ある意味、自分勝手な自分中心な生き方を貫徹できていることに、他人の人生であるけれど羨ましさを感じた。人生いろいろであるが。

  • 上巻よりはさらっと読めました。奥さんと子供がいて、さらに他に女性がいて、初めはなんて人だと思ったけれど、読み進めるうちに、突き抜けていてすごいなと思った。
    男性的という表現もわかる気がした。最悪な状況になった時に書かれる文章が心に残った。

  • これでもかというくらい正直に、自分の内側のゴチャゴチャの小爆発を繰り返す主人公の生き方に、読み進めていけばいくほど感動しました。ずっと無常感も漂っていて、自分への嘲りとか諦めとかも何となくあって、それでもこういうふうにしか生きられないままやがて土に帰る人間の業みたいなものが、愚かなような愛しいような感じで、感動しました。

全32件中 1 - 10件を表示

檀一雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
沢木 耕太郎
遠藤 周作
東野 圭吾
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

火宅の人 (下) (新潮文庫)に関連する談話室の質問

火宅の人 (下) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

火宅の人 (下) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする