リツ子その愛・その死 (新潮文庫)

  • 36人登録
  • 3.65評価
    • (6)
    • (0)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 檀一雄
  • 新潮社 (1993年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (625ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101064055

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

リツ子その愛・その死 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 名作なのに今は売ってないのではないかな・・・病気の人間を抱える家族の葛藤が凄い、泣ける

  • 私のなかの、「勝手に檀一雄シリーズ」最終章。『火宅の人』より何より、一番、よかった。檀一雄その人のことを、一番身近に感じたような一冊だった。紡がれてく言葉、文章も一番率直で丁寧で、美しかった。最初の奥さんとの、生きるための壮絶な闘い、生活。子どもの天真爛漫さに(読者も)救われるひととき。リツ子さんの臨終のシーンやそのときの檀の心の葛藤の描写は激しく重く、顔をしかめずには読めなかった。ゴゴゴ、と何か強い力に胸のあたりを押される感じ。リツ子の死後も檀は素直に自分の溢れでくる感情に従う。正直であることの残酷さ。そんなふうにしてしか生きられない性(さが)を背負って生きていく著者の決意がみえたような気がした。

    時代、環境、いろいろあるけど、なんか、濃く生きるのっていいな。

  • チチー、ハハーという声が頭に浮かんでくる。 記憶が間違っていなければ、確か映画化されていて今井美紀がリツ子だったと思う。映画の中で病んでいく彼女がまた美しく切なかった。

  • 小説家・壇一雄と妻リツ子、息子太郎との生活を綴る。戦時中、妻と息子を日本において取材のためと称して内地へ行ったり、思うがままの生活を送る。肺結核にかかり寝たきりとなった妻の看護生活。

    はーなんともすごい話だった。わがままなのに献身的で哀切に満ちた話。太郎のかわいい振る舞い、言葉が救い。「なーん?ん、なーん」「大きくなってチチになって御飯タキタキする」

全4件中 1 - 4件を表示

リツ子その愛・その死 (新潮文庫)はこんな本です

リツ子その愛・その死 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする