べっぴんぢごく (新潮文庫)

  • 372人登録
  • 3.63評価
    • (29)
    • (57)
    • (65)
    • (11)
    • (1)
  • 50レビュー
著者 : 岩井志麻子
  • 新潮社 (2008年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101064246

べっぴんぢごく (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めて岩下志麻子作品を読んだ。バイトの女の子にもらった本。この世界観、なかなか吸い込まれる。実際、べっぴんが幸せとは限らない。そんな実例はたくさんみてきた。はたから見れば、ぽっちゃり家庭的な子が幸せそうにみえる。が、それは本当なのか?実は心の中をみなければわからない。そんなことを思いながらこの本を読み進めた。業を背負いながらも、かわいいと言われ続け、オトコを虜にするオンナになりたい。それが本音で、その憧れと、嫉妬から逃れられない業を持っているのかな。なんて思った。

  • 相変わらずおぞましいのに読んじゃう。

    この人のおかげで岡山弁がエッチく感じてしまう。
    (岡山の方ごめんなさい)
    もぅシマコさんたら。。。

  • シヲがあんまりにも怖かった・・・。
    いいわるいではない怖さだ。

  • 2013.8.24 更新

    数年ぶりに再読。
    改めて読んでも、いい。面白い。
    美しすぎることで人生を狂わせてしまう女達の血筋。
    「美しい」ことは「恐ろしい」と紙一重。

    -----------


    これ、女の業がほんと〜〜〜に怖い。幽霊なんかが出てくる話よりよっぽど怖い。ぞわぞわしながら読み進める感じ。描写もかなりエグくてエロい。この本はちょっと親には貸せなかった。そういう本。

  • 岡山版「百年の孤独」という惹句だが、どこそこ版だれそれ版「百年の孤独」という売り文句には若干食傷気味。
    もちろん内容は別だが。

    親子相姦きょうだい相姦はあれど、もと結合@@@相姦というのは初めて。
    因果を極める作者ならではだ。

    惜しいなーと思うのは、繰り返しが多いこと、説明的地の文が目立つこと、か。
    作者の持ち味は十分に出ていると思うし、設定も凄まじいので、足りないのは描写の丁寧さと密度。
    「赤朽葉家」級の作品になれただろうに。

    女の個性が徐々に薄まっていくのは「豊饒の海」と同じ、時代の浮薄さや因果そのものの「伝説性」の稀釈にもよるのだろう。
    しかし因果を絶やすか絶やさぬかの瀬戸際に@@@@を持ち出したあたり、やはり、やっぱり、凄い!

  • 岡山版百年の孤独、というほど壮大ではないんだけど、あっさり読める短さなのでこれはこれでありかなあ。美人と醜女が交互に生まれる家系というのも面白かった。

  • 土の匂いがする。すえた匂いがする。怖れを感じる。それ故か、魅かれる。

  • 美しい女と醜い女が交互に生まれる女系家族の物語。

    おどろおどろとして、それでいて生臭くない。岡山弁がなんとも怖い。

    美しくても醜くてもどちらも幸せでなく、女として生まれていることの哀しさがクローズアップされていて現代的でないといえば、そうですが。

    乞食。乞食隠れ。かつて日本にあったほの暗い異形さは全編に立ち込めていて雰囲気のある小説だった。

  • 美女と醜女が交互に産まれる女系の家系。
    因果が廻る。
    断ち切れる時は来るのか。

  • すぐ読める。

    各女性登場人物の性格の書き分けが良かったのに、最後の方は多少似たものになっていてそれが残念。
    時代と共に因習感は消え、普通の人間になると言う事だろうか。

    結局、シヲがしんでもその血脈は続くのか。

全50件中 1 - 10件を表示

岩井志麻子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

べっぴんぢごく (新潮文庫)に関連する談話室の質問

べっぴんぢごく (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

べっぴんぢごく (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

べっぴんぢごく (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする